院長紹介

|
|
|
|

■ I.原著論文
  1. Oteki T, Nagase S, Shimohata H, Hirayama A, Ueda A, Yokoyama H, Yoshimura T. Nitric oxide protection against adriamycin-induced tubulointerstitial injury. Free Radical Research, vol.42, 154-161, 2008.
  2. Obara M, Hirayama A, Gotoh M, Ueda A, Ishizu T, Taru Y, Shimozawa Y, Yamagata K, Nagase S, Koyama A. Elimination of lipid peroxide during hemodialysis. Nephron Clinical Practice, vol. 106, 162-168, 2007.
  3. Masuda K, Hori T, Tanabe K, Kano Y, Hirayama A, Nagase S. Proanthocyanidine promotes free radical-scavenging activity in muscle tissues and plasma. Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism, vol.32, 1097-1104, 2007.
  4. Ueda A, Hirayama A, Nagase S, Inoue M, Oteki T, Aoyama M, Yokoyama H. In vivo detection of intrinsic reactive oxygen species using acyl-protected hydroxylamine in puromycin nephrosis. Free Radical Research, vol.41, 823-828, 2007.
  5. Kobayashi HP, Watanabe T, Oowada S, Hirayama A, Nagase S, Kamibayashi M, Otsubo T. Effect of CV159-Ca(2+)/calmodulin blockade on redox status hepatic ischemia-reperfusion injury in mice evaluated by a newly developed in vivo EPR imaging technique. Journal of Surgical Research. published online 20 August, 2007.
  6. Hirayama A, Nagase S. Electron paramagnetic resonance imaging of oxidative stress in renal disease. Nephron Clinical Practice. Vol. 103, 71-76, 2006.
  7. Tanabe K, Masuda K, Hirayama A, Nagase S, Kono I, Kuno S. Effect of spontaneous exercise on antioxidant capacity in rat muscles determined by electron spin resonance. Acta Physiologica (Oxf). Vol.186, 119-125, 2006.
  8. Tanabe K, Masuda K, Ajisaka R, Matsuda M, Hirayama A, Nagase S, Kono I, Kuno S: Relationships between age, daily physical activity, antioxidant capacity and oxidative stress among middle-aged and elderly people. International Journal of Sport and Health Science, Vol. 4, 515-527, 2006
  9. Oteki T, Nagase S, Yokoyama H, Ohya H, Akatsuka T, Tada M, Ueda A, Hirayama A, Koyama A. Normalizing renal reducing ability prevents adriamycin-induced proteinuria. Biochemical and Biophysical Research Communications, vol. 11, 48-51. 2005.
  10. Nagase S, Hirayama A, Ueda A, Oteki T, Takada K, Inoue M, Shimozawa Y, Terao J, Koyama A. Light-shielded hemodialysis prevents hypotension and lipid peroxidation by inhibiting nitric oxide production. Clinical Chemistry, vol.51, 2397-2398, 2005.
  11. Oteki T, Nagase S, Yokoyama H, Ohya H, Akatsuka T, Tada M, Ueda A, Hirayama A, Koyama A. Evaluation of adriamycin nephropathy by an in vivo electron paramagnetic resonance. Biochemical and Biophysical Research Communications, vol.332, 326-331, 2005.
  12. Nagase S, Hirayama A, Ueda A, Hirayama K, Terao J, Koyama A. Does fluvastatin really have an antioxidant effect in humans? Kidney International, vol.68, 1373-1374, 2005.
  13. Hirayama A, Nagase S, Ueda A, Oteki T, Takada K, Obara M, Inoue M, Yoh K, Hirayama K, Koyama A. In vivo imaging of oxidative stress in ischemia-reperfusion renal injury using electron paramagnetic resonance. American Journal of Physiology, Renal Physiology, vol.288, F597-F603, 2005.
  14. Shimizu Y, Suzukawa K, Hirano Y, Seki M, Hirayama K, Yoh K, Hirayama A, Yamagata K, Nagase S, Nagasawa T, Koyama A. Erythropoietin-resistant anaemia in a predialsis patient with Klinefelter syndrome. Nephrology, vol. 10, 147-150, 2005.
  15. Kai H, Yamagata K, Usui J, Shimizu Y, Hirayama A, Yoh K, Mase K, Hirayama K, Nagase S, Nagata M, Kawai K, Akaza H, Koyama A. Crescentic glomerulonephritis associated with renal cell carcinoma after cancer immunotherapy. Journal of Nephrology, vol. 18, 436-441, 2005.
  16. 井上真理子, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 樗木隆聡, 小山哲夫. 血液透析中にメチルグアニジンは産生が亢進している. vitamembrane, 第5巻, 22-25, 2005.
  17. Wang Y, Nagase S, Koyama A. Stimulatory effect of IGF-I and VEGF on eNOS message, proteinexpression, eNOS phosphorylation and nitric oxide production in rat glomeruli and the involvement of PI3-K signaling pathway. Nitric Oxide: Biology and Chemistry, vol.10, 25-35, 2004.
  18. Oteki T, Nagase S, Hirayama A, Sugimoto H, Hirayama K, Hattori K, Koyama A. Nutcracker syndrome associated with severe anemia and mild proteinuria. Clinical Nephrology, vol.62(1), 62-65, 2004.
  19. Hirayama K, Kobayashi M, Hashimoto Y, Usui J., Shimizu Y, Hirayama A, Yoh K, Yamagata K, Nagase S, Nagata M, Koyama A. Treatment with the purine synthesis inhibitor mizoribine for ANCA- associated renal vasculitis. American Journal of Kidney Diseases, vol.44(1), 57-63, 2004.
  20. Yanaka K, Nagase S, Asakawa H., Matsumaru Y, Koyama A, Nose T. Management of unruptured cerebral aneurysms in patients with polycystic.kidney disease. Surgical Neurology, vol.62, 538-545, 2004.
  21. Yanaka K, Nagase S, Asakawa H, Matsumaru Y, Koyama A, Nose T. Management of unruptured cerebral aneurysms in patients with polycystic kidney disease. Surgical Neurology, vol.62, 538-545, 2004.
  22. 植田敦志, 小川良子, 増見智子, 藤原紳介, 湯原孝典, 小林正貴, 間瀬かおり, 中村日出子, 平山浩一, 永瀬宗重, 小山哲夫. レニンアンギオテンシン系阻害薬により膜性増殖性糸球体腎炎によるネフローゼが改善した1例. 茨城県農村医学会雑誌, 第17巻, 54-57, 2004.
  23. Hirayama A, Yoh K, Nagase S, Ueda A, Itoh K, Morito N, Hirayama K, Takahashi S, Yamamoto M, Koyama A. EPR imaging of reducing activity in Nrf2 transcriptional factor-deficient mice. Free Radical Biology and Medicine, vol.34, 1236-1242, 2003.
  24. Usui J, Kanemoto K, Tomari S, Shu Y, Yoh K, Mase K, Hirayama A, Hirayama K, Yamagata K, Nagase S, Kobayashi M, Nitta K, Horita S, Koyama A, Nagata M. Glomerular crescents predominantly express cadherin-catenin complex in oauci-immune-type crescentic glomerulonephritis. Histopathology, vol.43, 173-179, 2003.
  25. Masuda K, Tanabe K, Kuno S, Hirayama A, Nagase S. Antioxidant capacity in rat skeletal muscle tissues determined by electron spin resonance. Comparative Biochemistry Physiology B-Biochemistry & molecular Biology, vol.134, 215-220, 2003.
  26. Kato N, Yanaka K, Hyodo K, Honma K, Nagase S, Nose T. Stable nitroxide Tempol ameliorates brain injury by inhibiting lipid peroxidation in a rat model of transient focal cerebral ischemia Brain Research, vol.979, 188-193, 2003.
  27. Kato N, Yanaka K, Nagase S, Hirayama A, Nose T. The antioxidant EPC-K1 ameliorates brain injury by inhibiting lipid peroxidation in a rat model of transient focal cerebral ischemia. Acta Neurochir, vol.145, 489-493, 2003.
  28. Nagase S, Suzuki H, Wang Y, Kikuchi S, Hirayama A, Ueda A, Takada K, Oteki T, Obara M, Aoyagi K, Koyama A. Association of ecNOS gene polymorphisms with end stage renal diseases. Molecular and Cellular Biochemistry, vol.244, 113-118, 2003.
  29. Hirayama A, Nagase S, Ueda A, Ishizu T, Taru Y, Yoh K, Hirayama K, Kobayashi M, Koyama A. Oxidative stress during leukocyte absorption apheresis. Journal of Clinical Apheresis, vol.18(2), 61-66, 2003.
  30. Aoyagi K, Kuzure Y, Shahrzad S, Hirayama A, Nagase S, Ueda A Inhibition by heparin of protein kinase C activation and hydroxyl radical generation in puromycin aminonucleoside treated isolated rat hepatocytes. Molecular and Cellular Biochemistry, vol.244, 3-9, 2003.
  31. Ueda A, Nagase S, Yokoyama H, Tada M, Noda H, Ohya H, Kamada H, Hirayama A, Koyama A. Importance of renal mitochondria in the reduction of TEMPOL, a nitroxide radical. Molecular and Cellular Biochemistry, vol.244, 119-124, 2003.
  32. irayama A, Nagase S, Ueda A, Yoh K, Oteki T, Obara M, Takada K, Shimizawa Y, Aoyagi K, Koyama A. Electron paramagnetic resonance imaging of nitric oxide organ distribution in liopolysuccaride treated mice. Molecular and Cellular Biochemistry, vol.244, 63-67, 2003.
  33. 植田敦志, 湯原孝典, 増見智子, 飯田啓治, 永瀬宗重, 井上真理子, 平山暁, 小山哲夫. メチルグアニジンを指標とした透析患者の透析中の酸化ストレスの検討. 茨城県農村医学会雑誌, 第16巻, 10-13, 2003.
  34. 増田和実, 田辺解, 平山暁, 永瀬宗重, 久野譜也. 酸化ストレス耐性の向上を目的とした有酸素的身体トレーニングの有用性について −ESRを用いた活性酸素消去活性の評価−. 健康医科学, 第18巻, 80-88, 2003.
  35. Kamezaki T, Yanaka K, Nagase S, Fujita K, Kato N, Nose T. Increased levels of lipid peroxides predict symptomatic vasospasms and poor outcome after aneurismal subarachnoid hemorrhage. Journal of Neurosurgery, vol.9, 1302-1305, 2002.
  36. Ueda A, Nagase S, Yokoyama H, Tada M, Ohya H, Kamada H, Hirayama A, Koyama A. Identification by an EPR technique of decreased mitochondrial reducing activity in puromycin aminonucleoside-induced nephrosis. Free Radical Biology and Medicine, vol.33, 1082-1088, 2002.
  37. Hirayama A, Nagase S, Gotoh M, Ueda A, Ishizu T, Toh K, Aoyagi K, Terao J, Koyama A. Reduced serum hydroxyl radical scavenging activity in erythropoietin therapy resistant anemia. Free Radical Research, vol.36, 1155-1161, 2002.
  38. Ueda A, Yokoyama H, Nagase S, Hirayama A, Koyama A, Ohya H, Kamada H. In vivo temporal imaging for estimating the kinetics of a nitroxide radical in the renal parenchyma and pelvis in rats. Magnetic Resonance Imaging, vol.20, 77-82, 2002.
  39. 植田敦志, 湯原孝典, 飯田啓治, 八木浩冶, 永瀬宗重, 平山暁, 小山哲夫. 腎不全患者の頸動脈硬化病変の検討. 茨城県農村医学会雑誌, 第15巻, 18-20, 2002.
  40. 加藤徳之, 谷中清之, 兵頭行志, 本間一弘, 永瀬宗重, 平山暁, 松村明, 兵頭明夫, 能勢忠男. ラット脳虚血再潅流障害におけるTempolの脳保護効果. 脳循環代謝, 第14巻, 181-1189, 2002.
  41. 谷中清之, 加藤徳之, 兵頭行志, 永瀬宗重, 本間一弘, 能勢忠男. 脳虚血再潅流障害におけるフリーラジカルの関与と抗酸化療法. 成人病と生活習慣病, 第32巻, 1357-1359, 2002.
  42. Yanaka K, Kamezaki T, Fujita K, Kato N, Nagase S, Hirayama A, Asakawa H, Yamazaki T, Noase T. Prevention of delayed cerebral vasospasm after aneurismal subarachnoid hemorrhage. Drugs of Today, vol.37, 573-578, 2001.
  43. Aoyagi K, Shahrzad S, Iida S, Tomida C, Hirayama A, Nagase S, Takemura K, Koyama A, Ohba S, Narita M, Cohen BD. Role of nitric oxide in the synthesis of guanidinosuccinic acid, an activator of the N-methyl-D-aspartate receptor. Kidney International, vol.59, S93-S96, 2001.
  44. Ueda A, Nagase S, Morito N, Yotsumoto M, Ohba S, Hasegawa Y, Marita M, Koyama A. Anaphylactoid reaction induced by low-molecular-weight heparin in a hemodialysis patient. Nephron, vol.87, 93-94, 2001.
  45. Suzuki H, Nagase S, Kikuchi S, Wang Y, Koyama A. Association of a missence Glu298Asp mutation of the endothelial nitric oxide synthase gene with end stage renal disease. Clinical Chemistry, vol.46, 1858-1860, 2000.
  46. Hirayama A, Nagase S, Gotoh M, Takemura K, Tomida C, Ueda A, Aoyagi K, Terao J, Koyama A. Hemodialysis does not influence ther peroxidative state already present in uremia. Nephron, vol.86, 436-440, 2000.
  47. Yoh K, Kobayashi M, Yamaguchi N, Hirayama K, Ishizu T, Kikuchi S, Iwabuchi S, Muro K, Nagase S, Aoyagi K, Kondoh M, Takemura K, Yamagata K, Koyama A. Cytokine and T-cell response in superantigen-related glomerulonephritis following methicillin-resistant Staphylococcus aureus infection. Nephrology Dialysis and Transplantation, vol.15, 1170-1174, 2000.
  48. Tamaoka A, Miyatake F, Matsuno S, Ishii K, Nagase S, Sahara N, Ono S, Mori H, Wakabayashi K, Tsuji S, Takahashi H, Shoji S. Apolipoprotein E allele-dependent antioxidant activity in brains with Alzheimer’s disease. Neurology, vol.54, 2319-2321, 2000.
  49. Tomida C, Aoyagi K, Nagase S, Gotoh M, Yamagata K, Takemura K, Koyama A. Creatol, an oxidative product of creatinine in hemodialysis patients. Free Radical Research, vol.32, 85-92, 2000.
  50. 椎貝達夫, 小山哲夫, 大和田章, 永瀬宗重, 小林正貴, 菊池博, 成田光陽, 大傷正二, 松井則明, 篠原紳介, 小池 純, 中島 修, 佐久間資子, 山縣邦弘, 宮崎三弘, 東條静夫. 腎障害を有する高血圧症に対するリシノプリル(ロンゲス)長期投与時の臨床効果の検討. 腎と透析, 第46巻, 141-149, 2000.
  51. Kikuchi S, Muro K, Yoh K, Iwabuchi S, Tomida C, Yamaguchi N, Kobayashi M, Nagase S, Aoyagi K, Koyama A. Two cases of psoas abscess with discitis by methucillin-resistant staphylococcus aureus as a complication of femoral-vein catheterization for haemodialysis. Nephrology Dialysis and Transpantation. Vol.14, 1279-1281, 1999.
  52. Wang Y, Kikuchi S, Suzuki H, Nagase S, Koyama A. Endothelial nitric oxide synthase gene polymorphism in intron 4 affects the progression of renal failure in non-diabetic renal diseases. Nephrology Dialysis and Transplantation, vol.14, 2898-2902, 1999.
  53. Aoyagi K, Akiyama K, Shahrzad S, Tomida C, Hirayama A, Nagase S, Takemura K, Koyama A, Ohba S, Narita M. Formation of guanidinosuccinic acid, a stable nitric oxide mimic, from argininosuccinic acid and nitric oxide-derived free radicals. Free Radical Research, vol.31, 59-65, 1999.
  54. Ino M, Nagase S, Nagasawa T, Koyama A, Tachibana S. The outer membrane protein I of pseudomonas aeruginosa PAO1, a possible pollutant of dialysate in hemodialysis, induces cytokines in mouse bone marrow cells. Nephron, vol.82, 324-330, 1999.
  55. Aoyagi K, Akiyama K, Tomida C, Gotoh M, Hirayama A, Takemura K, Ueda A, Nagase S, Koyama A, Narita M. Imaging of hydroperoxides in a rat glomerulus stimulated by puromycin aminonucleoside. Kidney International, vol.55, s153-s155, 1999.
  56. Shimizu Y, Nagase K, Kadono K, Funayama Y, Tsurushima Y, Hibino T, Kikuchi H, Nagase S, Koyama A. The haemodialysis patient who developed acute respiratory distress syndrome after a trip to a hot spring spa. Nephrology Dialysis and Transplantation, vol.14, 455-457, 1999.
  57. Hirayama K, Kobayashi M, Kondoh M, Muro K, Iwabuchi S, Yoh K, Ishizu T, Kikuchi S, Yamaguchi N, Nagase S, Koyama A. Henoch-Schonlein purpura nephritis associated with methicillin-resistant Staphylococcus aureus infection. Nephrology Dialysis and Transplantation, vol.13, 2703-2704, 1998.
  58. Aoyagi K, Akiyama K, Kuzure Y, Takemura K, Nagase S, Ienaga K, Nakamura K, Koyama A, Narita M. Synthesis of creatol, a hydroxyl radical adduct creatinine and its increase by puromycin aminonucleoside in isolated rat hepatocytes. Free Radical Research, vol.29, 221-226, 1998.
  59. Aoyagi K, Nagase S, Koyama A, Narita M, Tojo S. Products of creatinine with hydroxyl radical as a useful marker of oxidative stress in vivo. Methods in Molecular Biology, vol.108, 157-164, 1998.
  60. Takemura K, Aoyagi K, Nagase S, Gotoh M, Hirayama A, Ueda A, Tomida C, Koyama A. Biosynthesis of methylguanidine in the hepatic peroxisomes and the effect of the induction of peroxisomal enzymes by clofibrate. Nephron, vol.78, 82-87, 1998.
  61. 平山暁, 菊池博, 日比野敏子, 小林正貴, 山口直人, 飯塚正, 永瀬宗重, 青柳一正, 下釜達郎, 小山哲夫, 東條静夫. 抗カルジオリピン抗体単独陽性を示した膜性増殖性糸球体腎炎1例. 日本腎臓学会誌, 第40巻, 54-59, 1998.
  62. 竹村克己, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山 暁, 青柳一正, 小山哲夫. 血液透析患者のNO産生増加には非NOS依存性NO産生系に対する血清の抑制効果が関与する. 腎不全, 第10巻, 85-88, 1998.
  63. 青柳一正, 秋山佳代, 富田知栄, 永瀬宗重, 後藤達宏, 小山哲夫, 竹村克己, 成田光陽. Glucocorticoidによるpuromycin aminonucleosideで増加したhydroxyl radicalの産生抑制. 腎不全, 第10巻, 81-84, 1998.
  64. 竹村克己, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 青柳一正, 小山哲夫. 血液透析患者のNO産生について. 腎不全, 第10巻, 57-61, 1998.
  65. 青柳一正, 富田知栄, 佐藤真貴子, Shahrazad S, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 後藤達宏, 小山哲夫, 崩優. 血液透析患者のhydroxyl radical 産生は通常heparin, 低分子heparinとnafamostat mesilateで異なるか creatinine hydroxyl radical adductでの検討. 腎臓, 第21巻, 186-188, 1998.
  66. Yoh K, Kobayashi M, Hirayama A, Hirayama K, Yamaguchi N, Nagase S, Koyama A. Case of superantigen-related glomerulonephritis after methicillin-resistant staphylococcus aureus (MRSA) infection. Clinical Nephrology, vol.48, 311-316, 1997.
  67. Yoh K, Iwabuchi S, Tomida C, Iitsuka T, Yamaguchi N, Kobayashi M, Nagase S, Aoyagi K, Shoji S, Koyama A. Apheresis therapy in Guillain-Barre syndrome and Fisher's syndrome. Japanese Journal of Apheresis, vol.16, 208-209, 1997.
  68. Nagase S, Ueda A, Hirayama A, Aoyagi K, Koyama A. NO is not exclusively generated by the reaction of L-Arginine and NOS, and is poorly identified by the Griess reaction or Clark-type electrodes. Nephron, vol.77, 489, 1997.
  69. Yoh K, Nagase S, Aoyagi K, Kuramoto K, Yoshida H, Kobayashi M, Itai Y, Koyama A. Treatment of an arteriovenous fistula by the placement of a Z-stent and embolization in a patient with nephrotic syndrome. Nephrology Dialysis Transplantation, vol.12, 2182-2184, 1997.
  70. Nagase S, Aoyagi K, Hirayama A, Gotoh M, Ueda A, Tomida C, Kamezaki T, Nagai Y, Kikuchi H, Koyama A. Favorable effect of hemodialysis on decreased serum antioxidant activity in hemodialysis patients demonstrated by electron spin resonance. Journal of the American Society of Nephrology, vol.8, 1157-1163, 1997.
  71. Nagase S, Ohkoshi N, Ueda A, Aoyagi K, Koyama A. Hydrogen peroxide interferes with the detection of nitric oxide by an electrochemical method. Clinical Chemistry, vol.43, 1246, 1997.
  72. Nagase S, Takemura K, Ueda A, Hirayama A, Aoyagi K, Kondoh M, Koyama A. A novel nonenzymatic pathway for the generation of nitric oxide by the reaction of hydrogen peroxide and D- or L-arginine. Biochemical and Biophysical Research Communications, vol.233, 150-153, 1997.
  73. Gotoh M, Nagase S, Aoyagi K, Hirayama A, Takemura K, Ueda A, Tomida C, Kikuchi H, koyama A. Thiobarbituric acid reactive substances are increased in the subcutaneous fat tissue of patients with end-stage renal disease. Nephrology Dialysis Transplantation, vol.12, 713-717, 1997.
  74. 青柳一正, 崩優, 永瀬宗重, 富田知栄, 佐藤真貴子, 平山 暁,小山哲夫. われわれの発見したヘパリンによる実質細胞の活性酸素産生の抑制作用 :Protein kinase Cの活性化との関連. 腎臓, 第19巻, 97-99, 1997.
  75. 青柳一正, 秋山佳代, 崩優, 永瀬宗重, 竹村克己, 小山哲夫. 新しい血管拡張性物質グアニジノコハク酸のパーオキシナイトライト発生剤とアルギニン前駆体からの産生. 腎不全, 第9巻, 29-31, 1997.
  76. Aoyagi K, Nagase S, Tomida C, Takemura K, Akiyama K, Koyama A. Synthesis of guanidinosuccinate from argininosuccinate and reactive oxygen in vitro. Enzyme and Protein, vol.49, 205-211, 1996.
  77. Aoyagi K, Nagase S, Gotoh M, Akiyama K, Satoh M, Hirayama A, Koyama A. Role of reactive oxygen and argininosuccinate in guanidinosuccinate synthesis in isolated rat hepatocytes. Enzyme and Protein, vol.49, 199-204, 1996.
  78. Nagase S, Aoyagi K, Hirayama A, Gotoh M, Ueda A, Tomida C, Kikuchi H, Takemura K, Koyama A. Decreased serum antioxidant activity of hemodialysis patients demonstrated by methylguanidine synthesis and microsomal lipid peroxidation. Nephron, vol.74, 555-560, 1996.
  79. Nagase S, Aoyagi K, Gotoh M, Hirayama A, Tomida C, Shimozawa Y, Koyama A. Increased lipid peroxidation by rat liver microsomes in experimental renal failure. Nephron, vol.74, 204-208, 1996.
  80. Irie F, Kobayashi M, Hirayama K, Nagase S, Iitsuka T, Yamaguchi N, Koyama A. Rheumatoid arthritis associated with membranous nephropathy and IgA nephropathy with necrotizing lesions. Nephrology Dialysis Transplantation, vol.11, 1338-1341, 1996.
  81. 青柳一正, 佐藤真貴子, 秋山佳代, 崩優, 永瀬宗重, 富田知栄, 平山暁, 小山哲夫. 我々の発見したヘパリンの活性酸素抑制作用 : 低分子ヘパリンは反対の作用を持つ. 腎臓, 第18巻, 67-59, 1996.
  82. 室かおり, 小林正貴, 永瀬宗重, 飯塚正, 山口直人, 青柳一正, 小山哲夫, 山縣邦弘. 難治性ネフローゼ症候群に対するシクロスポリンの臨床効果の検討. 腎と透析, 第40巻, 959-965, 1996.
  83. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 佐藤真貴子, 富田知栄, 平山 暁, 植田敦志, 竹村克己, 小山哲夫. Tryptophan及びIndoxylsulphateの単離肝細胞におけるクレアチニンの過酸化に対する作用 : Indoxylsulphate radical産生の可能性. 腎不全, 第8巻, 91-94, 1996.
  84. Gotoh M, Nagase S, Hirayama K, Ishizu T, Iitsuka T, Kobayashi M, Aoki Y, Aoyagi K, Koyama A, Irie Y, Kano S, Suzuki M. Plasmodium vivax malaria infection diagnosed by indirect fluorescent antibody test. Internal Medicine, vol. 34, 32-35, 1995.
  85. 岡村健二, 大滝純司, 厚美直孝, 川上康, 湯澤賢治, 永瀬宗重, 樫村博正, 岩川眞由美, 山下亀次郎. 卒後臨床研修における研修評価の蓄積とフィードバックの試みとその有用性に関する研究. 医学教育, 第26巻, 263-268, 1995.
  86. 大滝純司, 岡村健二, 厚美直孝, 永瀬宗重, 樫村博正, 岩川眞由美, 湯澤賢治, 川上康, 山下亀次郎. 内科医の外来診療能力に対する卒後初期臨床研修の効果に関する検討. 医学教育, vol.26, 247-253, 1995.
  87. 青柳一正, 佐藤真貴子, 崩優, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 後藤達宏, 小山哲夫. ヘパリンの活性酸素抑制効果について. 腎不全, 第7巻, 65-68, 1995.
  88. 石津隆, 山縣邦弘, 飯塚正, 山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. Morphine使用時に意識障害をきたした血液透析患者の2例 -morphine-6-glucuronide 蓄積との関連から-. 日本透析療法学会雑誌, 第28巻, 357-361, 1995.
  89. Takemura K, Nagase S, Aoyagi K, Gotoh M, Koyama A, Narita M. Biosynthesis of guanidine in isolated rat hepatocytes, perfused rat liver and intact animal. Nephron, vol.67, 334-339, 1994.
  90. 岡村健二, 大滝純司, 川上康, 厚美直孝, 永瀬宗重, 樫村博正, 越智五平, 折居和雄, 山下亀次郎. 卒後臨床研修の充実と課題. 治療, 第76巻, 194-195, 1994.
  91. 岡村健二, 渋井裕貴, 新沢岳, 大滝純司, 川上康, 厚美直孝, 永瀬宗重, 樫村博正, 越智五平, 折居和雄, 山下亀次郎, 小磯謙吉. ローテーション研修方式による総合医育成の背景と問題点. 医学教育, 第25巻 43-47, 1994.
  92. 青柳一正, 永瀬宗重, 富田知栄, 大塲正二, 成田光陽, 小山哲夫. グアニジノコハク酸に対する漢方製剤の効果. 腎不全, 第6巻, 113-115, 1994.
  93. 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 秋山佳代, 小山哲夫, 竹村克己, 大塲正二, 成田光陽. 活性酸素の単離肝細胞におけるguanidinosuccinic acid産生に対する効果. 腎不全, 第5巻, 113-115, 1993.
  94. Nagase S, Aoyagi K, Salkamoto M, Takemura K, Ishikawa T, Narita M. Biosynthesis of methylguanidine in the hepatic microsomal fraction. Nephron, vol.62, 182-186, 1992.
  95. 大滝純司, 岡村健二, 高田彰, 厚美直孝, 奥田諭吉, 永瀬宗重, 樫村博正, 越智五平, 折居和雄, 山下亀次郎. 卒後臨床研修(6年制)における研修評価の蓄積とフィードバックの試み. 医学教育, 第23巻, 97- 102, 1992.
  96. 大滝純司, 岡村健二, 厚美直孝, 奥田諭吉, 永瀬宗重, 樫村博正, 越智五平, 折居和雄, 山下亀次郎. 卒後臨床研修における外来研修の必要性に関する検討 -内科研修について. 医学教育, 第23巻, 23-28, 1992.
  97. 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 竹村克己, 大塲正二, 秋山佳代, 下澤由香里, 小山哲夫, 成田光陽. メチルグアニジン産生に対する種々のアンギオテンシン・変換酵素阻害剤の効果について. 腎不全, 第4巻, 123-126, 1992.
  98. 岡村健二, 大滝純司, 厚美直孝, 奥田諭吉, 永瀬宗重, 樫村博正, 越智五平, 折居和雄, 山下亀次郎. 卒後臨床研修における研修評価の意義に対する研究. 医学教育, 第22巻, 151-154, 1991.
  99. 青柳一正, 日比野敏子, 大塲正二, 後藤達宏, 竹村克己, 永瀬宗重, 成田光陽. 腎不全におけるenkephalinase. 腎不全, 第3巻, 57-59, 1991.
  100. Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Takemura K, Ishikawa T, Narita M. Regulation of active oxygen generation in isolated rat hepatocytes by adenosine. Heart and Vessels, vol.4, 33, 1990.
  101. 竹村克己, 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 石川敏子, 成田光陽. 高圧酸素療法における活性酸素マーカーmethylguanidineの動態. 日本腎臓学会誌, 第32巻, 1195-1201, 1990.
  102. 宮崎三弘, 武井佳子, 松本龍馬, 菅野千秋, 中川真也, 永瀬宗重. アンギオテンシン変換酵素阻害薬による可逆性急性腎不全. 日立医学会誌, 第54巻, 4-8, 1989.
  103. 坂本まさ子, 青柳一正, 永瀬宗重, 石川敏子, 竹村克己, 成田光陽. 好中球の活性酸素とmethylguanidine. 腎不全, 第1巻, 69-74, 1989.
  104. 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 竹村克己, 石川敏子, 成田光陽. メチルグアニジンの産生と活性酸素. 腎不全, 第1巻, 63-68, 1989.
  105. 青柳一正, 永瀬宗重. 単離肝細胞を用いた腎疾患治療薬のスクリーニング. 日本腎臓学会誌, 第31巻, 447-448, 1989.
  106. 坂本まさ子, 青柳一正, 永瀬宗重, 石川敏子, 竹村克己, 成田光陽. ヒト好中球由来の活性酸素種によるmethylguanidineの産生. 日本腎臓学会雑誌, 第31巻, 851-858, 1989.
  107. 大塲正二, 中村日出子, 小林正貴, 永瀬宗重, 渡辺孝太郎, 青柳一正, 紅露恒男, 小山哲夫, 成田光陽. 透析患者の慢性便秘に対するPS-Tの使用経験. 腎と透析, 第27巻, 791-797, 1989.
  108. 中村日出子, 渡辺孝太郎, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 紅露恒男, 成田光陽, 菊池博, 東條静夫, 石田裕, 大塲正二, 宮崎三弘. 本態性高血圧症, 二次性高血圧症に対するEnalapril Maleate (Renivace錠)の臨床効果の検討. 医学と薬学, 第21巻, 1227-1240, 1989.
  109. 石川敏子, 竹村克己, 石田久美子, 鈴木理志, 阿部良彦, 永瀬宗重, 渡辺孝太郎, 太田義章, 小山哲夫, 成田光陽. Mizoribine (Bredinin) の臨床効果 (1) -一次性腎疾患-. 腎と透析, 第26巻, 1109- 1113, 1989.
  110. 成田光陽, 中村日出子, 小林正貴, 永瀬宗重, 渡辺孝太郎, 青柳一正, 紅露恒男, 小山哲夫, 宮崎三弘, 石田裕. 慢性便秘症に対するPS-Tの臨床効果. 基礎と臨床, 第23巻, 2679- 2686, 1989.
  111. Nagase S, Aoyagi, K, Sakamoto M, Narita M, Tojo S. Evidence for the role of active oxygen in guanidine synthesis in haemodialysis patients and in vitro. Nephrology Dialysis Transplantation, vol.3, 790-794, 1988.
  112. Aoyagi K, Nagase S, Narita M, Tojo S. Role of active oxygen on methylguanidine synthesis in isolated rat hepatocytes. Kidney International, vol.32, s229-s233, 1987.
  113. Kobayashi M, Nagase S, Aoyagi K, Koyama A, Narita M, Tojo S. Improvement of renal failure in AA type amyloidosis by prolonged treatment with dimethylsulfoxide (DMSO). Japanese Journal of Nephrology, vol.29, 357-361, 1987.
  114. 坂本まさ子, 青柳一正, 永瀬宗重, 成田光陽, 東條静夫. Guanidine産生におよぼす活性酸素の影響について. 日本腎臓学会雑誌, 第29巻, 1355-1364, 1987.
  115. 渡辺孝太郎, 中村日出子, 永瀬宗重, 寺崎太郎, 青柳一正, 小山哲夫, 紅露恒男, 成田光陽, 東條静夫, 菊池博, 石田裕, 大塲正二, 宮崎三弘. 本態性高血圧症, 腎性高血圧症に対するCarvisken R錠の臨床効果. Therapeutic Research, vol.7, 1383-1391, 1987.
  116. 宮崎三弘, 渡辺孝太郎, 紅露恒男, 永瀬宗重, 小山哲夫, 成田光陽, 大塲正二, 東條静夫. Diltiazemによる腎性高血圧の治療 -腎機能との関連において-. 薬理と治療, 第15巻, 725-731, 1987.
  117. Nagase S, Aoyagi K, Narita M, Tojo S. Active oxygen in methylguanidine synthesis. Nephron, vol.44, 299-303, 1986.
  118. Nagase S, Terasaki T, Sano M, Inage H, Koyama A, Naraita M, Tojo S. Reversible renal failure in focal glomerular sclerosis. Japanese Journal of Nephrology, vol. 28, 1197-1203, 1986.
  119. Nagase S, Aoyagi K, Narita M, Tojo S. Biosynthesis of methylguanidine in isolated rat hepatocytes and in vivo. Nephron, vol.40, 470-475, 1985.
  120. 永瀬宗重, 青柳一正, 成田光陽, 東條静夫. 活性酸素によるmethylguanidine産生, 特にhydroxyl radicalの重要性について. 日本腎臓学会雑誌, 第27巻, 1149-1158, 1985.
  121. 永瀬宗重, 青柳一正, 成田光陽, 東條静夫. ラット臓器中のmethylguanidine産生促進および阻害物質について. 日本腎臓学会雑誌, 第27巻, 1141-1148, 1985.
  122. 永瀬宗重, 青柳一正, 成田光陽, 東條静夫. Methylguanidine産生に対するglutathione, alpha-tocopherol, ascorbic acidおよびpHの影響について. 日本腎臓学会雑誌, 第27巻, 1133-1140, 1985.
  123. 永瀬宗重, 青柳一正, 東條静夫. ラット単離肝細胞におけるmethylguanidineの生合成について. 日本腎臓学会雑誌, 第26巻, 1453-1459, 1984.
  124. 永瀬宗重, 青柳一正, 東條静夫. Methylguanidineの産生臓器について -Creatinine短期投与による検討-. 日本腎臓学会雑誌, 第26巻, 1099-1104, 1984.
  125. 宮崎三弘, 永瀬宗重, 小林正貴, 渡辺孝太郎, 成田光陽, 東條静夫. 腎不全における抗生物質の副作用 -CEZによる中枢神経障害, LMOXによるVitamin K欠乏性出血-. 腎と透析, 第16巻, 313-322, 1984.
  126. 大塲正二, 青柳一正, 宮崎三弘, 永瀬宗重, 飯田恵実, 渡辺孝太郎, 東條静夫. 高周波誘導結合プラズマ発光分析法を用いた透析用水および血清のTrace elementsの測定. 腎と透析, 第14巻, 441-444, 1983.
  127. 永瀬宗重, 小林正貴, 平井信二, 大塲正二, 東條静夫, 山口高史, 柏木平八郎. PSS-SLE-RAのoverlap症候群. 腎と透析, 第15巻, 285-291, 1983.
  128. 永瀬宗重, 小出義信, 久貝信夫, 山下伸樹, 藤田敏郎, 板倉光夫, 川井紘一, 井廻道夫, 三田村圭二, 山下亀次郎. 顕性黄疸と肝脾腫を呈したGraves病の1例. 日本内科学会雑誌, 第72巻, 79-85, 1983.
  129. 永瀬宗重, 尾崎行雄, 塩沢全司, 金澤一郎, 中西孝雄. 蝶形骨洞の骨破壊像を呈したTolosa-Hunt 症候群の1例. 神経内科, 第18巻, 57-60, 1983.
■ II.著書
  1. 永瀬宗重. 運動選手における腎の諸問題. スポーツ医学・プライマリケア. 西村書店, in press.
  2. 平山暁, 楊景堯, 永瀬宗重, 植田敦志, 樗木隆聡, 石崎和沙, 山田亜希子, 伊東健, 青柳一正,山本雅之, 高橋智, 小山哲夫.ストレプトゾトシン投与糖尿病モデルの早期腎障害におけるパーオキシナイトライトとヒドロキシラジカルの関与.腎とフリーラジカル 8. 東京医学社, 147-149, 2006.
  3. Hirayama A, Ueda A, Nagase S, Koyama A. Application of EPR imaging to the pathophysiological analysis of acute renal failure and antioxidative effects of erythropoietin. Free Radical Research International. Medimond S. r. l., 61-67, 2005.
  4. 竹村克己, 永瀬宗重. 腎機能検査. スポーツ医学 検査測定ハンドブック. 文光堂, 300-304, 2004.
  5. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 小原真美, 高田健治, 小林正貴, 石津隆, 多留賀功, 清水芳男, 楊景尭, 平山浩一, 青柳一正, 小山哲夫. 白血球吸着療法における抗酸化活性 ?血液透析における生体適合性の対極として-. 腎とフリーラジカル 7. 東京医学社, 164-167, 2004.
  6. 植田敦志, 永瀬宗重, 井上真理子, 平山暁, 樗木隆聡, 小山哲夫, 青柳一正. 電子スピン共鳴 (ESR)法を用いたピューロマイシン腎症の腎局所での還元能低下とミトコンドリア障害の証明. 腎とフリーラジカル 7. 東京医学社, 98-100, 2004.
  7. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 樗木隆聡, 高田健治, 小原真美, 井上真理子, 楊景尭, 平山浩一, 青柳一正, 小山哲夫. ESRイメージングによる腎抗酸化能変化のin vivo無侵襲定量解析法の確立とエリスロポエチンによる臓器保護効果測定への応用. 腎とフリーラジカル 7. 東京医学社, 94-97, 2004.
  8. 青柳一正, 平山暁, 永瀬宗重, 小山哲夫, 中島基雄, 大坂基男, 平川暁子. 非炎症細胞におけるヒドロキシラジカル産生機構の研究 -単離肝細胞におけるバルビツレートの役割-. 腎とフリーラジカル 7. 東京医学社, 35-37, 2004.
  9. 高田健治, 平山暁, 永瀬宗重, 急性腎不全. 看護のための最新医学講座31. 中山書店, 231-236, 2003.
  10. 植田敦志, 永瀬宗重, 横山秀克, 大矢博昭, 鎌田仁, 平山 暁, 小山哲夫. 腎臓におけるTEMPOLの還元機序の解明とピュロマイシン腎症のミトコンドリア障害の証明. 磁気共鳴と医学13, 日本医学社, 214-216, 2002.
  11. 平山暁, 永瀬宗重, 後藤達宏, 植田敦志, 青柳一正, 小山哲夫. 血清抗酸化能の低下を伴うrHuEPO抵抗性腎性貧血に関する検討 -赤血球膜透過酸化脂質の増加と血清ヒドオキシラジカル消去能の低下-. 腎とフリーラジカル6. 東京医学社, 224-228, 2002.
  12. 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 伊東健, 植田敦志, 森戸直記, 樗木隆聡, 小原真美, 高田健治, 高橋智, 山本雅之, 青柳一正, 小山哲夫. 抗酸化応答配列関連転写因子:Nrf2の遺伝子欠損マウスにおけるレドックス状態のin vivo ESRによる画像化. 腎とフリーラジカル6, 東京医学社, 98-101, 2002.
  13. 植田敦志, 永瀬宗重, 横山秀克, 多田美香, 小山哲夫, 大矢博昭, 鎌田仁. In vivo ESR法によるピューロマイシン腎症の腎局所還元能低下の証明. 磁気共鳴と医学12, 日本医学社, 164-166, 2001.
  14. 竹村克己, 永瀬宗重, 小山哲夫, 大傷正二,菊池博, 後藤達宏, 石津隆. 血液透析患者におけるえエリスロポイエチン必要量と血清のLDL生成抑制作用の関連性について. 腎とエリスロポイエチン研究会, ライフサイエンス出版, 20-27, 2001.
  15. 植田敦志, 横山秀克, 永瀬宗重, 平山暁, 小山哲夫, 多田美香. 組織・細胞レベルでのTEMPOLの還元機序の検討および腎症モデルでの検討. 生物ラジカル研究所12年度研究発表会要旨集, 財団法人山形県企業振興公社生物ラジカル研究所, 431-445, 2001.
  16. 植田敦志, 永瀬宗重, 平山暁, 高田健治, 小原真美, 青柳一正, 小山哲夫, 四本三佳, 大傷正二, 成田光陽, 長谷川雄一, 長澤俊郎. 慢性貧血に及ぼす過酸化の影響 赤血球寿命と鉄の利用の検討[中間成績]. 慢性貧血研究会(平成12年度報告集) 119-123, 2001.
  17. 永瀬宗重, 腎機能検査. 臨床医学のminimum essential. 臨床医学のminimum essential. 金原出版, 663-664, 2000.
  18. 竹島仁, 永瀬宗重, 血尿. 臨床医学のminimum essential. 臨床医学のminimum essential. 金原出版, 111-114, 2000.
  19. 青柳一正, 秋山佳代, 山口直人, 富田知栄, Siranoush Shahrzat, 植田敦志, 平山暁, 永瀬宗重, 竹村克己, 小山哲夫. STZラットにおけるハイドロキシルラジカル産生増加とその経時的変化 ?クレアトールとメチルグアニジンの尿中排泄量による検討?. 腎とフリーラジカル 5. 東京医学社, 92-93, 2000.
  20. 青柳一正, 崩優, Siranoush Shahrzat, 富田知栄, 佐藤真貴子, 永瀬宗重, 平山暁, 小山哲夫, 竹村克己, 成田光陽. Puromycin aminonucleosideによるprotein kinase Cの活性化とヘパリンによるその阻害. 腎とフリーラジカル 5. 東京医学社, 55-57, 2000.
  21. 竹村克己, 永瀬宗重, 青柳一正. クレアチニンの代謝. 腎不全のすべて. 東京医学社, 211-213, 2000.
  22. 永瀬宗重, 青柳一正. 尿毒症の病態 :尿毒症毒素概論. 腎不全のすべて. 東京医学社, 206-207, 2000.
  23. 永瀬宗重. 尿中NAG. 検査値のみかた. 中外医学社, 1016-1017, 2000.
  24. 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 錦健太, 鈴木裕道, 青柳一正, 小山哲夫. 血液透析患者血清の抗酸化能の電子スピン共鳴を用いた評価の試み. 磁気共鳴と医学 11. 日本医学館, 175- 178 , 2000.
  25. 植田敦志, 永瀬宗重, 錦健太, 平山暁, 後藤達宏, 竹村克己, 青柳一正, 小山哲夫, 森戸直記, 四本三佳, 檜山文彦, 大傷正二, 成田光陽, 長谷川雄一, 長澤俊郎. エリスロポエチン必要量の多い血液透析患者は, 血清トランスフェリチンの減少とフェリチンの増加がみられる. 第8回腎とエリスロポイエチン研究会. ライフサイエンス出版, 119-124, 2000.
  26. 竹村克己, 永瀬宗重, 小山哲夫, 大傷正二, 菊池博, 後藤達宏. 慢性腎不全における血清のLDL生成抑制効果とエリスロポエチン必要量について. 腎性貧血研究会(平成11年度研究報告集), 115-121, 2000.
  27. Nagase S, Takemura K, Ueda A, Hirayama A, Nishiki K, Aoyagi K, Koyama A. Non-enzymatic generation of nitric oxide and an unreliability of its measurement by Griess reaction or electrochemical method. Guanidino Compounds in Biology and Medicine. Blackwell Science, 265-273, 1999.
  28. Aoyagi K, Akiyama K, Tomida C, Hirayama A, Nagase S, Takemura K, Koyama A. Nitric oxide derived free radicals form guanidinosuccinic acid, a stable nitric oxide mimic, from argininosuccinic acid. Guanidino Compounds in Biology and Medicine. Blackwell Science, 159-164, 1999.
  29. Takemura K, Nagase S, Ueda A, Hirayama A, Gotoh M, Nishiki K, Aoyagi K, Iitsuka T, Koyama A. Involvement of non-enzymatic NO generation pathway in hemodialysis patients. Guanidino Compounds in Biology and Medicine. Blackwell Science, 275-282, 1999.
  30. Hirayama A, Hothersall JS, Noronha-Dutra AA, Gordge MP, Neild GH, Nagase S, Aoyagi K, Koyama A. Mechanism of inhibition by guanidino compounds on neutrophil superoxide production. Guanidino Compounds in Biology and Medicine. Blackwell Science, 215-222, 1999.
  31. Tomida C, Aoyagi K, Nagase S, Gotoh M, Sato M, Hirayama A, Ueda A, Ienaga K, Nakamura K, Koyama A. Evaluation of serum creatol in hemodialysis patients. Guanidino Compounds in Biology and Medicine. Blackwell Science, 253-257, 1999.
  32. 永瀬宗重, 後藤達宏, 平山暁, 植田敦志, 錦健太, 竹村克己, 青柳一正, 寺尾純二, 小山哲夫. エリスロポイエチンの必要量の多い血液透析患者では赤血球膜過酸化脂質が増加している. 腎とエリスロポイエチン研究会. ライフサイエンス出版, 66-71, 1999.
  33. 永瀬宗重, 植田敦志, 青柳一正, 平山暁, 小山哲夫, 竹村克己. D, L-arginineからの非NOS依存性NO産生とNO検出におけるGriess法と電極法の信頼性の限界. 腎とフリーラジカル 4. 東京医学社, 28-32, 1998.
  34. 青柳一正, 秋山佳代, 富田知栄, 永瀬宗重, 後藤達宏, 竹村克己, 植田敦志, 小山哲夫, 崩優, 成田光陽. Puromycin aminonucleosideによるラット腎の迅速なProteinkinase Cの活性化と活性酸素 : 45分で傷害は決定する. 腎とフリーラジカル 4. 東京医学社, 176-178, 1998.
  35. 竹村克己, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 青柳一正, 小山哲夫. 血液透析患者のNO産生増加には非NOS依存性NO産生系に対する血清の抑制効果が関与する. 腎とフリーラジカル 4. 東京医学社, 58-61, 1998.
  36. 青柳一正, 秋山佳代, 富田知栄, 永瀬宗重, 植田敦志, 後藤達宏, 小山哲夫, 崩優, 竹村克己. 新しい血管拡張性物質グアニジノコハク酸のパーオキシナイトライト発生剤とアルギニン前駆体からの産生. 腎とフリーラジカル 4. 東京医学社, 51-53, 1998.
  37. 永瀬宗重, 小山哲夫. 血清・尿β2-ミクログロブリン. 検査の診断効率とピットフォール. 中外医学社, 36-38, 1998.
  38. Nagase S, Aoyagi K, Gotoh M, Takemura K, Hirayama A, Nagai Y, Tomida C, Satoh M, Hibino T, Kikuchi H, Koyama A.Serum effects on methylguanidine synthesis by the hydroxyl radicals, and decreased serum antioxidant activity in hemodialysis patients. Guanidino Compounds in Biology and Medicine 2. John Libbey & Company Ltd., 317-324, 1997.
  39. Aoyagi K, Takemura K, Nagase S, Akiyama K, Tomida C, Gotoh M, Koyama A, Narita M. Inhibition of methylguanidine synthesis in isolated rat hepatocytes by protein kinase C inhibitor and calmodulin antagonist. Guanidino Compounds in Biology and Medicine 2. John Libbey & Company Ltd., 311-316, 1997.
  40. Takemura K, Aoyagi K, Nagase S, Gotoh M, Tomida C, Hirayama A, Sotoh M, Koyama A. Biosynthesis of methylguanidine in the hepatic peroxisomes. Guanidino Compounds in Biology and Medicine 2. John Libbey & Company Ltd., 303-310, 1997.
  41. Aoyagi K, Nagase S, Takemura K, Ohba S, Akiyama K, Tomida C, Koyama A. Role for reactive oxygen and argininosuccinate in guanidinosuccinic acid synthesis. Guanidino Compounds in Biology and Medicine 2. John Libbey & Company Ltd., 243-250, 1997.
  42. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 平山暁, 植田敦志, 富田知栄, 佐藤真貴子, 小山哲夫. 血液透析患者血清の抗酸化能の低下について -マイクロソームの過酸化脂質産生の観点から-. 腎とフリーラジカル 3. 東京医学社, 168-170, 1997.
  43. 青柳一正, 富田知栄, 一柳真貴子, 秋山佳代, 後藤達宏, 竹村克己, 永瀬宗重, 小山哲夫, 崩優. mycin aminonucleosideで増加するMG産生のProtein Kinase Cの阻害剤による抑制. 腎とフリーラジカル 3. 東京医学社, 90-92, 1997.
  44. 青柳一正, 佐藤真貴子, 富田知栄, 後藤達宏, 平山暁, 植田敦志, 永瀬宗重, 小山哲夫, 崩優, 家永和治. Puromycin aminonucleoside (PAN) の組織細胞の活性酸素産生増加機構について. 腎とフリーラジカル 3. 東京医学社, 67-69, 1997.
  45. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 一柳真貴子, 後藤達宏, 小山哲夫. ヘパリンの活性酸素産生抑制作用について -MG産生抑制およびin vitroでの糸球体の活性酸素の画像化による検討-.   腎とフリーラジカル 3. 東京医学社, 64-66, 1997.
  46. 富田知栄, 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 平山暁, 佐藤真貴子, 植田敦志, 小山哲夫. クレアチニンとハイドロキシルラジカルの反応により産生されるクレアトール, メチルグアニジンの透析前後の動態について. 腎とフリーラジカル 3. 東京医学社, 171-174, 1997.
  47. 永瀬宗重, 小山哲夫. 各種病態にみられる腎障害 母斑症. 日本臨床 別冊 領域別症候群シリーズ No17 腎臓症候群. 日本臨床社, 585-588, 1997.
  48. 永瀬宗重, 小山哲夫. パラアミノ馬尿酸クリアランス. 日本臨床 第53巻 別冊 広範囲血液・尿化学検査・免疫学的検査, 1082-1084, 1995.
  49. 永瀬宗重, 小山哲夫. チオ硫酸ナトリウムクリアランス. 日本臨床 第53巻 別冊 広範囲血液・尿化学検査・免疫学的検査, 1078-1081, 1995.
  50. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 富田知栄, 平山暁, 堀内千春, 小山哲夫, 菊池博, 日比野敏子, 東條静夫, 永井康志. Electron spin resonanceを用いた血液透析患者血清の活性酸素消去能の低下と血液透析によるその改善の証明. 腎とフリーラジカル 2. 東京医学社, 258-260, 1994.
  51. 後藤達宏, 青柳一正, 永瀬宗重, 日比野敏子, 富田知栄, 堀内千春, 竹村克己, 小山哲夫. 皮下脂肪組織中の過酸化脂質含量からみた終末期腎不全患者における過酸化傾向について. 腎とフリーラジカル 2. 東京医学社, 249-251, 1994.
  52. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 富田知栄, 平山暁, 下澤由香里, 小山哲夫. マイクロゾームの過酸化傾向に関する研究. 腎とフリーラジカル 2. 東京医学社, 185-187, 1994.
  53. 青柳一正, 永瀬宗重, 大塲正二, 秋山佳代, 富田知栄, 後藤達宏, 竹村克己, 日比野敏子, 小山哲夫, 成田光陽. Uremic toxinであるグアニジノコハク酸(GSA)は肝臓の活性酸素のマーカーとなるか.. 腎とフリーラジカル 2. 東京医学社, 153-155, 1994.
  54. 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 竹村克己, 小山哲夫, 大塲正二, 成田光陽. Puromycin aminonucleosideで増加する活性酸素のグルココルチコイドによる抑制. 腎とフリーラジカル 2.  東京医学社, 107-108, 1994.
  55. 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 小山哲夫, 大塲正二, 成田光陽, 竹村克己. 腎炎モデルに有効な生薬処方TJ8014の活性酸素の抑制作用とその有効構成成分の検討. 腎とフリーラジカル 2. 東京医学社, 104-106, 1994.
  56. 青柳一正, 永瀬宗重, 竹村克己, 後藤達宏, 日比野敏子, 坂本まさ子, 小山哲夫, 宮崎三弘, 大塲正二, 成田光陽. ピューロマイシンアミノヌクレオシド投与ラットの糸球体の活性酸素の産生部位 : 画像化による解析. 腎とフリーラジカル 2. 東京医学社, 78-79, 1994.
  57. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 後藤達宏, 竹村克己, 小山哲夫, 成田光陽. 単離糸球体のピューロマイシンアミノヌクレオシド(PA)による活性酸素の産生 : 活性酸素の画像化による研究 (in vitro). 腎とフリーラジカル 2. 東京医学社, 76-77, 1994.
  58. Aoyagi K, Nagase S, Takemura K, Ohba S, Narita M. Dipyridamole decreased urinary excretion of methylguanidine increased by puromycin aminonucleoside in vivo. Guanidino Compounds in Biology and Medicine. John Libbey & Company Ltd., 309-313, 1992.
  59. Takemura K, Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Ishikawa T, Narita M. Effect of hyperbaric oxygen therapy on urinary methylguanidine excretion in normal human and patients with renal failure. Guanidino Compounds in Biology and Medicine. John Libbey & Company Ltd., 301-307, 1992.
  60. 永瀬宗重, 青柳一正. メチルグアニジン. 腎臓学Key Notes. 東京医学社, 111, 1992.
  61. 青柳一正, 永瀬宗重. 腎とフリーラジカル. 腎臓学Key Notes. 東京医学社, 103-106, 1992.
  62. 永瀬宗重, 青柳一正. 腎のチトクロームP-450. 腎臓学Key Notes. 東京医学社, 102, 1992.
  63. 永瀬宗重, 青柳一正, 坂本まさ子, 竹村克己, 石川敏子, 成田光陽. ラット肝マイクロゾームにおけるメチルグアニジンの産生. 腎とフリーラジカル. 東京医学社, 145-148, 1991.
  64. 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 石川敏子, 竹村克己, 成田光陽. Puromycin aminonucleosideで増加する活性酸素はarachidonic acid代謝で産生される. 腎とフリーラジカル. 東京医学社, 119-122, 1991.
  65. 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 石川敏子, 竹村克己, 成田光陽. Puromycin aminonucleosideによる体細胞の活性酸素発生とその変動因子. 腎とフリーラジカル. 東京医学社, 106-108, 1991.
  66. 竹村克己, 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 石川敏子, 成田光陽. 高圧酸素療法における活性酸素マーカーmethylguanidineの動態. 腎とフリーラジカル. 東京医学社, 99-101, 1991.
  67. Nagase S, Aoyagi K, Sakamoto M, Miyazaki M, Ohba S, Narita M, Tojo S. Is guanidine a marker of peroxidation in uremics ? Guanidines 2. Plenum publishing corporation, 267-275, 1989.
  68. Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Narita M, Tojo S. Adenosine, adenosine analogues and their potentiators inhibit methylguanidine synthesis, a possible marker of active oxygen in isolated rat hepatocytes. Guanidines 2. Plenum publishing corporation, 123-128, 1989.
  69. Sakamoto M, Aoyagi K, Nagase S, Ohba S, Miyazaki M, Narita M, Tojo S. Effect of active oxygen on guanidine synthesis in vitro. Guanidines 2. Plenum publishing corporation, 87-95, 1989.
  70. Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Narita M, Tojo S. Active oxygen in methylguanidine synthesis by isolated rat hepatocytes. Guanidines 2. Plenum publishing corporation, 79-85, 1989.
  71. Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Narita M, Tojo S. Puromycin aminonucleoside stimulates the synthesis of methylguanidine : A possible marker of active oxygen generation in isolated rat hepatocytes. Guanidines 2. Plenum publishing corporation, 71-77, 1989.
  72. Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Takemura K, Ishikawa T, Narita M. Regulation of biosynthesis of methylguanidine, a marker of active oxygen generation in isolated hepatocytes. Medical, Biochemical and Chemical Aspects of Free Radicals. Elsevier science publishing Co. Inc., 137-141, 1989.
  73. 永瀬宗重, 成田光陽. パラアミノ馬尿酸クリアランス. 日本臨床 別冊 広範囲血液・尿化学検査・免疫学的検査, 第47 巻, 728-730, 1989.
  74. 永瀬宗重, 成田光陽. チオ硫酸ナトリウムクリアランス. 日本臨床 別冊 広範囲血液・尿化学検査・免疫学的検査, 第47 巻, 725-727, 1989.
  75. 永瀬宗重, 青柳一正, 成田光陽, 東條静夫. メチルグアニジン産生に及ぼす活性酸素の影響. 活性酸素 -その医学への応用-. 共立出版, 136-149, 1989.
  76. 永瀬宗重, 東條静夫. PSP排泄試験. 綜合臨床 第34巻 別冊 正常値・異常値, 2020-2022, 1989.
  77. 永瀬宗重, 青柳一正, 成田光陽, 東條静夫. メチルグアニジン産生に及ぼす活性酸素の影響. 活性酸素 -その臨床医学への応用-. 共立出版, 136-149, 1987.
  78. Miyazaki M, Aoyagi K, Ohba S, Nagase S, Narita M, Tojo S. The effect of lactulose on the metabolism of guanidino compounds in chronic renal failure. Guanidines. Plenum publishing corporation, 343-352, 1985.
  79. Aoyagi K, Ohba S, Miyazaki M, Nagase S, Iida S, Narita M, Tojo S. Biosynthesis of guanidinosuccinic acid in isolated rat hepatocytes, Evaluation of guanidine cycle and acidosis. Guanidines. Plenum publishing corporation, 93-103, 1985.
  80. Aoyagi K, Ohba S, Miyazaki M, Nagase S, Iida S, Narita M, Tojo S. Biosynthesis of guanidinoacetic acid in isolated rat hepatocytes. Guanidines. Plenum publishing corporation, 83-92, 1985.
■ III.総説その他
  1. 小山哲夫, 槇野博史, ニ瓶宏, 有村義宏, 木田寛, 山縣邦弘, 平山浩一, 高橋秀人, 清水芳男, 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 間瀬かおり, 山口直人, 小林正貴. 急速進行性糸球体腎炎「RPGNの診療指針の検証:RPGN全国アンケート調査からの検討」 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業. 進行性腎障害に関する調査研究, 平成16年度総括・分担研究報告書, 33-51, 2005
  2. 小山哲夫, 槇野博史, ニ瓶宏, 有村義宏, 木田寛, 山縣邦弘, 平山浩一, 高橋秀人, 清水芳男, 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 間瀬かおり, 山口直人, 小林正貴. 「平成元年以降のわが国のRPGN1082症例の病型, 治療成績について」 -急性進行性腎炎症候群の診療指針の改訂作業に向けて-. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業. 進行性腎障害に関する調査研究, 平成15年度総括・分担研究報告書, 35-51, 2004
  3. 竹村克己, 永瀬宗重. 腎機能検査. スポーツ医学 検査測定ハンドブック, 文光堂, 300-304, 2004
  4. 永瀬宗重. 第17回国際腎臓学会議リポート T-webs, vol.7, 15, 2003
  5. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 石津隆, 多留賀功, 小原真美, 小林正貴, 楊景尭, 平山浩一, 小山哲夫. 白血球吸着療法施行中の抗酸化動態. 日本内科学会誌92(Suppl.), 239, 2003
  6. 山縣邦弘, 平山浩一, 間瀬かおり, 清水芳男, 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 山口直人, 小林正貴, 小山哲夫. 高齢発症進行性腎炎の病型と予後. 日本内科学会雑誌92(Suppl.), 136, 2003
  7. 永瀬宗重, 青柳一正. U.保存期腎不全(病態整理) 尿毒症の病態:尿毒症毒素概論. 腎と透析49(増刊号), 151-152, 2000
  8. 竹村克己, 永瀬宗重, 青柳一正. U.保存期腎不全(病態整理) クレアチニンの代謝. 腎と透析49(増刊号), 156-158, 2000
  9. 永瀬宗重, 後藤達宏, 平山暁, 植田敦志, 錦健太, 竹村克己, 青柳一正, 寺尾純二, 小山哲夫. エリスロポイエチンの必要量の多い血液透析患者では赤血球膜過酸化脂質が増加している. 腎とエリスロポイエチン研究会Proceedings. ライフサイエンス出版, 66-71, 1999
  10. 平山暁, 永瀬宗重, 小山哲夫. 保存期腎不全治療の進歩, 薬物療法の進歩. Medical Practice, vol.16, 115-119, 1999
  11. 小山哲夫, 菊池修一, 山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重. 内科 この1年の進歩 腎疾患. 内科, 第80巻, 1077-1086, 1997.
  12. 青柳一正, 永瀬宗重, 崩優, 富田知栄, 佐藤真貴子, 平山暁, 後藤達宏, 竹村克己, 秋山佳代, 小山哲夫. 腎とフリーラジカル - グアニジン化合物とNO. TCSC News Letters, vol.29, 30-33, 1996
  13. 永瀬宗重. 青柳一正. NO : 最近の進歩. 腎不全, 第8巻 , 79-80, 1996
  14. 永瀬宗重. 骨粗しょう症, 水海道市報 3月号, 15, 1996
  15. 永瀬宗重. 肥満と予防, 水海道市報 2月号, 15, 1996
  16. 永瀬宗重. 心臓の働き, 水海道市報, 12月号, 15, 1995
  17. 永瀬宗重. 胃は心の鏡, 水海道市報, 11月号, 15, 1995
  18. 永瀬宗重. 歯の健康 水海道市報, 10月号, 15, 1995
  19. 永瀬宗重. 沈黙の臓器「肝臓」の働きと保護, 水海道市報 8月号, 15, 1995
  20. 永瀬宗重. 五十肩はストレッチで解消 水海道市報 7月号, 15, 1995
  21. 永瀬宗重. 過食・大酒が痛風に 水海道市報 6月号, 15, 1995
  22. 永瀬宗重. 心と健康(2) 水海道市報 5月号, 15, 1995
  23. 永瀬宗重. 心と健康(1) 水海道市報 4月号, 15, 1995  
  24. 永瀬宗重. 小山哲夫. 腎不全時における薬物動態. 臨床医, 第21巻, 205-207, 1995
  25. 青柳一正, 永瀬宗重. ピューロマイシンアミノヌクレオシドによる活性酸素産生機構とその解析. 厚生省科学研究 腎不全医療研究事業, 平成6年度研究報告書, 285-288, 1995
  26. 青柳一正, 永瀬宗重, 富田知栄, 佐藤真貴子, 崩優, 後藤達宏, 平山暁, 小山哲夫. グアニジノ化合物と高血圧. 腎と透析, 第39巻, 191-193, 1995
  27. 青柳一正, 永瀬宗重. ピューロマイシンの糸球体の活性酸素産生に対する経時変化の画像化による観察と生体の新しい活性酸素マーカーの発見. 厚生省科学研究 腎不全医療研究事業, 平成5年度研究報告書271-274, 1994
  28. 青柳一正, 竹村克己, 永瀬宗重, 坂本まさ子. 尿毒症, ネフローゼ症候群と活性酸素 : メチルグアニジンによる解析. TCSC News Letters, vol.25, 59-64, 1994
  29. 永瀬宗重, 青柳一正. 腎機能とグアニジノ化合物. 腎と透析, 第37巻, 527-532, 1994
  30. 青柳一正, 永瀬宗重. 活性酸素による腎障害 - メチルグアニジンを中心に. 腎と透析, 第37巻, 127-134, 1994
  31. 青柳一正, 永瀬宗重. 活性酸素と腎障害 その後の進歩 : ピューロマイシン腎症. 腎と透析, 第36巻, 237-240, 1994
  32. 青柳一正, 永瀬宗重. 組織細胞における活性酸素産生機構の解析. 厚生省科学研究 腎不全医療研究事業, 平成4年度研究報告書, 346-349, 1993.
  33. 永瀬宗重, 青柳一正. 海外文献紹介. 活性酸素・フリーラジカル, 第4巻, 232, 1993
  34. 青柳一正, 永瀬宗重. up date 微小循環 - 腎 高脂血症による障害. 現代医療, 第25巻, 1990-1994, 1993
  35. 大滝純司, 岡村健二, 高田彰, 厚美直孝, 奥田諭吉, 永瀬宗重, 樫村博正, 越智五平, 折居和雄, 山下亀次郎. TREND (筑波大学レジデントデータベースシステム) の現状について -大学病院における教育機能の自己点検・自己評価の一つとして-. 平成4年度国立大学附属病院医療情報処理部門連絡者会議論文集, 79-82, 1993
  36. 永瀬宗重, 青柳一正. 腎不全におけるcarcinogenと栄養の影響. 腎と透析, 第33巻, 315-318, 1992.
  37. 青柳一正, 成田光陽, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 竹村克己. ピューロマイシンアミノヌクレオサイドによる活性酸素の産生機構に関する研究. 厚生省科学研究 腎不全医療研究事業, 平成2年度研究報告, 255-258, 1991
  38. 成田光陽, 小山哲夫, 坂本まさ子, 飯塚 正, 山口直人, 石田久美子, 永瀬宗重, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 鈴木理志, 山縣邦弘, 宮崎三弘. 抗PAF薬・抗メディエーター薬の糸球体腎炎に及ぼす基礎的・臨床的効果の検討. 厚生省特定疾患 進行性腎障害 調査研究班, 平成2年度研究業績集, 275-281, 1991
  39. 永瀬宗重, 青柳一正. 海外文献紹介. 活性酸素・フリーラジカル, 第2巻, 262, 1991
  40. 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 日比野敏子, 成田光陽. 我々の発見したpuromycin aminonucleosideによる活性酸素産生促進作用について. 厚生省科学研究 腎不全医療研究事業, 平成1年度研究報告書 186-190, 1990
  41. 永瀬宗重, 青柳一正. EDRFとしてのNO. 腎不全, 第2巻, 136, 1990
  42. 小山哲夫, 永瀬宗重. 腎炎治療薬剤の現状と将来. メディカルビューポイント, 第11巻, 7 (3), 1990
  43. 永瀬宗重, 青柳一正. 膿尿・乳び尿. 治療, 第71巻, 600-606, 1989
  44. 成田光陽, 青柳一正, 永瀬宗重, 飯塚正, 山縣邦弘, 竹村克己, 石川敏子, 坂本まさ子, 山口直人, 石井久美子, 中村日出子, 小林正貴, 渡辺孝太郎, 小山哲夫, 紅露恒男. 活性酸素による腎障害とその対策 -アデノシンとその類似体の重要性について-. 厚生省特定疾患 進行性腎障害 調査研究班, 昭和63年度研究業績集, 199-202, 1989
  45. 青柳一正, 永瀬宗重, 成田光陽. 腎不全とメチルグアニジンの生成. 日本臨床, 第46巻, 2246-2251, 1988
  46. 青柳一正, 永瀬宗重, 成田光陽. アデノシン, ピュロマイシンと活性酸素. 腎と透析, 第24巻, 749-754, 1988
  47. 成田光陽, 青柳一正, 永瀬宗重, 宮崎三弘, 石田裕. 腎疾患と和漢薬. 厚生省心身障害研究 小児慢性腎疾患の予防,管理,治療に関する研究 昭和62年度班研究業績集, 1988
  48. 成田光陽, 石川敏子, 小山哲夫, 小林正貴, 山口直人, 鈴木理志, 石井久美子, 坂本まさ子, 山縣邦弘, 竹村克己, 永瀬宗重, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 紅露恒男, 太田義章, 和泉佳子. ネフローゼ症候群SLE患者におけるミゾリビンの効果. 厚生省特定疾患 進行性腎障害 調査研究班, 昭和62年度研究業績集, 194-199, 1988
  49. 成田光陽, 宮崎三弘, 青柳一正, 永瀬宗重, 大塲正二, 坂本まさ子, 山口直人, 石井久美子,鈴木理志, 中村日出子, 菊池 博, 小林正貴, 太田義章, 寺崎太郎, 渡辺孝太郎, 小山哲夫, 紅露恒男, 東條静夫. 慢性腎不全に対するLactuloseの効果 -長期投与例の検討-. 厚生省特定疾患 進行性腎障害 調査研究班, 昭和61年度研究業績集, 244-249, 1987
  50. 成田光陽, 石川敏子, 小山哲夫, 小林正貴, 山口直人, 鈴木理志, 石井久美子, 坂本まさ子, 山縣邦弘, 竹村克己, 永瀬宗重, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 紅露恒男, 太田義章, 和泉佳子. ネフローゼ症候群・SLE患者におけるミゾリビンの効果. 厚生省特定疾患 進行性腎障害 調査研究班, 昭和61年度研究業績集, 194-199, 1987
  51. 永瀬宗重, 東條静夫. 腎不全. 老人科診療, 第8巻, 161-165, 1987
  52. 東條静夫, 成田光陽, 小山哲夫, 稲毛博実, 寺崎太郎, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 佐野元昭, 小林正貴, 中村日出子, 坂本まさ子, 永瀬宗重, 菊池博, 宮崎三弘, 大塲正二, 太田義章, 石田裕, 紅露恒男, 鈴木治男, 丸山佳子. 腎疾患に対する抗凝固療法の長期予後に及ぼす影響について. 厚生省特定疾患 進行性腎障害 調査研究班, 昭和60年度研究業績集, 217-222, 1986
  53. 東條静夫, 成田光陽, 青柳一正, 宮崎三弘, 永瀬宗重, 大塲正二, 中村日出子, 小林正貴, 菊池博, 太田義章, 寺崎太郎, 石田裕, 稲毛博実, 渡辺孝太郎, 佐野元昭, 小山哲夫, 紅露恒男, 鈴木治男, 丸山佳子. Lactuloseによる慢性腎不全の保存的療法. 厚生省特定疾患 進行性腎障害 調査研究班, 昭和59年度研究業績集, 245-249, 1985
  54. 永瀬宗重, 東條静夫. 高脂血症の臨床 : ネフローゼ症候群. 綜合臨床, 第34巻, 1086-1090, 1985
  55. 青柳一正, 大塲正二, 宮崎三弘, 永瀬宗重, 成田光陽, 東條静夫. グアニジノ化合物 -腎不全治療への架け橋-. 循環器科, 第17巻, 571-578, 1985
  56. 永瀬宗重, 東條静夫. 急性糸球体腎炎. 治療, 第67巻, 509-519, 1985
  57. 小林正貴, 永瀬宗重, 宮崎三弘, 東條静夫. 進行性腎炎に対する抗凝固療法 -症例における解析-. 臨床成人病, 第15巻, 157-165, 1985
  58. 東條静夫, 渡辺孝太郎, 宮崎三弘, 永瀬宗重, 稲毛博実, 青柳一正, 紅露恒男, 成田光陽. 透析療法を要したSLE患者の臨床的検討. 厚生省特定疾患 進行性腎障害 調査研究班, 昭和58年度研究業績集, 326-332, 1984
  59. 東條静夫, 成田光陽, 小山哲夫, 稲毛博実, 太田義章, 小林正貴, 永瀬宗重, 宮崎三弘, 大塲正二, 寺崎太郎, 石田裕, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 佐野元昭, 紅露恒男, 鈴木治男, 丸山佳子. 非ステロイド系抗炎症剤の尿蛋白減少効果について. 厚生省特定疾患 進行性腎障害 調査研究班, 昭和58年度研究業績集, 138-143, 1984
  60. 永瀬宗重, 東條静夫. パラアミノ馬尿酸クリアランス (CPAH). Medicina , 第21巻, 2514-2515, 1984
  61. 永瀬宗重, 東條静夫. チオ硫酸ナトリウムクリアランス (Cthio). Medicina , 第21巻, 2512-2513, 1984
  62. 永瀬宗重, 東條静夫. クレアチニンクリアランス (Ccr). Medicina, 第21巻, 2510-2511, 1984
  63. 永瀬宗重, 東條静夫. 腎盂腎炎. Medicina, 第21巻, 416-417, 1984
  64. 成田光陽, 小山哲夫, 稲毛博実, 石田 裕, 太田義章, 永瀬宗重, 大塲正二, 宮崎三弘, 寺崎太郎, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 佐野元昭, 鈴木治男, 丸山佳子, 東條静夫. 腎疾患における抗血小板療法と血小板動態について. 厚生省特定疾患 腎糸球体障害 調査研究班, 昭和57年度研究業績集, 201-207, 1983
  65. 永瀬宗重, 東條静夫. 急性腎炎の治癒判定と生活指導. Medicina, 2420-2421, 1983
■ IV.学会発表
  1. 樗木隆聡, 永瀬宗重, 平山暁, 植田敦志, 井上真理子, 横山秀克, 大矢博昭, 吉村哲彦,草野英二. iNOS由来のNOはアドリアマイシンによる尿細管間質障害を増悪させない.第28回日本フリーラジカル学会 2006.
  2. 清水芳男, 平山浩一, 楊景堯, 平山暁, 金子修三, 松永恒明, 萩原正大, 荒川洋, 山縣邦弘, 長田道夫, 永瀬宗重, 小山哲夫. 正常妊娠中の先天性クロール下痢症患者. 第16回腎と妊娠研究会 2006.
  3. 平山浩一, 平山暁, 海老原至, 関正則, 藤田省吾, 小川裕二郎, 中村日出子, 永瀬宗重,小林正貴, 小山哲夫. 血液透析症例におけるsolubulefms-liketysosinekinase-1(sFlt-1)と過酸化脂質との関連.第51回日本透析医学会学術集会 2006.
  4. 渡辺文代, 金子修三, 萩原正大, 清水芳男, 平山暁, 楊景堯, 山縣邦弘, 永瀬宗重. ネフローゼ症候群に合併した血栓症の症例. 第40回茨城腎研究会 2006.
  5. 金子修三, 渡辺文代, 萩原正大, 清水芳男, 平山暁, 楊景堯, 山縣邦弘, 永瀬宗重. HCV陰性の本態性クリオグロブリン血栓の一例. 第40回茨城腎研究会 2006.
  6. Hirayama A, Oteki T, Ueda A, Yoh K, Shimizu Y, Nagase S. Renal redoximaging and in vivo analysis during antihypertensive treatments. XLIIIERA-EDTA Congress 2006.
  7. Oteki T, Nagase S, Hirayama A, Ueda A, Inoue M, Yokoyama H, Yoshimura T, Kusano E. Nitric oxide from inducible nitric-oxide synthase does not exacerbate adriamycin? induced tubulointerstitial injury. 13th Biennial Congress of the Soceiety for Free Radical Research International 2006.
  8. 大和田滋, 平山暁, 永瀬宗重, 後藤寿美江, 西島冬彦, 坂内堅二. クレメジンの腎不全ラット腎・肝SOD活性と脂質代謝に対する効果. 第18回腎とフリーラジカル研究会 2006.
  9. 金子修三, 渡邊文代, 萩原正大, 清水芳男, 平山暁, 楊景堯, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 長田道夫, 臼井丈一. MGUS(IgA-κ)を伴う慢性糸球体腎炎の一例. 第36回日本腎臓学会東部学術大会 2006.
  10. 渡邊文代, 金子修三, 萩原正大, 清水芳男, 平山暁, 楊景堯, 臼井丈一, 長田道夫, 永瀬宗重, 山縣邦弘, 小山哲夫. D-ペニシラミン投与後に微小変化型ネフローゼ症候群をきたした慢性関節リウマチの一例. 第36回日本腎臓学会東部学術大会 2006.
  11. 松永恒明,金子修三,清水芳男,平山暁,楊景堯,平山浩一,山縣邦弘,永瀬宗重,小山哲夫,濱田洋実,吉川裕之. 抗カルジオリピン抗体単独陽性を示した膜性増殖性糸球体腎炎の一妊娠・分娩例. 第15回腎と妊娠研究会 2005.
  12. Hirayama A, Yoh K, Ueda A, Nagase S, Ishizaki K, Yamada A, Itoh K,Yamamoto M, Takahashi S, Koyama A. In vivo non-invasive analysis of reactive oxygen species and redox status in streptozotocin treated Nrf2-deficient mice using electron paramagnetic resonance.
  13. ST-ERATO Yamamoto Environmental Response Project International Symposium: Molecular Mechanism of Environmental Response to Food and Oxygen 2005.
  14. 平山暁,今川重彦,平山浩一,永瀬宗重,長澤俊郎,小山哲夫. 少量アルギニン経口投与による保存期腎不全病態改善効果. 第5回日本NO学会学術集会 2005.
  15. 平山暁,樗木隆聡,横山秀克,植田敦志,永瀬宗重,小山哲夫. 高血圧性腎障害における腎レドックス変化と降圧剤による抗酸化効果 ―降圧効果と抗酸化効果―. 第27回日本フリーラジカル学会学術集会 2005.
  16. 萩原正大,山縣邦弘,田中宏明,金子修三,樗木隆聡,臼井丈一,清水芳男,平山暁,楊景堯,平山浩一,永瀬宗重,小山哲夫,鈴木大成,相田久美,長田道夫,斉藤喬雄. 検尿異常を契機に発見されたリポ蛋白腎症の一例. 第38回茨城腎研究会 2005.
  17. 平山暁,今川重彦,平山浩一,松永恒明,金子修三,清水芳男,楊景堯,山縣邦弘,永瀬宗重,長澤俊郎,小山哲夫. 保存期腎不全における少量アルギニン投与効果 ―第1報―. 第48回日本腎臓学会学術総会 2005.
  18. 植田敦志,永瀬宗重,平山暁,井上真理子,樗木隆聡,小山哲夫. 血液透析患者における鉄剤の経静脈投与は酸化ストレスを増加させる. 第48回日本腎臓学会学術総会 2005.
  19. 井上真理子,永瀬宗重,植田敦志,平山暁,樗木隆聡,飯塚正,小山哲夫. ECUMにおける酸化ストレス亢進の検討. 第48回日本腎臓学会学術総会 2005.
  20. 平山浩一,海老原至,田中宏明,関正則,臼井丈一,錦健太,清水 男,平山暁,楊景堯,山縣邦弘,中村日出子,永瀬宗重,小林正貴,小山哲夫. 血液透析症例におけるfms-like tyrosine kinase-(Flt-1)の検討. 第50回日本透析医学会学術集会 2005.
  21. 松永恒明,金子修三,清水芳男,平山暁,楊景堯,平山浩一,山縣邦弘,永瀬宗重,小山哲夫,石垣太郎,長谷川雄一,長澤俊郎,中村日出子,小林正貴. 腎腫大・急性腎不全を呈し一時的に血液透析を要した悪性リンパ腫の一例. 第50回日本透析医学会学術集会 2005.
  22. Hirayama A, Yoh K, Ueda A, Nagase S, Ishizaki K, Yamada A, Itoh K, Yamamoto M, Takahashi S. Koyama A. Role of peroxynitrite-hydroxyl radical pathway in early stage renal damage of streptozotocin induced diabetes -In vivo non-invasive identification using electron spin resonance 3rd World Congress of Nephrology, 18th Congress of International Society of Nephrology 2005.
  23. 金子修三,松永恒明,萩原正大,清水芳男,平山暁,楊景堯,平山浩一,山縣邦弘,永瀬宗重,小山哲夫,鈴木理志. 紫斑 腎機能低下を呈するHCV,HBV陰性の本態性混合性(Type2)クリオグロブリン血症の一例. 第35回日本腎臓学会東部学術大会 2005.
  24. 田中宏明,松永恒明,金子修三,樗木隆聡,清水芳男,平 暁,楊景堯,平山浩一,山縣邦弘,永瀬宗重,小山哲夫,相田久美,鈴木大成,長田道夫. MCTD経過中にRPGNで発症した半月体形成性糸球体腎炎の一例. 第35回日本腎臓学会東部学術大会 2005.
  25. 萩原正大,山縣邦弘,松 恒明,樗木隆聡,清水芳男,平山暁,楊景堯,平山浩一,永瀬宗重,小山哲夫,鈴木大成,相田久美,長田道夫,斎藤喬雄. 新規のapoE遺伝子変異を有するLPGの一例. 第35回日本腎臓学会東部学術大会 2005.
  26. 松永恒明,高田健治,橋本優子,小原真美,山本多恵,清水芳男,平山浩一,山縣邦弘,永瀬宗重,小山哲夫,飯島弘晃,舩山康則,萩谷 政明. 喘息の先行発症を認めなかったChurg-Strauss症候群の一例. 第35回日本腎臓学会東部学術大会 2005.
  27. 井上真理子,植田敦志,平山暁,樗木隆聡,飯塚正,永瀬宗重. 血液透析は酸化ストレスを亢進させるか? ―限外漉過を用いた検討―. 第26回グアニジノ化合物研究会 2005.
  28. 植田敦志,井上真理子,樗 隆聡,平山暁,永瀬宗重. 血液透析患者における鉄剤の経静脈投与は酸化ストレスを亢進させる−メチルグアニジン, グアニジンを指標とした検討. 第26回グアニジノ化合物研究会 2005.
  29. Hirayama A, Oteki T, Ueda A, Yoh K, Hirayama K, Nagase S, Koyama A. In vivo redox imaging and measurement of antioxidative effects in antihypertensive drugs. 38th Annual meeting of American Society of Nephrology 2005.
  30. Oteki T, Nagase S, Ueda A, Hirayama A. Evaluation of adriamycin nephropathy by an in vivo EPR.3rd Joint Meeting of the Society for Free Radical Research of Australasia & Japan 2005.
  31. 清水芳男, 井上真理子, 平野優子, 楊景堯, 平山浩一, 山縣邦弘, 平山暁, 永瀬宗重, 小山哲夫. 長期維持血液透析患者の妊娠・正常分娩の1例. 第14回腎と妊娠研究会 2004.
  32. 下晴子, 増田和実, 田辺解, 平山暁, 永瀬宗重. 異なる筋のミトコンドリアにおける活性酸素消去活性について. 平成15年度北陸体育学会 2004.
  33. 平山浩一, 小林正貴, 平野優子, 臼井丈一, 清水芳男, 平山暁, 楊景尭, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 小山哲夫. 抗好中球細胞質抗体関連腎炎におけるミゾリビンの有用性に関する検討. 第101回日本内科学会 2004.
  34. Ueda A, Nagase S, Hirayama, Inoue M, Oteki T, Takada K, Obara M, Koyama A. Increased Oxidative Stress in Diabetic Hemodialysis Patients. ERA-EDTA Congress 2004.
  35. Hirayama A, Nagase S, Ueda A, Oteki T, Takada K, Obara M, Inoue M, Aoyagi K, Koyama A. In Vivo Non-invasive Evaluation and Imaging of Oxidative Stress During Renal Injury. 第47回日本腎臓学会学術総会 2004.
  36. 植田敦志, 永瀬宗重, 平山暁, 井上真理子, 樗木隆聡, 高田健治, 小原真美, 小山哲夫. 糖尿病を有する血液透析患者は透析後半に酸化ストレスが増加する. 第47回日本腎臓学会学術総会 2004. 
  37. 樗木隆聡, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 横山秀克, 大矢博昭, 赤塚孝雄, 小山哲夫. 電子スピン共鳴法によるラットアドリアマイシン腎症における腎還元能低下の証明. 第47回日本腎臓学会学術総会 2004.
  38. 平山浩一, 小林正貴, 清水芳男, 平山暁, 楊景堯, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 長田道夫, 小山哲夫. 抗好中球細胞質抗体関連腎炎の維持療法におけるミゾリビンの有用性. 第47回日本腎臓学会学術総会 2004.
  39. Hirayama A, Yoh K, Ueda A, Nagase S, Ishizaki K, Yamada A, Itoh K, Takahashi S, Yamamoto M, Koyama A. Increase of NO And O2.-  Production in Streptozotocin Treated Nrf2- deficient Mice. The 3rd International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide 2004.
  40. 井上真理子, 平山暁, 永瀬宗重, 平野優子, 小原真美, 楊景堯, 清水芳男, 平山浩一, 小山哲夫, 植田敦志, 青柳一正. 透析療法中の酸化ストレス動態はHDFとHDに差はない. 第49回日本透析医学会学術集会・総会2004.
  41. 植田敦志, 根本佳代子, 小田倉巳年男, 岡里清美, 磯山由紀子, 石崎一美, 上岡将之, 浅野和志, 平山浩一, 平山暁, 永瀬宗重, 小山哲夫. 腹膜透析導入時から開始した血液透析併用療法の3症例. 第49回日本透析医学会学術集会・総会2004.
  42. 平野優子, 山縣邦弘, 菊池博, 後藤達宏, 石津隆, 関正則, 井上真理子, 清水芳男, 平山暁, 楊景堯, 平山浩一, 永瀬宗重, 小山哲夫. 低回転骨透析患者に対するビタミンK2投与の検討.第49回日本透析医学会学術集会・総会2004.
  43. 平山暁, 楊景堯, 植田敦志, 永瀬宗重, 石崎和沙, 山田亜希子, 伊東健, 高橋智, 山本雅之, 小山哲夫. ストレプトゾトシン投与Nrf2欠損マウスにおけるNO,O2・産生亢進と腎機能低下. 第26回日本フリーラジカル学会 2004.
  44. 樗木隆聡, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 多田美香, 横山秀克, 大矢博昭, 赤塚孝雄, 小山哲夫. 電子スピン共鳴法によるラットアドリアマイシン腎症における腎還元能低下の証明. 第26回日本フリーラジカル学会 2004.
  45. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 小山哲夫, 急性腎不全モデルにおいてエリスロポエチン投与により生じる抗酸化能変化のin vivo計測. 平成15年度腎性貧血治療研究会報告会 2004.
  46. 平山暁, 楊景堯, 永瀬宗重, 植田敦志, 樗木隆聡, 石崎和沙, 山田亜希子, 伊藤健, 青柳一正, 山本雅之, 高橋智, 小山哲夫. ストレプトゾトシン投与糖尿病モデルの早期腎障害におけるパーオキシナイトライトとヒドロキシラジカルの関与. 第16回腎とフリーラジカル研究会 2004.
  47. 植田敦志, 永瀬宗重, 平山暁, 小山哲夫. 透析患者と実験腎炎における鉄と酸化ストレス. 第18回新日鉄バイオサイエンス学会学術集会 2004.
  48. 田辺解, 増田和実, 平山暁, 永瀬宗重, 松田光生, 鰺坂隆一, 河野一郎, 久野譜也. ESRで評価した骨格筋活性酸素消去能力の加齢変化-SATプロジェクト161-. 第58回日本体力医学会大会 2004.
  49. TanabeK, Masuda K, Hirayama A, Nagase S, Kuno S. Effect of cycling exercise on antioxidant capacity in human muscle measured by ESR. APS Intersociety Meeting The Integrative Biology of Exercise 2004.
  50. 松永恒明, 井上真理子, 橋本優子, 樗木隆聡, 臼井丈一, 森戸直記, 清水芳男, 平山暁, 楊景堯, 平山浩一, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 小山哲夫. クリプトコッカス髄膜炎を合併したSLE一例.第34回日本腎臓学会東部学術大会 2004.
  51. Hirayama A, Yoh K, Ueda A, Ishizaki K, Yamada A, Itoh K, Nagase S, Yamamoto M, Takahashi S, Koyama A. Nrf2 deficiency intensifies early phase renal damage in streptozotocin-induced diabetic mice. Society for Free Radical Biology & Medicine 11th Annual Meeting 2004.
  52. 平山暁, 柳川徹, 宇和山純也, 楊景堯, 永瀬宗重, 植田敦志, 樗木隆聡, 石井哲郎, 小山哲夫. Prx1欠損マウスにおける還元能のin vivo ESR計測. 第43回電子スピンサイエンス学会年会 2004.
  53. 永瀬宗重. 腎疾患における血中NOxに関する検討. 山形NO計測医療応用研究会 平成15年度第2回研究会 2004.
  54. Hirayama A, Nagase S, Ueda A, Koyama A. Invited Lecture:Application of EPR Imaging to the Pathophysiological Analysis of Acute Renal Failure and Antioxidative Effects of Erythropoietin. 12th Biennial Meeting, Society for Free Radical Research International 2004.
  55. 小原真美, 平山暁, 永瀬宗重, 後藤達宏, 植田敦志, 森戸直記, 樗木隆聡, 高田健治, 青柳一正, 小山哲夫. 血液透析中に過酸化脂質 Cholesteryl Ester Hydroperoxide は減少する. 第14回腎と脂質研究会 2003.
  56. 小原真美, 関正則, 高田健治, 清水芳男, 平山暁, 楊景尭, 平山浩一, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 小山哲夫. 妊娠を契機に膜性増殖性糸球体腎炎 (MPGN) を発症した2症例. 第13回腎と妊娠研究会 2003.
  57. 山縣邦弘, 平山浩一, 間瀬かおり, 清水芳男, 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 山口直人, 小林正貴, 小山哲夫. 高齢発症急速進行性腎炎の病型と予後. 第100回日本内科学会講演会 2003.
  58. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 石津隆, 多留賀功, 小原真美, 小林正貴, 楊景尭, 平山浩一, 小山哲夫. 白血球吸着療法施行中の抗酸化動態. 第100回日本内科学会講演会 2003.
  59. Hirayma A, Yoh K, Nagase S, Ueda A, Oteki T, Obara M, Takada K, Itoh K, Morito N, Takahashi S, Yamamoto M, Koyama A. ESR imaging of reducing activity in NRF2 transcriptional factor deficient mice. The 10th Interntaional Workshop on Bio-medical ESR Spectroscopy and Imaging 2003.
  60. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 樗木隆聡, 高田健治, 小原真美, 井上真理子, 楊景尭, 小山哲夫. 腎虚血再灌流障害時の酸化ストレス動態変化に対するエリスロポエチン投与効果のin vivo計画. 第46回日本腎臓学会学術総会 2003.
  61. 植田敦志, 永瀬宗重, 平山暁, 樗木隆聡, 小山哲夫. ピュロマイシン腎症の発症進展におけるNOの関与. 第46回日本腎臓学会学術総会 2003.
  62. 小原真美, 平山暁, 永瀬宗重, 後藤達宏, 植田敦志, 森戸直記, 高田健治, 青柳一正, 小山哲夫. 血液透析中に過酸化脂質 Cholesterylester hydroperoxide (CEOOH) は減少する. 第46回日本腎臓学会学術総会 2003.
  63. 高田健治, 永瀬宗重, 平山暁, 植田敦志, 小原真美, 樗木隆聡, 井上真理子, 小山哲夫. 遮光血液透析の効果 -一酸化窒素抑制と透析低血圧の抑制効果について-. 第3回日本NO学会学術集会 2003.
  64. Hirayma A, Yoh K, Nagase S, Ueda A, Itoh K, Morito N, Hirayama K, Takahashi S, Yamamoto M, Koyama A. ESR imaging of reducing activity in Nrf2 transcriptional factor deficient mice. Deciphering the Regulatoy Network of Transcription Facters: Function and Regulation of Maf and CNC Transcription Factor Families. JBS Bio-Frontier Symposium 2003.
  65. 平山暁, 永瀬宗重, 高田健治, 小原真美, 石津隆, 多留賀功, 小林正貴, 菊池博, 楊景尭, 平山浩一, 小山哲夫. 白血球吸着療法よる酸化ストレス動態. 第48回日本透析医学会学術集会 2003.
  66. 高田健治, 永瀬宗重, 平山暁, 植田敦志, 樗木隆聡, 小原真美, 井上真理子, 小山哲夫. 血液透析におよぼす光の影響 -全遮光とUVカット透析の対比-. 第48回日本透析医学会学術集会 2003.
  67. 井上真理子, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 高田健治, 小原真美, 樗木隆聡, 小山哲夫. メチルグアニジン, グアニジンは血液透析中に産生が亢進する. 第48回日本透析医学会学術集会 2003.
  68. 関正則, 山縣邦弘, 小原真美, 高田健治, 清水芳男, 平山暁, 楊景尭, 平山浩一, 永瀬宗重, 小山哲夫. シクロスポリン投与中に強皮症腎クリーゼを発症し ACE-I 投与にて血液透析を離脱し得た強皮症の1例. 第48回日本透析医学会学術集会 2003.
  69. 飯塚正, 関正則, 永瀬宗重, 小山哲夫. 多発脳梗塞から感染性心内膜炎と診断された血液透析患者症例. 第48回日本透析医学会学術集会 2003.
  70. 永瀬宗重, 平山暁, 小山哲夫. 血液透析と酸化ストレス. 第48回日本透析医学会学術集会 2003.
  71. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 樗木隆聡, 高田健治, 小原真美, 井上真理子, 楊景尭, 小山哲夫. 虚血再灌流急性腎不全における腎還元能変化とエリスロポエチンによる臓器保護効果の ESR イメージング. 第25回日本フリーラジカル学会 2003.
  72. Tanabe K, Masuda K, Hirayama A, Nagase S, Kono I, Kuno S. Effects of spontaneous exercise on antioxidant capacity in rat muscle determined by electron spin resonance. The 8th Annual Congress of the European College of Sport Science 2003.
  73. 田辺解, 増田和実, 平山暁, 永瀬宗重, 河野一郎, 久野譜也. 中高齢者における日常身体活動量が抗酸化能力および酸化ストレスに及ぼす影響 ?SATプロジェクト117 第58回日本体力医学会大会 2003.
  74. 平山暁, 植田敦志, 永瀬宗重, 樗木隆聡, 小山哲夫. ESRイメージングによる腎抗酸化能変化のin vivo無侵襲定量解析. 第15回腎とフリーラジカル研究会 2003.
  75. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 樗木隆聡, 高田健治, 小原真美, 井上真理子, 楊景尭, 平山浩一, 青柳一正,小山哲夫. 虚血再灌流急性腎不全におけるエリスロポエチンの臓器保護効果 -ESRイメージングによる検討-. 第15回腎とフリーラジカル研究会 2003.
  76. 関正則, 清水芳男, 小原真美, 高田健治, 楊景尭, 平山暁, 平山浩一, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 長田道夫, 小山哲夫. Monoclonal gammopathy with undetermined significance (MGUS) に膜性腎症を合併した1例. 第33回日本腎臓学会東部学術大会 2003.
  77. 清水芳男, 平山浩一, 楊景尭, 平山暁, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 臼井丈一, 長田道夫, 関正則, 平野優子, 小山哲夫. COL4A5 NC ドメインの alternative splicing variant を認めた Alport 症候群の親子例. 第33回日本腎臓学会東部学術大会 2003.
  78. 平山浩一, 清水芳男, 平山暁, 楊景尭, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 小山哲夫, 間瀬かおり, 中村日出子, 小林正貴, 富田知栄, 後藤達宏, 山木万里朗, 大傷正二, 早川正廣, 鈴木理志. 原発性膜性腎症に対する少量副腎皮質ステロイド薬及びシクロスポリン投与の有効性. 第33回日本腎臓学会東部学術大会 2003.
  79. 井上真理子, 飯塚正, 間瀬かおり, 中村日出子, 小林正貴, 小原真美, 高田健治, 菊池博, 永瀬宗重, 小山哲夫. 肉眼的血尿, 溶血性貧血を呈した悪性高血圧の1例. 第33回日本腎臓学会東部学術大会 2003.
  80. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 樗木隆聡, 小山哲夫. 虚血再灌流急性腎不全における臓器還元能変化とエリスロポエチンによる臓器保護効果のESRイメージング. 第42回電子スピンサイエンステクノロジー 2003.
  81. 平山暁, 植田敦志, 永瀬宗重, 楊景尭, 平山浩一, 小山哲夫. ヒト遺伝子組替えエリスロポエチン (rHuEPO) による虚血再灌流急性腎不全における臓器保護効果 ?電子スピン共鳴画像法 (ESRI) による検討-. 第12回腎とエリスロポエチン研究会 2003.
  82. 永瀬宗重, 平山暁, 小山哲夫. 血液透析と酸化ストレス. 日腎東部会ワークショップ 2003.
  83. 永瀬宗重. よりよい人間関係の構築について. 水海道中学校講演会 2003.
  84. Hiryma A, Nagase S, Ueda A, Oteki T, Obara M, Takada K, Inoue M, Yoh K, Hiryama K, Aoyagi K, Koyama A. Electron paramagneic resonance imaging of organ reducing activity in ischemia-reperfusion renal injury. International Joint Meeting on Food Factors and Free Radicals in Health & Disease / Second Joint Meeting of the Society for Free Radical Research Australasia and the Society for Free Radical Research Japan 2003.
  85. 平山暁, 植田敦志, 永瀬宗重, 小山哲夫. シンポジウム:電子スピン共鳴(ESR)生物医学研究の最前線. ESRイメージングを用いた虚血再灌流腎障害における臓器還元能変化のin vivo計測. 第18回日本フリーラジカル学会関東部会 2003.
  86. 瀬宗重. 第17回国際腎臓学会会議リポート. T-webs 2003.
  87. 杉山浩一, 樗木隆聡, 平山浩一, 永瀬宗重, 小山哲夫. 高度の貧血と蛋白尿を呈した Nutcracker 症候群の1例. 第497回日本内科学会関東地方会 2002.
  88. 高田健治, 永瀬宗重, 平山暁, 植田敦志, 樗木隆聡, 小原真美, 小山哲夫. 遮光血液透析は透析中の過酸化脂質の増加を抑制する. 第14回腎と脂質研究会 2002.
  89. 植田敦志, 永瀬宗重, 平山暁, 小山哲夫, 横山秀克, 多田美香. 腎疾患とフリーラジカル ?病態解析への ESR の応用- 生物ラジカル研究所 年次研究発表会 2002.
  90. 永瀬宗重, 平山暁, 植田敦志, 高田健治, 樗木隆聡, 小原真美, 平山浩一, 楊景尭, 室かおり, 小山哲夫. 光遮断血液回路とダイアライザーを用いた新しい血液透析法は, 透析中の一酸化窒素産生の抑制により透析低血圧を防止し, かつ透析中の過酸化脂質の増加も抑制する. 第99回日本内科学会講演会 2002.
  91. 平山浩一, 甲斐平康, 下畑誉, 室かおり, 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 小山哲夫, 中村日出子, 小林正貴. 微小変化型ネフローゼ症候群 (MCNS) におけるステロイド依存性獲得の機序の検討. 第99回日本内科学会講演会 2002.
  92. 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 伊藤健, 植田敦志, 森戸直記, 山本雅之, 高橋智, 小山哲夫. 自己免疫疾患モデル Nrf2 欠損マウスの病変発症過程における組織還元能変化 ?in vivo ESR による解析-. 第24回日本フリーラジカル学会 2002.
  93. 永瀬宗重, 平山暁, 植田敦志, 高田健治, 樗木隆聡, 小原真美, 下澤由香里, 小山哲夫, 佐々木正富, 猿橋誠, 寺尾純二. 遮光血液透析は透析中の一酸化窒素産生,過酸化脂質産生, 低血圧を抑制する. 第24回日本フリーラジカル学会 2002.
  94. 植田敦志, 永瀬宗重, 平山暁, 樗木隆聡, 小山哲夫, 横山秀克, 大矢博昭, 鎌田仁. アシル保護化ヒドロキシルアミンを用いた実験腎炎における酸化ストレスの in vivo 計測. 第24回日本フリーラジカル学会 2002.
  95. 加藤徳之, 谷中清之, 永瀬宗重, 兵藤行志, 平山暁, 能勢忠男. 脳虚血再灌流モデルにおける Tempol の脂質過酸化抑制ならびに脳保護効果. 第24回日本フリーラジカル学会 2002.
  96. 樗木隆聡, 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 楊景尭, 高田健治, 小原真美, 青柳一正, 小山哲夫. 腎内因性NOの生体用電子スピン共鳴法 (in vivo ESR) による画像化. 第45回日本腎臓学会学術総会 2002.
  97. 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 植田敦志, 森戸直記, 樗木隆聡, 小原真美, 高田健治, 青柳一正, 小山哲夫. 抗酸化応答関連転写因子 Nrf2 欠損マウスのループス病変発症過程における組織抗酸化能の低下. 第45回日本腎臓学会学術総会 2002.
  98. 臼井丈一, 金本勝義, 泊真介, 舒宇静, 長田道夫, 室かおり, 楊景尭, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 小山哲夫, 直人, 竹村克己. ヒト半月体構成組織における cadherin-datenin 発現の組織的検討. 第45回日本腎臓学会学術総会 2002.
  99. 臼井丈一, 金本勝義, 泊真介, 舒宇静, 長田道夫, 室かおり, 楊景尭, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 小山哲夫. ヒト半月体構成組織における cadherin-catenin 発現の組織学的検討. 第45回日本腎臓学会学術総会 2002.
  100. 高田健治, 永瀬宗重, 平山暁, 植田敦志, 樗木隆聡, 小原真美, 鈴木裕道, 小山哲夫. 遮光血液透析の効果 (part 1) -一酸化窒素産生抑制と透析低血圧の抑制効果について-. 第45回日本腎臓学会学術総会 2002.
  101. 永瀬宗重, 平山暁, 植田敦志, 高田健治, 樗木隆聡, 小原真美, 鈴木裕道, 小山哲夫. 遮光血液透析の効果 (part 2) 血中過酸化脂質産生の抑制効果と機序について. 第45回日本腎臓学会学術総会 2002.
  102. 植田敦志, 永瀬宗重, 平山暁, 樗木隆聡, 高田健治, 小山哲夫, 横山秀克, 大矢博昭, 鎌田仁. In vivo 電子スピン共鳴法によるピュロマイシン腎症の活性酸素産生亢進の証明. 第45回日本腎臓学会学術総会 2002.
  103. Nagase S, Hirayama A, Ueda A, Takada K, Oteki T, Obara M, Suzuki H, Shimozawa Y, Terao J, Koyama A. Why don’t we care the harmful effects of light irradiation during hemodialysis? 26th Internatioinal Congress of Internal Medicine 2002.
  104. Koyam A, Sharmin S, Shimizu Y, Muro K, Hirayama K, Usui J, Yamagata K, Yoh K, Hirayama A, Nagase S. Staphylococcus aureus is a new candidate for a pathogen of IgA nephropathy. 26th Internatioinal Congress of Internal Medicine 2002.
  105. Suzuki H, Nagase S, Wang Y, Kikuchi S, Hirayama A, Ueda A, Takada K, Oteki T, Koyam A. Association of eNOs gene polymorphisms with end stage renal diseases. 26th Internatioinal Congress of Internal Medicine 2002.
  106. 平山暁, 永瀬宗重, 楊景尭, 樗木隆聡, 甲斐平康, 下畑誉, 臼井丈一, 室かおり, 山縣邦弘, 平山浩一, 小山哲夫. 白血球吸着療法施行中の抗酸化動態. 第22回日本アフェレシス学会学術大会 2002.
  107. 甲斐平康, 山縣邦弘, 室かおり, 平山暁, 楊景尭, 平山浩一, 永瀬宗重, 小山哲夫, 河合弘ニ, 赤座英之, 長田道夫. 腎細胞癌免疫療法中に急速進行性糸球体腎炎 (RPGN) が出現し二重膜濾過血漿交換療法 (DFPP) 単独療法が奏功した1例. 第22回日本アフェレシス学会学術大会 2002.
  108. 高田健治, 永瀬宗重, 平山暁, 植田敦志, 楊景尭, 平山浩一, 小山哲夫. 遮光血液透析は透析中の一酸窒素産生を抑制し, 透析低血圧と過酸化脂質産生を抑制する. 第24回茨城高血圧研究会 2002.
  109. Hirayma A, Yoh K, Nagase S, Itoh K, Ueda A, Oteki T, Aoyagi K, Takahashi S, Yamamoto M, Koyama A. Deterioration of organ redox status at the onset of lupus-like glomerulonephritis of Nrf2-deficient mice. 39th Congress of the European Renal Association-European Dialysis and Transplant Association 2002.
  110. Oteki T, Hirayma A, Nagase S, Ueda A, Yoh K, Obara M, Takada K, Aoyagi K, Hirayama K, Koyama A. Electron spin resonance imaging of renal endogenous nitric oxide and redox status. 39th Congress of the European Renal Association-European Dialysis and Transplant Association 2002.
  111. Nagase S, Hirayma A, Ueda A, Takada K, Oteki T, Obara M, Shimozawa Y, Terao J, Koyama A. Light-shielded haemodialysis prevent liopid peroxides and nitric oxide generation. 39th Congress of the European Renal Association-European Dialysis and Transplant Association 2002.
  112. Hirayma A, Yoh K, Nagase S, Itoh K, Ueda A, Morito N, Oteki T, Obara M, Takada K, Takahashi S, Yamamoto M, Koyama A. In vivo ESR analysis of the redox status during the onset of autoimmune disease in Nrf2-deficient mice. XIth Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International 2002.
  113. 小原真美, 平山暁, 永瀬宗重, 後藤達宏, 植田敦志, 森戸直記, 樗木隆聡, 高田健治, 大傷正二, 青柳一正, 成田光陽, 小山哲夫. 血液透析における過酸化脂質動態の脂質種による差異. 第47回日本透析医学会学術集会 2002.
  114. 高田健治, 鈴木裕道, 菊池博, 永瀬宗重, 渡邊雅彦, 山田俊彦, 小山哲夫. Reversible posterior leukoencephalopathy syndrome を呈した遺伝性球状赤血球症を伴う慢性維持透析患者の1例. 第47回日本透析医学会学術集会 2002.
  115. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 小原真美, 高田健治, 下畑誉, 井上真理子, 小林正貴, 石津隆, 多留賀功, 楊景尭, 平山浩一, 青柳一正, 小山哲夫. 白血球吸着療法における抗酸化活性 -血液透析における生体適合性の対極として- 第14回腎とフリーラジカル研究会 2002.
  116. 青柳一正, 竹村克己, 平山浩一, 永瀬宗重, 小山哲夫, 中島基雄, 大坂基男. 非炎症細胞におけるハイドロキシラジカル産生機構の研究 : 単離肝細胞におけるメチルグアニジン産生とバルビツレート. 第14回腎とフリーラジカル研究会 2002.
  117. 植田敦志, 永瀬宗重, 横山秀克, 平山暁, 樗木隆聡, 高田健治, 小原真美, 大矢博昭, 鎌田仁, 小山哲夫. 電子スピン共鳴法 (ESR) を用いたピュロマイシン腎症の腎局所での還元能低下とミトコンドリア障害の証明. 第14回腎とフリーラジカル研究会 2002.
  118. 増田和実, 田辺解, 平山暁, 永瀬宗重, 太田暁美, 久野譜也. 日常活動量の違いがラット骨格筋のO2- 消去活性に及ぼす影響 -ESRによる検討・SATプロジェクト77- 第57回日本体力医学会大会 2002.
  119. 田辺解, 増田和実, 平山暁, 永瀬宗重, 太田暁美, 久野譜也. 日常活動量の違いがラット骨格筋のOH・ 消去活性に及ぼす影響 -ESRによる検討・SATプロジェクト78- 第57回日本体力医学会大会 2002
  120. 下畑誉, 楊景尭, 平山浩一, 間瀬かおり, 岩渕聡, 石田裕, 臼井丈一, 長田道夫, 永瀬宗重, 小山哲夫. 急性進行性の経過をとった間質病変主体の紫斑病性腎炎の1例. 第32回日本腎臓学会東部学術大会 2002.
  121. 高田健治, 平山暁, 菊池博, 鈴木裕道, 間瀬かおり, 平山浩一, 楊景尭, 永瀬宗重, 小山哲夫. HCV感染早期に慢性増殖性糸球体腎炎を発症した1例. 第32回日本腎臓学会東部学術大会 2002.
  122. 樗木隆聡, 平山暁, 甲斐平康, 臼井丈一, 間瀬かおり, 平山浩一, 楊景尭, 永瀬宗重, 小山哲夫. 胸腺摘出後にネフローゼ症候群を発症した Issacs 症候群の1例. 第32回日本腎臓学会東部学術大会 2002.
  123. 井上真理子, 平山暁, 常樂晃, 永瀬宗重, 小山哲夫, 多留賀功, 石津隆, 山縣邦弘, 赤座英之, 鳥居徹. 維持血液透析患者に発症した転移性心外膜腫瘍の1例. 第32回日本腎臓学会東部学術大会 2002.
  124. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 楊景尭, 小山哲夫. In vivo ESR を用いた腎疾患病態解析 シンポジウム「In vivo ESR 研究の現状と応用展開」第41回スピンサイエンステクノロジー学会 2002.
  125. Obara M, Hirayam A, Nagase S, Ueda A, Gotoh M, Oteki T, Takada K, Koyama A. Elimination of Cholesterylester Hydroperoxide during Hemodialysis. 35th annual meeting of the American Society of Nephrology 2002.
  126. 平山暁, 楊景尭, 植田敦志, 永瀬宗重, 小山哲夫. 腎不全における酸化ストレス動態の ESR イメージング. 第3回腎不全病態研究会 2002.
  127. 植田敦志, 永瀬宗重, 平山暁, 樗木隆聡, 高田健治, 小原真美, 横山秀克, 大矢博昭, 鎌田仁, 小山哲夫. 実験腎炎における酸化ストレス亢進の in vivo での証明 -シル保護化ヒドロキシルアミンを用いた検討-第17回日本フリーラジカル学会関東支部会研究会 2002.
  128. 永瀬宗重. 命の話. 石下町立西中学校講演会 2002.
  129. 永瀬宗重. 腎不全と酸化ストレス. 学術講演会 2002.
  130. 植田敦志, 横山秀克, 永瀬宗重, 平山暁, 小山哲夫, 多田美香. 組織・細胞レベルでのTEMPOLの還元機序の検討および腎症モデルでの検討. 平成12年度生物ラジカル研究所研究発表会 2001.
  131. 甲斐平康, 山縣邦弘, 山本聡, 海老原至, 室かおり, 平山暁, 楊景尭, 平山浩一, 青柳一正, 永瀬宗重, 小山哲夫. 微少変化型ネフローゼ症候群(MCNS)合併妊娠における妊娠中再発の有無に関する本院10症例の検討. 第11回腎と妊娠研究会 2001.
  132. 平山浩一, 室かおり, 平山暁, 楊景尭, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 海老原至. 特発性膜性腎症症例におけるI型/U型ヘルパーT細胞のバランスに関する検討. 第98回日本内科学会 2001.
  133. 室かおり, 山縣邦弘, 平山浩一, 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 小林正貴. IgA腎症におけるT細胞レセプターVβ陽性細胞の関与についての検討. 第98回日本内科学会 2001.
  134. 鈴木裕道, 永瀬宗重, 王榮, 平山暁, 植田敦志, 菊池修一, 青柳一正, 小山哲夫, 菊池博. eNOS (endothelial nitric oxide synthase) 遺伝子 Glu298Asp 多型と末期腎不全の関連について. 第98回日本内科学会 2001.
  135. 平山暁, 永瀬宗重, 植田敦志, 室かおり, 楊景尭, 平山浩一, 山縣邦弘, 青柳一正, 小山哲夫, 後藤達宏, 赤血球膜過酸化脂質の増加を伴う腎性貧血における血清抗酸化能低下 -慢性貧血における過酸化脂質動態・第2報- 第98回日本内科学会 2001.
  136. 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 植田敦志, 森戸直記, 小原真美, 高田健治, 青柳一正, 小山哲夫. 腎炎モデルマウスにおける生体内レドックス状態の三次元電子スピン共鳴法による解析. 第44回日本腎臓学会学術総会
  137. 植田敦志, 永瀬宗重, 平山暁, 鈴木裕道, 高田健治, 小原真美, 青柳一正, 小山哲夫. In vivo ESR を用いたピュロマイシン腎症の腎局所での還元能低下とミトコンドリア障害の証明. 第44回日本腎臓学会学術総会 2001.
  138. 植田敦志, 永瀬宗重, 横山秀克, 多田美香, 平山暁, 小原真美, 高田健治, 小山哲夫, 大矢博昭, 鎌田仁, 腎臓における TEMPOL の還元機序の解明とピュロマイシン腎症のミトコンドリア障害の証明. 第23回磁気共鳴医学会・第5回 SFRR Japan 合同学会 2001.
  139. 室かおり, 山縣邦弘, 臼井丈一, 森戸直記, 平山暁, 楊景尭, 平山浩一, 青柳一正, 永瀬宗重, 小山哲夫, 小林正貴, 渡辺孝太郎. ループス腎炎における維持透析療法導入患者の年次推移. 第46回日本透析医学会学術集会・総会 2001.
  140. 植田敦志, 永瀬宗重, 平山暁, 高田健治, 小原真美, 青柳一正, 小山哲夫, 四本三佳, 大傷正二, 成田光陽, 長谷川雄一, 長澤俊郎. 腎性貧血に及ぼす過酸化の影響. 赤血球寿命と鉄の利用の検討 (中間成績). 腎性貧血研究会 2001.
  141. Hirayama A, Yoh K, Nagase S, Itoh k, Ueda A, Morito N, Obara M, Takada K, Aoyagi K, Takahasi S, Yamamoto Y, Koyma A. Application of in vivo electron paramagnetic resonance to the analysis of the redox status in glomerulonephritis model mice. XXX[ Congress of the Euorpean Renal Association-European Dialysis and Transpalnt Association 2001.
  142. Ueda A, Nagase S, Hirayama A, Aoyagi K, Koyama A, Yokoyama H, Ohya H, Kamada H. Demonstration of the decreased mitochondrial reducing activity in puromycin aminonucleoside nephrosis using and electron spin resonance technique. XXX[ Congress of the Euorpean Renal Association-European Dialysis and Transpalnt Association 2001.
  143. Ueda A, Yokoyama H, Nagase S, Hirayama A, Takada K, Obara M, Koyama A, Ohya H, Kamada H. In vivo Temporal ESA Imaging for Estimating the Half-life of a Nitroxide Radical in the Renal Parenchyma and Pelvis in Rats. Joint Symposium on Bio-Sensing and Bio-Imaging/Pre-Symposium of Internationl Congress of Analytical Science 2001.
  144. Ueda A, Nagase S, Hirayama A, Yokoyama H, Tada M, Ohya H, Kamada H, Obara M, Takada K, Oteki T, Aoyagi K, Koyama A. In vivo ESR spectroscopy with surface coil-typeresonator : A useful tool for the evaluation of redox state in various organs. 6th International Meeting on Guanidino Compounds in Biology & Medicine 2001.
  145. Nagase S, Suzuki H, Wang Y, Kikuchi S, Hirayama A, Ueda A, Takada K, Oteki T, Obara M, Aoyagi K, Koyama A. Association of ecNOS Gene Polymorphisms with End Stage Renal Diseases. 6th International Meeting on Guanidino Compounds in Biology & Medicine 2001.
  146. Hirayama A, Nagase S, Ueda A, Yoh K, Oteki T, Obara M, Takada K, Aoyagi K, Shimozawa Y, Koyama A. Electron paramagnetic resonance imaging of nitric oxide organ distribution in lipopolysuccaride treated mice. 6th International Meeting on Guanidino Compounds in Biology & Medicine 2001.
  147. Aoyagi K, Kuzure Y, Sharzad S, Ueda A, Ngase S, Hirayama A. Inhibition by heparin of protein kinase C activation and hydroxyl radical generation in puromycin aminonucleoside treated isolated rat hepatocytes. 6th International Meeting on Guanidino Compounds in Biology & Medicine 2001.
  148. 増田和実, 田辺解, 平山暁, 永瀬宗重, 久野譜也. 異なる骨格筋における活性酸素消去活性の比較-電子スピン共鳴法の応用の可能性. 第56回日本体力医学会 2001.
  149. 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 伊藤健, 植田敦志, 森戸直記, 樗木隆聡, 小原真美, 高田健治, 青柳一正,高橋智, 山本雅之, 小山哲夫. 抗酸化応答配列関連転写因子:Nrf2の遺伝子欠損マウスにおけるレドックス状態の in vivo ESR による解析と画像化. 第13回腎とフリーラジカル研究会 2001.
  150. 加藤徳之, 谷中清之, 永瀬宗重, 平山暁, 兵頭明夫, 松村明, 能勢忠男. ラット脳虚血再灌流モデルにおけるTempol の脳保護効果. 第13回日本脳循環代謝学会総会 2001.
  151. 加藤徳之, 谷中清之, 永瀬宗重, 平山暁, 能勢忠男. ラット脳虚血再灌流モデルにおけるEPCK-1 の脳保護効果. 第13回日本脳循環代謝学会総会 2001.
  152. Nagase S, Hirayama A, Ueda A, Takada K, Suzuki H, Hirayama K, Shimozwa Y, Koyama A. Light-shielded hemodialysis prevents lipid peroxidation and hypotension by inhibiting nitric oxide production. ASN/ISN world congress of nephrology 2001.
  153. 荒川洋, 平山暁, 平山浩一, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 多留賀功, 石津隆, 佐野元昭, 宮崎三弘, 大越敦夫, 庄司進一, 長田道夫, 小山哲夫. 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー (CIDP) を合併したネフローゼ症候群の1例. 第31回日本腎臓学会東部学術大会 2001.
  154. 樗木隆聡, 室かおり, 楊景尭, 永瀬宗重, 小島寛, 長澤俊郎, 長田道夫, 森戸直記, 清水芳男, 植田敦志, 高野勝久. IPA(idiopathic plasmacytic lymphoadenopathy)に急速進行性糸球体腎炎を合併した症例. 第31回日本腎臓学会東部学術大会 2001.
  155. 永瀬宗重, 平山暁 植田敦志, 高田健治, 樗木隆聡, 小原真美, 下澤由香里, 小山哲夫. 遮光血液透析は過酸化脂質と一酸化窒素の産生を抑制し, 透析低血圧を抑制する. 第2回腎不全病態治療研究会 2001.
  156. 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 植田敦志, 伊藤健, 山本雅之, 高橋智, 青柳一正, 小山哲夫. 抗酸化応答関連転写因子 Nrf2 欠損マウスの自己免疫病変発症過程における生体内組織還元力低下 ?in vivo ESR による解析-. 第16回生体フリーラジカル研究会 2001.
  157. 永瀬宗重, 平山暁, 植田敦志, 高田健治, 樗木隆聡, 小原真美, 下澤由香里, 小山哲夫. 光遮断血液回路とダイアライザーを用いた血液透析における一酸化窒素産生と脂質過酸化の抑制効果について. 第16回生体フリーラジカル研究会 2001.
  158. 海老原至, 臼井丈一, 平山暁, 室かおり, 平山浩一, 山縣邦弘, 青柳一正, 永瀬宗重, 小山哲夫. 妊娠を契機に尿蛋白増加を来した IgA 腎症の3症例. 第10回腎と妊娠研究会 2000.
  159. Hirayama A, Gotoh M, Nagase S, Ueda A, Aoyagi K, Terao J, Koyama A. Oxidative stress is a cause of rHuEPO resistant renal anemia. 8th Asian Pacific Congress of Nephrology 2000.
  160. Suzuki H, Ngase S, Kikuchi S, Wang Y, Koyam A. A missence Glu 298 Asp mutation of the endotherial nitric oxide synthase gene is significantly associated with end stage renal disease. 8th Asian Pacific Congress of Nephrology 2000.
  161. Takemura K, Nagase S, Ueda A. Serum antioxidant activity involves increased NO generation in hemodialysis patients. 8th Asian Pacific Congress of Nephrology 2000.
  162. 山縣邦弘, 錦健太, 萩原正大, 平山暁, 室かおり, 平山浩一, 青柳一正, 永瀬宗重, 小山哲夫, 富田知栄. 巣状糸球体硬化症患者腎組織のミトコンドリア遺伝子異常の検討. 第97回日本内科学会 2000.
  163. 平山浩一, 海老原至, 清水芳男, 多留賀功, 室かおり, 楊景尭, 山縣邦弘, 青柳一正, 永瀬宗重, 小山哲夫. IgA腎症症例におけるT型/U型ヘルパーT細胞のバランスに関する検討. 第97回日本内科学会 2000.
  164. 平山暁, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. Noronha-Dutra A.A, Gordge M.P, Neild G.H, Hothersall J.S. グアニジノ化合物による好中球スーパーオキサイド産生抑制機序に関する検討. 第43回日本腎臓学会学術総会2000.
  165. 植田敦志, 永瀬宗重, 平山暁, 小山哲夫, 長谷川雄一, 長澤俊郎, 森戸直記, 四本三佳, 大傷正二, 成田光陽. エリスロポイエチン(rhuEPO)必要量の多い血液透析患者は鉄の利用障害が認められる. 第43回日本腎臓学会学術総会 2000.
  166. 平山暁, 永瀬宗重, 山本聡, 萩原正大, 室かおり, 楊景尭, 平山浩一, 山縣邦弘, 青柳一正, 小山哲夫, 後藤達宏. 血清抗酸化能の低下がエリスロポイエチン抵抗性腎性貧血に関与する. 第28回茨城腎研究会2000.
  167. 萩原正大, 山縣邦弘, 樗木隆聡, 室かおり, 平山暁, 岩渕聡, 富田知栄, 楊景尭, 鈴木裕道, 石津隆, 平山浩一, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 糖尿病性腎症の透析導入時の臨床所見と予後の検討. 第34回茨城人工透析談話会 2000.
  168. 平山暁, 永瀬宗重, 後藤達宏, 寺尾純二, 植田敦志, 富田知栄, 室かおり, 平山浩一, 山縣邦弘, 青柳一正, 小山哲夫. RHuEPO 抵抗性腎性貧血における赤血球膜過酸化脂質の増加と血清ヒドロキシラジカル消去能の低下. 第45回日本透析医学会学術集会・総会 2000.
  169. 植田敦志, 永瀬宗重, 小山哲夫, 四本三佳, 森戸直記, 佐藤寿加, 大傷正二, 成田光陽. 低分子ヘパリン(フラグミン)によりアナフィラキシー反応を来した透析患者の1例. 第45回日本透析医学会学術集会・総会 2000.
  170. 臼井丈一, 山縣邦弘, 甲斐平康, 萩原正大, 海老原至, 室かおり, 平山暁, 富田知栄, 平山浩一, 後藤達宏, 永瀬宗重, 菊池博, 小林正貴, 小山哲夫. 成人IgA腎症透析導入例の予後の検討. 第45回日本透析医学会学術集会・総会 2000.
  171. 竹村克己, 大傷正二, 菊池博, 後藤達宏, 石津隆, 永瀬宗重, 小山哲夫. 透析患者の動脈硬化の進行には酸化 LDL 生成に対する血清の防御機構の低下が関与している. 第45回日本透析医学会学術集会・総会 2000.
  172. 山田俊彦, 北島美都留, 田中雅巳, 丘天祥, 大和田一博, 大薗英一, 永瀬宗重, 栗原怜, 松崎光子, 米島秀夫. 透析時低血圧に対する処置後循環血液量の変動について. 第45回日本透析医学会学術集会・総会 2000.
  173. 植田敦志, 永瀬宗重, 横山秀克, 多田美香, 平山暁, 青柳一正, 小山哲夫, 大矢博昭, 鎌田仁. In vivo ESR 法によるピュロマイシン腎症の腎局所還元能低下の証明. 第22回磁気共鳴医学会,第4回 SFRR Japan 合同学会 2000.
  174. Takemura K, Nagase S, Hirayma A, Suzuki H, Koyama A, Ohba S, Kikuchi H, Gotoh M, Ishizu T. Low plasma antioxidant activity decreases eryuthropoietin response in haemodialysis patient. 37th Congress of the European Renal Association, European Dialysis and Transplant Association 2000.
  175. Ueda A, Nagase S, Hirayam A, Takemura K, Suzuki H, Aoyagi K, Koyama A, Yokoyama H, Tada M, Ohya H, Kamada H. Decreased reduction acivity of rat kidney in puromycin aminonucleoside nephrosis proved by in vivo electron spin resonance. 37th Congress of the European Renal Association, European Dialysis and Transplant Association 2000.
  176. Ueda A, Nagase S, Hirayama A, Morito N, Hasegawa Y, Suzuki H, Takemura K, Aoyagi K, Koyama A. Iron utilization is disturbed but erythrocyte life span is not shortened in erythropoietin resistant renal anaemia. 37th Congress of the European Renal Association, European Dialysis and Transplant Association 2000.
  177. 平山暁, 永瀬宗重, 後藤達宏, 植田敦志, 青柳一正, 小山哲夫. 血清抗酸化能の低下を伴うrHuEPO抵抗性腎性貧血に関する検討 -赤血球膜過酸化脂質の増加と血清ヒドロキシラジカル消去能の低下- 第12回腎とフリーラジカル研究会 2000.
  178. Hirayama A, Nagase S, Gotoh M, Ueda A, Suzuki H, Aoyagi K, Koyama A. Reduced serum hydroxyl radical scavenging activity in rHuEPO resistant anemia. 33rd Annual Meeting of American Society of Nephrology 2000.
  179. Ueda A, Nagase S, Yokoyama H, Tada M, Hirayam A, Suzuki H, Aoyagi K, Koyama A, Ohya H, Kamada H. Decreased reduction acivity of rat kidney in puromycin aminonucleoside nephrosis proved by in vivo ESR. 10th biennial meeting of the Society of Free Radical Reserch International 2000.
  180. Ueda A, Nagase S, Yokoyama H, Tada M, Noda H, Hirayam A, Aoyagi K, Koyama A, Ohya H, Kamada H. The reduction acivity of TEMPOL in the kidney and liver. International Symposium on in vivo ESR spectroscopy 2000.
  181. 臼井丈一, 長田道夫, 渡辺照男, 吉田健太郎, 海老原至, 室かおり, 平山暁, 平山浩一, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 悪性腎硬化症を合併したSLEの1例. 第30回日本腎臓学会東部学術大会 2000.
  182. 山本聡, 錦健太, 平山暁, 楊景尭, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 井上崇, 小島寛, 長澤俊郎. 同種骨髄移植後に溶血性尿毒症症候群を発症した1例. 第30回日本腎臓学会東部学術大会 2000.
  183. 小原真美, 室かおり, 楊景尭, 平山浩一, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 石津隆, 多留賀功. サイコイドーシスの経過中にMPO-ANCA関連急速進行性糸球体腎炎を合併した1例. 第30回日本腎臓学会東部学術大会 2000.
  184. 平山暁, 永瀬宗重, 後藤達宏, 植田敦志, 青柳一正, 小山哲夫. 血清ヒドロキシラジカル消去能の低下を伴う高度腎性貧血に関する検討 -透析患者への経静脈的鉄剤投与は安全か- 第15回生体フリーラジカル研究会 2000.
  185. 平山暁, 後藤達宏, 永瀬宗重, 植田敦志, 青柳一正, 小山哲夫, 寺尾純二, 腎性貧血における過酸化脂質動態 -エリスロポエチン必要量と血清・赤血球膜脂質過酸化物の関連-. 第96回日本内科学会総会 1999.
  186. Hirayama A, Gotoh M, Nagase S, Takemura K, Ueda A, Nishiki K, Aoyagi K, Terao J, Koyama A. Increasing erythrocyte membrane lipid peroxidation in severe renal anemia and reduction of serum cholesteryl ester hydroperoxide by erythropoietin therapy. 15th International Congress of Nephrology 1999.
  187. Muro K, Kobyashi M, Kikuchi S, Yamagata K, Yamaguchi N, Nagase S, Aoygi K, Koyama A. Low-dose and Long-term Cyclosporine Therapy for Frequently Relapsing and Steroid-Resistant Nephrotic Syndrome. 15th International Congress of Nephrology 1999.
  188. Suzuki H, Kikuchi S, Hirayama K, Nagase S, Koyama A, Wang Y. Endothelial Nitric Oxide Synthase Gene Polymorphism Affects on the Progression of Non-diabetic Endstage Renal Disease. 15th International Congress of Nephrology 1999.
  189. 永瀬宗重, 平山暁, 後藤達宏, 植田敦志, 錦健太, 鈴木裕道, 青柳一正, 小山哲夫, 増水章季, 河野雅弘. 血液透析患者血清の抗酸化能の電子スピン共鳴を用いた評価の試み. 第21回磁気共鳴医学界 1999.
  190. 錦健太, 桂行孝, 萩原正大, 山本聡, 海老原至, 室かおり, 平山浩一, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. Polycystic Kidney and Liver Disease の1例. 第26回茨城腎研究会 1999.
  191. 萩原正大, 山本聡, 海老原至, 錦健太, 室かおり, 平山浩一, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 急速進行性糸球体腎炎により維持透析導入となった患者の予後の検討. 第33回茨城人工透析談話会 1999.
  192. 平山暁, 後藤達宏, 永瀬宗重, 寺尾純二, 植田敦志, 錦健太, 青柳一正, 小山哲夫. 高用量エリスロポエチン治療群における血清 Cholesteryl Ester Hydroperoxide の低下. 第42回日本腎臓学会総会 1999.
  193. 室かおり, 小林正貴, 山口直人, 海老原至, 森戸直記, 清水芳男, 平山浩一, 菊池修一, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 腎不全を呈する良性腎硬化症の臨床病理学的検討. 第44回日本透析医学会総会 1999.
  194. 青柳一正, 崩優, S.Shahrzad, 富田知栄, 佐藤真貴子, 永瀬宗重, 平山暁, 小山哲夫, 竹村克己, 成田光陽. ピュ―ロマイシンアミノヌクレオサイドによる Protein Kinasa C の活性化とヘパリンによるその阻害 : ハイドロキシラジカルと Protein Kinasa C 活性化の関連の証拠. 第11回腎とフリーラジカル研究会 1999.
  195. Nishiki K, Nagase S, Hirayama A, Gotoh M, Takemura K, Aoyagi K, Suzuki H, Terao J, Koyama A. Erythrocyte membrane lipid peroxidation is increased in severe renal anemic patients and serum cholesteryl ester hyroperoxide is reduced by erythropoietin administration. 36th Annual Meeting of ERA EDTA 1999.
  196. Wang Y, Suzuki H, Kikuchi S, Nagase S, Korma A. Endothelial Nitric Oxide Synthase (eNOS) Gene Polymorphism in Intron 4 Is Associated With Non-diabetic End Stage Renal Diseases But Not in Diabetics. 36th Annual Meeting of ERA EDTA 1999.
  197. 鈴木裕道, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 富田知栄, 錦健太, 青柳一正 小山哲夫. eNOS 遺伝子Glu298Asp 多型と末期腎不全との関連について. 第21回グアニジノ化合物研究会 1999.
  198. 植田敦志, 鈴木裕道, 永瀬宗重, 小山哲夫. eNOS 遺伝子イントロン4VNTR多型と末期腎不全との関連について. 第21回グアニジノ化合物研究会 1999.
  199. 植田敦志, 四本三佳, 森戸直記, 佐藤寿加, 大傷正二, 成田光陽, 室かおり, 永瀬宗重, 小山哲夫, 急速進行性糸球体腎炎(RPGN)を呈した溶連菌感染後急性糸球体腎炎 (PSAGN) の2症例. 第29回日本腎臓学会東部学術大会 1999.
  200. 萩原正大, 清水芳男, 室かおり, 平山浩一, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 長田道夫, 宮崎三弘. C-ANCA陽性の血管炎に伴う急速進行性糸球体腎炎の1例. 第29回日本腎臓学会東部学術大会 1999.
  201. 錦健太, 室かおり, 平山浩一, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 中原千恵子, 渡辺照男, 山口直人. 胸膜炎より発症し原病の確定診断が困難であった Thrombotic thrombocytopenic purpura (TTP) の1例. 第29回日本腎臓学会東部学術大会 1999.
  202. 海老原至, 楊景尭, 多留賀功, 室かおり, 平山浩一, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 飯塚正, 高野勝久. Selective IgM deficiency を呈したループス腎炎の3症例. 第29回日本腎臓学会東部学術大会 1999.
  203. 桂行孝, 錦健太, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 岩渕聡, 石田裕, 日比野敏子, 佐野元昭. 巨大多発性肝嚢胞合併により強度の腹部膨満を呈した多発性嚢胞腎の1例. 第29回日本腎臓学会東部学術大会 1999.
  204. 山本聡, 室かおり, 平山浩一, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 玉川優奈, 長澤俊郎, 平山暁, 石津隆. 急性腎不全を呈した若年性多発性骨髄腫の1例. 第29回日本腎臓学会東部学術大会 1999.
  205. 臼井丈一, 宇野希世子, 竹村克己, 小林正貴, 山口直人, 永瀬宗重, 小山哲夫. 原発性副甲状腺機能亢進症に合併した膜性腎症の一例. 第29回日本腎臓学会東部学術大会 1999.
  206. Suzuki H, Nagase S, Kikuchi S, Wang Y, Koyama A. Glu298Asp Mutation of the Endothelial Nitric Oxide Synthase Gene Is a Genetic Risk Facter for End Stage Renal Disease. 32 nd Annual meeting of American Society of Nephrology 1999.
  207. 植田敦志, 横山秀克, 大矢博昭, 鎌田仁, 多田美香, 永瀬宗重 平山暁, 青柳一正, 小山哲夫. 表面コイル型共振器を用いた腎障害モデルin vivo 計画. 第4回 in vivo ESR研究会 1999.
  208. 永瀬宗重. 腎と高血圧. 県南地区医師会学術講演会 1999.
  209. 永瀬宗重. 腎不全の最近の話題. 真壁郡市医師会講演会 1999.
  210. 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 後藤達宏, 錦健太, 鈴木裕道, 青柳一正, 小山哲夫, 増水章季, 河野雅弘. 血液透析患者血清の抗酸化能の電子スピン共鳴を用いた評価の試み. 第21回磁気共鳴医学会, 第3回SFRR Japan 合同学会 1999.
  211. 室かおり, 森戸直記, 植田敦志, 清水芳男, 多留賀功, 菊地修一, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 小林正貴. 良性腎硬化症患者における長期予後に関する検討. 第2回適応学会 1998.
  212. 永瀬宗重, 後藤達宏, 平山暁, 寺尾純二, 錦健太, 植田敦志, 竹村克己, 石津隆, 青柳一正, 小山哲夫. 高用量エリスルポイエチン使用維持透析患者における赤血球膜過酸化脂質の増加. 第11回腎と脂質研究会 1998.
  213. 山口直人, 室かおり, 菊池修一, 永瀬宗重, 小山哲夫, 斉藤正博, 久保武士, 小林正貴. 妊娠中毒症腎におけるテネイシンの発現−IgA腎炎合併妊娠症例との比較−. 第8回腎と妊娠研究会 1998.
  214. 室かおり, 山口直人, 清水芳男, 多留賀功, 菊池修一, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 小林正貴. 慢性関節リウマチ(RA)の腎病変. 第95回日本内科学会講演会 1998.
  215. 竹村克己, 森戸直記, 一戸彰, 永瀬宗重, 青柳一正, 鈴木裕道, 室かおり, 菊池修一, 山口直人, 小山哲夫. NO合成酵素に依存しないNOの産生 U. 透析患者のNO過剰産生にはたす役割. 第95回日本内科学会講演会 1998.
  216. 青柳一正, 植田敦志, 富田知栄, 永瀬宗重, 竹村克己, 小山哲夫, 大傷正二, 成田光陽. 新しい血管拡張性物質グアニジノコハク酸のNOとアルギニン前駆体からの産生. 第41回日本腎臓学会学術総会 1998.
  217. 永瀬宗重, 竹村克己, 植田敦志, 平山暁, 後藤達宏, 青柳一正, 錦健太, 多留賀功, 佐藤寿加, 小山哲夫. 非NOS依存性NO産生 part I -過酸化水素の重要性と前駆体の検討-. 第41回日本腎臓学会学術総会 1998.
  218. 竹村克己, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 青柳一正, 四本三佳, 海老原至, 森戸直記, 鈴木裕道, 小山哲夫. 非NOS依存性NO産生 part II -透析患者のNO過剰産生における役割-. 第41回日本腎臓学会学術総会 1998.
  219. 平山暁, Hothersall JS, Gordge MP, Noronha-Dutra AA, Neild GH, 永瀬宗重, 植田敦志, 後藤達宏, 竹村克己, 青柳一正, 小山哲夫. 好中球血小板相互反応におけるNOの関与 ?ONOO−によるポジティブフィードバック・メカニズム-. 第41回日本腎臓学会学術総会 1998.
  220. 森戸直記, 楊景尭, 植田敦志, 多留賀功, 錦健太, 室かおり, 菊池修一, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 岡崎真美, 瀬尾由広, 渡辺重行, 山口巌. 拡張型心筋症様心不全を呈したmicroscopic PNの1例. 第22回茨城腎研究会 1998.
  221. 清水芳男, 錦健太, 森戸直記, 室かおり, 菊池修一, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 斎田幸久, 小林正貴. 腎摘後,対側腎に発生した腎血管性高血圧に対し,経皮経管腎血管形成術(PTA )を施行した1例. 第16回茨城県高血圧研究会 1998.
  222. Iitsuka T, Ohba S, Narita M, Gotoh M, Takemura K, Nagase S, Koyama A. Role of Helicobacter pylori in gastric mucosal atrophy in haemodialysis patients. 35th Congress of the European Dialysis and Transplant Association, European Renal Association 1998.
  223. Takemura K, Nagase S, Ueda A, Hirayama A, Gotoh M, Aoyagi K, Iitsuka T, Koyama A. A possible role of increased NO generation in hemodialysis patients. 35th Congress of the European Dialysis and Transplant Association, European Renal Association 1998.
  224. Gotoh M, Nagase S, Hirayama A, Terao J, Ueda A, Takemura K, Iitsuka T, Ishizu T, Aoyagi K, Koyama A. Increased lipid peroxidation of erythrocyte membrane is a deteriolative factor of anaemia in haemodialysis patients. 35th Congress of the European Dialysis and Transplant Association, European Renal Association 1998.
  225. 青柳一正, 秋山佳代, 山口直人, 富田知栄, Shahrzad S, 植田敦志, 平山暁, 竹村克己, 永瀬宗重, 小山哲夫, 大傷正二, 成田光陽. STZラットにおけるハイドロキシルラジカル産生増加とその経時変化: クレアトールとメチルグアニジンの尿中排泄量による検討. 第10回腎とフリーラジカル研究会 1998.
  226. Hirayama A, Hothersall JS, Noronha Dutra AA, Gordge MP, Neild GH, Nagase S, Aoyagi K, Koyama A. Mechanism of inhibition by guanidino compounds on neutrophil superoxide production. 5th International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1998.
  227. Tomida C, Aoyagi K, Nagase S, Gotoh M, Sato M, Hirayama A, Ueda A, Ienaga K, Nakamura K, Koyama A. Evaluation of serum creatol in hemodialysis patients. 5th International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1998.
  228. Nagase S, Takemura K, Ueda A, Hirayama A, Nishiki K, Aoyagi K, Koyama A. Non-enzymatic generation of nitric oxide and an unreliability of its measurement by Griess reaction or electrochemical method. 5th International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1998.
  229. Takemura K, Nagase S, Ueda A, Hirayama A, Gotoh M, Nishiki K, Aoyagi K, Iitsuka T, Koyama A. Involvement of non-enzymatic NO generation pathway in hemodialysis patients. 5th International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1998.
  230. Aoyagi K, Akiyama K, Tomida C, Hirayama A, Nagase S, Takemura K, Koyama A. Nitric oxide derived free radicals form guanidinosuccinic acid, a stable nitric oxide mimic, from argininosuccinicacid. 5th International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1998.
  231. Aoyagi K, Tomida C, Ueda A, Nagase S, Gotoh M, Hirayama A, Takemura K, Koyama A, Narita M. Real time imagin of hydroperoxides in an isolated glomerulus stimulated by puromycin aminonucleoside in vivo and in vitro. International sympousium on lipid and renal disease 1998.
  232. Aoyagi K, Shahrzad S, Akiyama K, Tomida C, Hirayama A, Nagase S, Takemura K, Koyama A, Ohba S, Narita M. Nitric oxide derived hydroxyl radicals form guanidinosuccinic acid, a stable nitric oxide mimic, from argininosuccinic acid: a possible feed back mechanism of NO synthesis. Scientific sympousium United Kingdom -Japan festival "Regulation of antioxidant systems in oxidative stress"1998.
  233. Aoyagi K, Shahrzad S, Tomida C, Akiyama K, Ueda A, Nagase S, Gotho M, Hirayama A, Koyama A, Narita M. Puromycin aminonucleoside stimulates hydroperoxides generation in an isolated rat glomerulus in vivo and in vitro: demonstration by real time imaging. Scientific sympousium United Kingdom -Japan festival "Regulation of antioxidant systems in oxidative stress"1998.
  234. Kikuchi S, Kobayashi K, Kondo M, Hirayama K, Muro K, Yamaguchi N, Kobayashi M, Nagase S, Aoyagi K, Hamaguchi H, Koyama A. Association of mutation in alpha subunit of IL-4 receptor (Gln 576-Arg) with IgA nephropathy. 31st Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1998.
  235. Hirayama A, Gotoh M, Nagase S, Terao J, Ueda A, Takemura K, Nishiki K, Iitsuka T, Aoyagi K, Koyama A. Increased erythrocyte lipid peroxidation in severe renal anemia and erythropoietin administration may decrease serum cholesterylester hydroperoxide. 31st Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1998.
  236. 永瀬宗重, 後藤達宏, 平山暁, 錦健太, 植田敦志, 青柳一正, 小山哲夫, 竹村克己, 寺尾純二. エリスロポイエチンの必要量の多い血液透析患者では赤血球膜過酸化脂質が増加している. 第7回腎とエリスロポイエチン研究会 1998.
  237. 菊池修一, 臼井丈一, 鈴木裕道, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 斉藤正博, 久保武士, 長田道夫, 渡辺輝男, 石田裕. ネフローゼレベルの蛋白尿を呈しながら正期産が可能であった IgA 腎症の1症例. 第28回日本腎臓学会東部学術大会 1998.
  238. 樗木隆聡, 海老原至, 竹村克己, 一戸彰, 山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重, 小山哲夫. MRSA感染後腎炎を発症した3症例の臨床組織学的検討. 第28回日本腎臓学会東部学術大会 1998.
  239. 清水芳男, 長瀬啓介, 船山康則, 山本聡, 上遠野賢之助, 鶴嶋陽子, 多留賀功, 日比野敏子, 菊池博, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 温泉旅行後に発症した透析患者のレジオネラ症の1例. 第28回日本腎臓学会東部学術大会 1998.
  240. 海老原至, 室かおり, 石津隆, 高野勝久, 永瀬宗重, 長田道夫, 渡辺照男, 中原千恵子, 小林正貴, 石田裕, 小山哲夫. 進行性腎機能低下を呈した膜性腎症の1例 : serial biopsy所見からの考察. 第28回日本腎臓学会東部学術大会 1998.
  241. 青柳一正, 富田知栄, Shahrad S, 植田敦志, 永瀬宗重, 平山 暁. 竹村克己, 後藤達宏, 小山哲夫. 低分子ヘパリンはハイドロキシルラジカル産生に対し未分画ヘパリンと逆の作用を有する. 第19回尿毒症病態研究会 1998.
  242. 永瀬宗重, 後藤達宏, 寺尾純二, 平山暁, 青柳一正, 小山哲夫. 腎性貧血におよぼす過酸化傾向の影響. 腎性貧血研究会公募研究報告会1998.
  243. 山本聡, 植田敦志, 清水芳男, 多留賀功, 室かおり, 菊池修一, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. Basedow病治療経過中に発症したMPO-ANCA関連腎炎の1例. 第154回茨城県内科集談会 1998.
  244. 永瀬宗重. 腎と高血圧. 取手医師会学術講演会 1998.
  245. 青柳一正, 秋山佳代, 山口直人, 富田知栄, Shahrzad S, 植田敦志, 平山暁, 竹村克己, 永瀬宗重, 小山哲夫, 大場正二, 成田光陽. STZラットにおけるハイドロキシルラジカル産生増加とその経時変化: クレアトールとメチルグアニジンの尿中排泄量による検討. 第10回腎とフリーラジカル研究会 1998.
  246. 室かおり, 小林正貴, 楊景尭, 多留賀功, 錦健太, 鈴木裕道, 菊池修一, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. スーパー抗原関連腎炎における各種リンパ球サブセットの検討. 第94回日本内科学会講演会 1997
  247. Aoyagi K, Nagase S, Akiyama K, Tomida C, Ueda A, Takemura K, Koyama A. A possible mechanism of toxicity of indoxyl sulfate: free radical hypothesis. 3rd International Symposium on Uremic Toxicity 1997.
  248. Nagase S, Aoyagi K, Hirayama A, Ueda A, Takemura K, Tomida C, Koyama A. Decreased serum antioxidant activity in hemodialysis patients demonstrated by electron spin resonance and microsomal lipid peroxidation. 3rd International Symposium on Uremic Toxicity 1997.
  249. Tomida C, Aoyagi K, Nagase S, Gotoh M, Sato M, Hirayama A, Ueda A, Koyama A. Evaluation of serum creatol, a precursor of methylguanidine as a marker of reactive oxygen generation in hemodialysis patients. 3rd International Symposium on Uremic Toxicity 1997.
  250. Takemura K, Ueda A, Nagase S, Aoyagi K, Hirayama A, Koyama A. Nitric oxide metabolites production is increased in hemodialysis patients measured by Griess reaction. 3rd International Symposium on Uremic Toxicity 1997.
  251. 中島基雄, 青柳一正, 内田克紀, 赤座英之, 永瀬宗重, 小山哲夫, 小磯譲吉. ルシフェラーゼを用いた  尿中ATP分解活性は新規薬剤腎障害のマーカーとなるか : 正常値の設定. 第40回日本腎臓学会総会 1997.
  252. 青柳一正, 中島基雄, 内田克紀, 赤座英之, 永瀬宗重, 小山哲夫, 小磯譲吉.ルシフェラーゼを用いた尿中ATP及びATP分解活性は新規薬剤腎症障害のマーカーとなるか : 制ガン剤での検討 第40回日本腎臓学会総会 1997
  253. 小泉智三, 池澤和人, 佐藤寿加, 飯塚正, 大傷正二, 成田光陽, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 慢性腎不全での胃内尿素代謝と胃ヘリコバクターピロリー感染 第40回日本腎臓学会総会 1997
  254.  菊地修一, 永瀬宗重, 山口直人, 小林正貴, 青柳一正, 小山哲夫. 血管内皮型一酸化窒素合成酵素(eNOS)遺伝子多型とIgA腎症の予後との関係. 第40回日本腎臓学会総会 1997.
  255. 飯塚正, 池澤和人, 佐藤寿加, 小泉智三, 大傷正二, 成田光陽, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 慢性腎不全での腎内尿素代謝と胃ヘリコバクターピロリ感染. 第40回日本腎臓学会学術総会 1997.
  256. Aoyagi K, Kuzure Y, Nagase S, Akiyama K, Koyama A. Rapid activation of protein kinase C of kidney and abnormal reactive oxygen generation by puromycin aminonucleoside in rats. 14th International Congress of Nephrology 1997.
  257. Aoyagi K, Nagase S, Narita M, Koyama A, Ienaga K. Effect of NZ-419, a novel intrinsic antioxidant, on hydroxyl radical mediated synthesis of creatinine metabolites. 14th International Congress of Nephrology 1997.
  258. 山口直人, 小林正貴, 室かおり, 岩渕聡, 多留賀功, 楊景尭, 植田敦志, 清水芳男, 菊池修一, 青柳一正, 永瀬宗重, 須藤優子, 柳川加代子, 小山哲夫. 急速進行性腎炎の病態 : 学会演題抄録の解析と当科症例. 第22回茨城腎研究会 1997
  259. 清水芳男, 小林正貴, 室かおり, 菊地修一, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 末期腎不全に至った良性腎硬化症に関する検討. 第14回茨城県高血圧研究会 1997
  260. 清水芳男, 榎本真実, 室かおり, 菊地修一, 山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 富永達郎, 中原朗. Watermelon stomach によるエリスロポイエチン不応性貧血の1例. 第31回茨城人工透析談話会 1997
  261. 清水芳男, 玉川優奈, 室かおり, 植田敦志, 菊地修一, 山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. Myeloma kidney に合併したアロプリノールによると思われる薬剤性腎障害の1例. 第151回茨城内科集談会 1997.
  262. 甲斐平康, 清水芳男, 植田敦志, 菊地修一, 山口直人,永瀬宗重, 青柳一正, 小林正貴, 小山哲夫. 補体低下腎機能低下なく,尿蛋白のみが治療抵抗性に遷延するループス腎炎の1例. 第151回茨城内科集談会 1997.
  263. 山口直人, 小林正貴, 室かおり, 菊地修一, 永瀬宗重, 小山哲夫. 本邦における急速進行性腎炎症候群(RPGN)の病像について. 第19回腎臓セミナー 1997.
  264. 青柳一正, 崩優, 秋山佳代, 富田知栄, 後藤達宏, 竹村克己, 植田敦志, 永瀬宗重, 小山哲夫, 成田光陽. Puromycin minonucleoside によるラット腎の迅速な Protein kinase C の活性化と活性酸素 : 45分で障害は決定する. 第3回分子腎臓研究会 1997.
  265. 永瀬宗重, 植田敦志, 竹村克己, 青柳一正, 平山暁, 小山哲夫. D, L-arginineからの非NOS依存性NO産生とNO検出におけるGriess法と電極法の信頼性の限界. 第9回腎とフリーラジカル研究会 1997.
  266. 竹村克己, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 青柳一正, 小山哲夫. 血液透析患者のNO産生増加に非NOS依存性NO産生系に対する血清の抑制効果の低下が関与する. 第9回腎とフリーラジカル研究会 1997.
  267. 青柳一正, 崩優, 秋山佳代, 富田知栄, 後藤達宏, 竹村克己, 植田敦志, 永瀬宗重, 小山哲夫, 成田光陽. Puromycin aminonucleosideによるラット腎の迅速なProtein kinase Cの活性化と活性酸素 : 45分で傷害は決定する. 第9回腎とフリーラジカル研究会 1997.
  268. Ueda A, Nagase S, Takemura K, Hirayama A, Aoyagi K, Kondoh M, Koyama A. Non-enzymatic synthesis of nitric oxide from D- or L-arginine by hydrogen peroxide and potential pitfalls of electrochemical and Griess methods for the detection of nitric oxide. 5th International Meeting on the Biology of Nitric Oxide 1997.
  269. Ueda A, Nagase S, Takemura K, Hirayama A, Aoyagi K, Koyama A. Non-enzymatic pathway for the generation of nitric oxide and poor reliability of the Griess reaction and electrochemical methods in the measurement of nitric oxide. 30th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1997.
  270. Takemura K, Nagase S, Ueda A, Aoyagi K, Suzuki H, Koyama A. Decreased serum effect of hemodialysis patients on nitric oxide generation in vitro, a possible cause of increased generation of nitric oxide in hemodialysis patients. 30th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1997.
  271. 青柳一正, 秋山佳代, 富田知栄, 植田敦志, 永瀬宗重, 竹村克己, 小山哲夫, 成田光陽. ステロイドホルモンによるメチルグアニジンの産生増加阻止. 第16回尿毒症病態研究会 1997.
  272. 竹村克己, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 青柳一正, 小山哲夫. 血液透析患者のNO産生増加に非NOS依存性NO産生系に対する血清の抑制効果の低下が関与する. 第16回尿毒症病態研究会 1997.
  273. 多留賀功, 四本三佳, 錦健太, 植田敦志, 室かおり, 山口直人, 青柳一正, 永瀬宗重, 小山哲夫, 長田道夫, 渡邊照男. 胃切除後持続性MRSA感染症の経過中にRPGNを呈した症例. 第27回日本腎臓学会東部学術大会 1997.
  274. 清水芳男, 山口直人, 近藤真, 森戸直記, 植田敦志, 菊池修一, 永瀬宗重, 小山哲夫, 下釜達朗, 渡邊照男, 斎田幸久. 片腎の腎血管性高血圧に対して経皮経管血管形成術(PTA)を施行した1例. 第27回日本腎臓学会東部学術大会 1997.
  275. 宮崎三弘, 清水芳男, 菊池修一, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. SLEとGitelman症候群の合併例. 第27回日本腎臓学会東部学術大会 1997.
  276. 鈴木裕道, 日比野敏子, 菊池博, 東條静夫, 平山 暁, 永瀬宗重, 小山哲夫. 腹腔内リンパ節・腸結核,および肺結核を発症した血液透析患者の1例. 第27回日本腎臓学会東部学術大会 1997.
  277. 菊池修一, 小林正貴, 岩渕聡, 楊景尭, 清水芳男, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 荒木眞裕, 原岡誠司, 渡邊照雄. CAPD療法中止後3年の経過でムコール感染症により死亡した硬化性腹膜炎の1症例. 第27回日本腎臓学会東部学術大会 1997.
  278. 永瀬宗重, 竹村克己, 植田敦志, 平山暁, 後藤達宏, 富田知栄, 青柳一正, 小山哲夫. 非NOS依存性NO産生 part I -in vitroでの検討-. 第18回グアニジニノ化合物研究会 1997.
  279. 竹村克己, 永瀬宗重, 植田敦志, 平山暁, 後藤達宏, 富田知栄, 青柳一正, 小山哲夫. 非NOS依存性NO産生 part II -透析患者血清の影響 -. 第18回グアニジニノ化合物研究会 1997.
  280. 平山暁, 永瀬宗重, 青柳一正, 竹村克己, 後藤達宏, 植田敦志, 小山哲夫, Dutra AA, Gordge MP, Neild GH, Hothersall JS. グアニジノこはく酸及びグアニジノプロピオン酸による好中球スーパーオキシド産生抑制は細胞内ATPの減少を伴う. 第18回グアニジニノ化合物研究会 1997.
  281. Takemura K, Ueda A, Nagase S, Hirayama A, Aoyagi K, Koyama A. Nitric oxide production is increased in hemodialysis patients. 29th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1996.
  282. Hirayama A, Ueda A, Nagase S, Gotoh M, Tomida C, Takemura K, Aoyagi K, Koyama A. Does hemodialysis therapy deteriorate peroxidative state in patients? 29th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1996.
  283. Takemura K, Ueda A, Nagase S, Aoyagi K, Hirayama A, Yoh K, Iitsuka T, Koyama A. Increased nitric oxide production in hemodialysis patients. 33rd Congress of the European Dialysis and Transplant Association, European Renal Association 1996.
  284. 永瀬宗重, 後藤達宏, 平山暁, 植田敦志, 菊池修一, 山口直人, 小林正貴, 青柳一正, 小山哲夫, 日比野敏子, 菊池博, 東條静夫. 透析患者の抗酸化能の低下について. 第20回茨城腎研究会 1996.
  285. 小林正貴, 室かおり, 佐藤寿加, 多留賀功, 清水芳男, 菊池修一, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 山縣邦弘. 腎不全に至った膜性糸球体腎炎について. 第20回茨城腎研究会 1996.
  286. 平山暁, 永瀬宗重, 竹村克己, 植田敦志, 後藤達宏, 富田知栄, 日比野敏子, 菊池博, 青柳一正, 小山哲夫. 維持血液透析患者における脂質過酸化傾向について. 第9回腎と脂質研究会 1996.
  287. 青柳一正, 崩優, 永瀬宗重, 富田知栄, 佐藤真貴子, 平山暁, 小山哲夫. われわれの発見したヘパリン分子の修飾による実質細胞の活性酸素産生に対する作用の逆転について. 第20回ヘパリン研究会 1996.
  288. 青柳一正, 崩優, 秋山桂代, 永瀬宗重, 富田知栄, 佐藤真貴子, 平山暁, 小山哲夫. われわれの発見したヘパリンによる実質細胞の活性酸素産生の抑制作用 : Protein kinase C の活性化との関連. 第20回ヘパリン研究会 1996.
  289. 平山暁, 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 富田知栄, 岩渕聡, 楊景尭, 室かおり, 菊池修一, 鈴木裕道,飯塚正, 山口直人, 小林正貴, 小山哲夫, 竹村克己, 植田敦志. 維持透析患者における脂質過酸化傾向. 第41回日本透析医学会総会 1996.
  290. 楊景尭, 飯塚正, 菊池修一, 清水芳男, 多留賀功, 室かおり, 岩渕聡, 吉田聡, 山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. Guillain-Barre syndromeに対する血液浄化療法の検討. 第41回日本透析医学会総会 1996.
  291. 植田敦志, 阿部純子, 竹村克己, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 腎不全患者のNOX動態に影響を与えるパラメーターの検討. 第41回日本透析医学会総会 1996.
  292. 竹村克己, 阿部純子, 植田敦志, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 透析患者のNOX産生は増加しているか. 第41回日本透析医学会総会 1996.
  293. 永瀬宗重, 青柳一正, 平山暁, 植田敦志, 後藤達宏, 富田知栄, 佐藤真貴子, 竹村克己, 日比野敏子, 小山哲夫. Uremic guanidino toxin産生におよぼすhepatic microsomal-450の役割について -in vivoでの検討-. 第39回日本腎臓学会総会1996.
  294. 小林正貴, 室かおり, 五十嵐雅哉, 飯塚正, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 山縣邦弘. 腎症における予後不良因子に関する臨床病理学的検討-. 第39回日本腎臓学会総会 1996.
  295. 竹村克己, 植田敦志, 平山暁, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 透析患者のNOX産生量の検討-. 第39回日本腎臓学会総会 1996.
  296. 村克己, 植田敦志, 平山暁, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 運動負荷による活性酸素, NOX, 尿細管酵素の動態. 第39回日本腎臓学会総会 1996.
  297. 室かおり, 小林正貴, 五十嵐雅哉, 岩渕 聡, 楊 景尭, 菊池修一, 飯塚正, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. IgA腎症の治療及び予後に関する臨床病理学的検討. 第39回日本腎臓学会総会 1996.
  298. 青柳一正, 永瀬宗重, 富田知栄, 平山暁, 佐藤真貴子, 小山哲夫, 竹村克己, 成田光陽, 中村耕, 家永和治. NZ-419の活性酸素消去作用 : ラット単離肝細胞によるuremic toxin産生抑制作用による検討. 第39回日本腎臓学会総会 1996.
  299. 植田敦志, 竹村克己, 平山暁, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 健常人腎不全患者におけるNOX動態の基礎的な検討. 第39回日本腎臓学会総会 1996.
  300. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 竹村克己, 後藤達宏, 植田敦志, 平山暁, 佐藤真貴子, 小山哲夫. 血管拡張作用を持つグアニジノコハク酸のアルギニン前駆体からのNOによる産生について. 第8回腎とフリーラジカル研究会 1996.
  301. 青柳一正, 永瀬宗重, 小山哲夫, 崩優. グアニジノ化合物から見た活性酸素と腎障害. ワークショップ(2) 第26回日本腎臓学会東部部会 1996.
  302. 楊景尭, 佐藤寿加, 平山暁, 植田敦志, 清水芳男, 小林正貴, 永瀬宗重, 小山哲夫. 肺癌術後にMRSA感染によるスーパー抗原関連腎炎を発症した1例. 第26回日本腎臓学会東部部会 1996.
  303. 多留賀功, 平山暁, 佐藤寿加, 植田敦志, 菊池修一, 山口直人, 永瀬宗重, 小山哲夫, 飯塚正. 急性腎皮質壊死後の妊娠にて生児を得た1例. 第26回日本腎臓学会東部部会 1996.
  304. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 竹村克己, 後藤達宏, 植田敦志, 平山暁, 佐藤真貴子, 小山哲夫. グアニジノコハク酸のアルギニン前駆体からのNOによる産生 : 新しい血管拡張機構の可能性. 第18回グアニジニノ化合物研究会 1996.
  305. 青柳一正, 崩優, 秋山佳代, 植田敦志, 永瀬宗重, 小山哲夫. NOによるアルギニン前駆体からの血管拡張性グアニジノ化合物の産生と血管のアルギニン産生酵素の動態. 第15回尿毒症病態研究会 1996.
  306. 竹村克己, 植田敦志, 永瀬宗重, 青柳一正,小山哲夫. NOX uremic toxin 仮説. 第15回尿毒症病態研究会 1996.
  307. 多留賀功, 室かおり, 菊池修一, 楊景尭, 岩渕聡, 山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 足立信也, 深尾立. 胃摘出術後にMRSA感染症を併発し急速進行性に腎不全にいたった1例. 第147回茨城県内科集談会 1996.
  308. 室かおり, 小林正貴, 飯塚正, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 当院におけるIgA腎症の長期予後に関する検討. 第147回茨城県内科集談会 1996.
  309. 室かおり, 小林正貴, 菊池修一, 飯塚正, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 腎硬化症患者の長期予後に関する検討. 第12回茨城県高血圧研究会 1996.
  310. Nagase S, Aoyagi K, Kikuchi H, Gotoh M, Hirayama A, Nagai Y, Tomida C, Iitsuka T, Hibino T, Takemura K, Koyama A. Decreased serum antioxidant activity in haemodialysis patients directly proved by electron spin resonance and favourable effect of haemodialysis. 32nd Congress of the European Dialysis and Transplant Association, European Renal Association 1995.
  311. Takemura K, Aoyagi K, Nagase S, Gotoh M, Hirayama A, Iitsuka T, Kikuchi H, Koyama A. Clofibrate (hypolipidemic agent) inhibits methylguanidine synthesis in peroxisomes. 32nd Congress of the European Dialysis and Transplant Association, European Renal Association 1995.
  312. Hirayama A, Nagase S, Gotoh M, Aoyagi K, Iitsuka T, Tomida C, Kikuchi H, Hibino T, Takemura K, Koyama A. Peroxidative state in the patients with end-stage renal failure indicated by the content of lipid peroxides in subcutaneous fat tissue. 32nd Congress of the European Dialysis and Transplant Association, European Renal Association 1995.
  313. Hirayama A, Nagase S, Gotoh M, Aoyagi K, Tomida C, Ueda A, Kikuchi H, Hibino T, Koyama A. Increased lipids peroxidation of fat tissue and decreased serum antioxidant activity in hemodialysis patients. 28th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1995.
  314. Aoyagi K, Sato M, Kuzure Y, Tomida C, Nagase S, Gotoh M, Koyama A. Protein kinase C (PKC) inhibitor and heparin prevent the puromycin aminonucleoside (PAN) stimulated reactive oxygen (ROS) generation : demonstration by a new method by creatol. 28th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1995.
  315. Nagase S, Aoyagi K, Gotoh M, Hirayama A, Tomida C, Iwabuchi S, Ueda A, Takemura K, Kikuchi H, Ishida H, Koyama A. Decreased serum antioxidant activity and increased lipid peroxidation of fat tissue in hemodialysis patients. 6th Asian Pacific Congress of Nephrology 1995.
  316. Iwabuchi S, Kobayashi M, Yamaguchi N, Hirayama K, Igarashi M, Iitsuka T, Takemura K, Yamagata K, Nagase S, Koyama A. Superantigen-related glomerulonephritis and vasculitis due to methicillin-resistant staphylococcus aureusinfection. 6th Asian Pacific Congress of Nephrology 1995.
  317. 永瀬宗重, 青柳一正, 平山暁, 富田知栄, 佐藤真貴子, 植田敦志, 後藤達宏, 小山哲夫. クレアチニンおよび脂質の過酸化の観点からみた腎不全の肝マイクロソームの活性に関する研究. 第38回日本腎臓学会総会 1995.
  318. 平山暁, 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 竹村克己, 富田知栄, 植田敦志, 佐藤真貴子, 小山哲夫. 血液透析患者血清中の過酸化脂質(phosphatidylcholine hydroperoxide)について. 第38回日本腎臓学会総会 1995.
  319. 富田知栄, 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 佐藤真貴子, 平山暁, 植田敦志, 小山哲夫, 山縣邦弘. 維持血液透析患者における活性酸素マーカーとしてのクレアトールの測定について. 第38回日本腎臓学会総会 1995.
  320. 竹村克己, 植田敦志, 青柳一正, 永瀬宗重, 平山暁, 小山哲夫. Peroxisomeにおけるmethylguanidine産生とclofibrateの影響について. 第38回日本腎臓学会総会 1995.
  321. 青柳一正, 永瀬宗重, 富田知栄, 佐藤真貴子, 後藤達宏, 平山暁, 植田敦志, 小山哲夫. Creatolによる実質細胞の活性酸素測定の有用性とpuromycin aminonucleoside (PAN) によるその増加. 第38回日本腎臓学会総会 1995.
  322. 柳一正, 佐藤真貴子, 永瀬宗重, 富田知栄, 後藤達宏, 平山暁, 植田敦志, 小山哲夫. 糖鎖を修飾したヘパリンは活性酸素の産生を促進する : メチルグアニジンとcreatolによる測定. 第38回日本腎臓学会総会 1995.
  323. 室かおり, 小林正貴, 永瀬宗重, 飯塚正, 富田知栄, 青柳一正, 小山哲夫, 山縣邦弘. ステロイド依存性および抵抗性ネフローゼ症候群におけるシクロスポリンの効果. 第38回日本腎臓学会総会1995.
  324. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 平山暁, 富田知栄, 佐藤真貴子, 植田敦志, 小山哲夫. 血液透析患者の抗酸化能の低下について -マイクロソームの過酸化脂質産生の観点から-. 第7回腎とフリーラジカル研究会1995.
  325. 富田知栄, 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 平山暁, 佐藤真貴子, 植田敦志, 小山哲夫. クレアチニンとハイドロキシルラジカルの反応により産生されるクレアトール, メチルグアニジンの透析前後の動態について. 第7回腎とフリーラジカル研究会 1995.
  326. 青柳一正, 永瀬宗重, 佐藤真貴子, 富田知栄, 後藤達宏, 平山暁, 植田敦志, 崩優, 小山哲夫, 家永和治. Puromycin aminonucleoside (PAN) の組織細胞の活性酸素産生増加機構について. 第7回腎とフリーラジカル研究会 1995.
  327. 永瀬宗重, 青柳一正, 富田知栄, 平山暁, 後藤達宏, 竹村克己, 植田敦志, 佐藤真貴子, 小山哲夫. 家永和治. Rat hepatic microsomal P-450 reductaseによるcreatinineからのcreatolとmethylguanidineの産生について. 第17回グアニジニノ化合物研究会 1995.
  328. 富田知栄, 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 平山暁, 佐藤真貴子, 植田敦志, 小山哲夫. クレアチニンとハイドロキシルラジカルの反応により産生されるクレアトール, メチルグアニジンの透析前後の動態について. 第17回グアニジニノ化合物研究会 1995.
  329. 青柳一正, 富田知栄, 永瀬宗重, 佐藤真貴子, 崩 優, 後藤達宏, 平山暁, 植田敦志, 竹村克己, 小山哲夫, 家永和治. 単離肝細胞におけるクレアトールおよびメチルグアニジン産生の動態 : クレアチニン濃度, 時間経過, PANの効果. 第17回グアニジニノ化合物研究会 1995.
  330. 青柳一正, 富田知栄, 永瀬宗重, 佐藤真貴子, 崩優, 後藤達宏, 平山暁, 植田敦志, 小山哲夫, 竹村克己, 家永和治. Tryptophane, indoxylsulfate, guanidineの単離肝細胞におけるmethylguanidine, creatol産生に対する効果. 第14回尿毒症病態研究会 1995.
  331. 永瀬宗重, 平山暁, 青柳一正, 後藤達宏, 富田知栄, 佐藤真貴子, 植田敦志, 小山哲夫. 腎不全における過酸化脂質について -動物実験的腎不全モデルでの検討-. 第2回つくば臨床ラジカル研究会 1995.
  332. 平山暁, 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 富田知栄, 佐藤真貴子, 植田敦志, 小山哲夫. 腎不全における血清過酸化脂質について -phosphatidylcholine hydroperoxideを指標としたpreliminary study-. 第2回つくば臨床ラジカル研究会 1995.
  333. 青柳一正, 佐藤真貴子, 秋山桂代, 崩優, 永瀬宗重, 富田知栄, 平山暁, 小山哲夫. 我々の発見したヘパリンの活性酸素抑制 : 低分子ヘパリンは反対の効果を持つ. 第19回ヘパリン研究会 1995.
  334. 竹村克己, 平山暁, 岩渕聡, 青柳一正, 永瀬宗重, 小林正貴, 小山哲夫. LDL吸着療法直後から著明な改善を認めたステロイド抵抗性微小変化群ネフローゼ症候群の1例. 第8回腎と脂質研究会 1995.
  335. 楊景尭, 吉田秀明, 佐藤寿加, 富田知栄, 平山浩一, 飯塚正, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 倉本憲明. 膜性腎症に血栓症を合併後, 13年後に同部位の動静脈瘻を併発した1例. 第144回茨城県内科集談会 1995.
  336. 小林正貴, 飯塚正, 平山浩一, 石津隆, 楊景尭, 岩渕聡, 富田知栄, 五十嵐雅哉, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 竹村克己, 入江ふじ子, 山縣邦弘, 小山哲夫. Superantigen related nephropathy (SARN) 発症に関与する因子の検討. 第92回日本内科学会講演会 1995.
  337. 楊景尭, 石津隆, 岩渕聡, 室かおり, 中島雅美, 山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重, 小山哲夫, 平山暁, 竹村克己. Immunotactoid glomerulopathyを呈したC型肝炎の1症例. 第25回日本腎臓学会東部部会 1995.
  338. 佐藤寿加, 佐藤真貴子, 平山浩一, 富田知栄, 多留賀功, 清水芳男, 飯塚正, 永瀬宗重, 青柳一正, 田中直美, 小山哲夫. C型慢性活動性肝炎にIgA腎症を合併し, インターフェロン療法を施行した1症例. 第25回日本腎臓学会東部部会 1995.
  339. 小林正貴, 室かおり, 佐藤寿加, 平山 暁, 佐藤真貴子, 楊景尭, 岩渕聡, 富田知栄, 飯塚正, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 血尿のみの腎生検例の検討. 第18回茨城腎研究会 1995.
  340. 小山哲夫, 石津隆, 近藤真, 五十嵐雅哉, 平山浩一, 飯塚正, 小林正貴, 永瀬宗重, 吉田聡, 竹村克己, 山縣邦弘. 巣状糸球体硬化症 (FGS) 患者より分離した糸球体内皮細胞障害因子. 第40回日本透析医学会総会 1995.
  341. 富田知栄, 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 岩渕聡, 楊景尭, 佐藤寿加, 佐藤真貴子, 平山暁, 室かおり, 植田敦志, 菊池修一, 清水芳男, 多留賀功, 秋山佳代, 小山哲夫. クレアチニンからハイドロキシルラジカルにより特異的に産生されるクレアトールの血液透析による除去効果について. 第40回日本透析医学会総会 1995.
  342. Takemura K, Aoyagi K, Nagase S, Gotoh M, Tomida C, Hirayama A, Satoh M, Koyama A. Biosynthesis of methylguanidine in the peroxisomes. 13th International Congress of Nephrology 1995.
  343. 永瀬宗重. 検尿から腎不全の管理まで. 茨城県真壁郡市医師会勉強会 1995.
  344. 石津隆, 平山暁, 平山浩一, 入江ふじ子, 飯塚正, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 斉藤正博, 久保武士. 常位胎盤早期剥離, DICに急性腎皮質壊死を併発した一例. 第4回腎と妊娠研究会 1994.
  345. 後藤達宏, 青柳一正, 永瀬宗重, 日比野敏子, 富田知栄, 堀内千春, 竹村克己, 小山哲夫. 皮下脂肪組織中の過酸化脂質含量からみた終末期腎不全患者における過酸化傾向について. 第7回腎と脂質研究会 1994.
  346. 平山暁, 石津隆, 富田知栄, 後藤達宏, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 下釜達郎, 渡邊照男. 半月体形成を伴う腎アミロイドーシスを認めた慢性関節リウマチ (RA) の1例. 第24回日本腎臓学会東部部会 1994.
  347. 石津隆, 岩渕聡, 一柳真貴子, 佐藤寿加, 森田 高, 平山浩一, 室かおり, 入江ふじ子, 飯塚正, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 両側性腎動脈狭窄による腎血管性高血圧の1例. 第8回茨城県高血圧研究会 1994.
  348. 岩渕聡, 石津隆, 平山暁, ,佐藤真貴子, 飯塚正, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 急速進行性に腎機能低下を認めた抗好中球細胞質抗体 (P-ANCA) 陽性腎炎の1例. 第16回茨城腎研究会 1994.
  349. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 富田知栄, 平山暁, 石津隆, 岩渕聡, 一柳真貴子, 佐藤寿加, 飯塚正, 山口直人, 小林正貴, 小山哲夫, 菊池博, 日比野敏子, 東條静夫, 永井泰志. 血液透析により血清抗酸化能は改善し, その改善度はKt/Vと相関する. 第28回茨城人工透析談話会 1994.
  350. 石津隆, 平山暁, 室かおり, 一柳真貴子, 佐藤寿加, 岩渕聡, 飯塚正, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正,小山哲夫. 補助循環下に血液透析を施行した2例. 第28回茨城人工透析談話会 1994.
  351. 一柳真貴子, 石津隆, 平山暁, 平山浩一, 五十嵐雅哉, 飯塚正, 山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 半田冨美, 久保武士. 周産期に血液透析を要した急性腎不全の2例. 第39回日本透析医学会総会 1994.
  352. 永瀬宗重, 青柳一正, 菊池博, 後藤達宏, 富田知栄, 日比野敏子, 竹村克己, 飯塚正, 山口直人, 小林正貴, 小山哲夫, 永井泰志. 血液透析により血清抗酸化能は改善し, その改善度はKt/Vと相関する. 第39回日本透析医学会総会 1994.
  353. 青柳一正, 秋山佳代, 永瀬宗重, 飯塚正, 小林正貴, 小山哲夫, 入江ふじ子, 岩渕聡, 鈴木裕道, 室かおり, 楊景尭, 佐藤寿加, 渡辺孝太郎. 透析患者血清, Vit Cと鉄の単離肝細胞でのメチルグアニジン (MG) 産生に対する影響. 第39回日本透析医学会総会 1994.
  354. 青柳一正, 永瀬宗重, 富田知栄, 後藤達宏, 小山哲夫. ヘパリンの蛋白尿減少効果の機構の検討. 第18回ヘパリン研究会 1994.
  355. 竹村克己, 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 富田知栄, 平山暁, 佐藤真貴子, 小山哲夫. ラット肝ペロキシゾームにおけるmethylguanidine産生について. 第16回グアニジノ化合物研究会 1994.
  356. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 一柳真貴子, 後藤達宏, 崩優, 竹村克己, 小山哲夫. Puromycin aminonucleosideで増加するMG産生のprotein kinase Cの阻害薬による抑制. 第16回グアニジノ化合物研究会 1994.
  357. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 一柳真貴子, 後藤達宏, 崩優, 竹村克己, 小山哲夫. 透析患者の透析前血清, 透析後血清および正常者血清の単離肝細胞におけるメチルグアニジン産生に対する効果. 第16回グアニジノ化合物研究会 1994.
  358. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 一柳真貴子, 後藤達宏, 小山哲夫. 単離肝細胞のMG産生系による検討. 第16回グアニジノ化合物研究会 1994.
  359. 青柳一正, 永瀬宗重, 富田知栄, 一柳真貴子, 小山哲夫, 大塲正二, 成田光陽, 後藤達宏. 単離肝細胞におけるグアニジノコハク酸産生に対する和漢薬製剤TJ8014およびその構成成分の効果. 第16回グアニジノ化合物研究会 1994.
  360. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 一柳真貴子, 後藤達宏, 崩優, 小山哲夫. Puromycin aminonucleosideで増加するMG産生のprotein kinase Cの阻害薬による抑制. 第6回腎とフリーラジカル研究会 1994.
  361. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 一柳真貴子, 後藤達宏, 小山哲夫. ヘパリンの活性酸素産生抑制作用について -MG産生抑制およびin vitroでの糸球体の活性酸素の画像化による検討-. 第6回腎とフリーラジカル研究会 1994.
  362. Nagase S, Aoyagi K, Gotoh M, Tomida C, Hirayama A, Hibino T, Takemura K, Koyama A, Nagai Y. Decreased serun antioxidant activity in hemodialysis patients indicated by methylguanidine synthesis as a peroxidative marker. 4th International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1994.
  363. Aoyagi K, Nagase S, Ohba S, Gotoh M, Tomida C, Takemura K, Hibino T, Akiyama K, Koyama A. Role of reactive oxygen and argininosuccinate in guanidinosuccinic acid (GSA) synthesis. 4th International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1994.
  364. Aoyagi K, Akiyama K, Nagase S, Takemura K, Tomida C, Gotoh M, Koyama A, Narita M. Inhibition of methylguanidine synthesis in isolated rat hepatocytes by protein kinase C inhibitor and calmodulin antagonist. 4th International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1994.
  365. Takemura K, Aoyagi K, Nagase S, Gotoh M, Tomida C, Hirayama A, Koyama A. Methylguanidine synthesis in rat liver peroxisomes. 4th International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1994.
  366. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 平山暁, 富田知栄, 小山哲夫, 永井泰志. Electron spin resonanceを用いた抗酸化能の評価と臨床応用. 第1回つくば臨床ラジカル研究会 1994.
  367. 後藤達宏, 青柳一正, 永瀬宗重, 平山暁, 富田知栄, 小山哲夫. 腎不全患者における皮下脂肪中の過酸化脂質含量について. 第1回つくば臨床ラジカル研究会 1994.
  368. 永瀬宗重, 宮崎三弘, 青柳一正. ワークショップ 腎不全の保存療法 ラクチュロースの効果. 第37回日本腎臓学会総会 1994.
  369. 青柳一正, 永瀬宗重, 富田知栄, 秋山佳代, 竹村克己, 後藤達宏, 小山哲夫. ピューロマイシンアミノヌクレオシド (PAN) による活性酸素のprotein kinase C 阻害剤による抑制. 第37回日本腎臓学会総会 1994.
  370. 石津 隆, 楊 景尭, 富田知栄, 後藤達宏, 中島雅美, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫. 尿中クレアチニン濃度の偽性高値. 第138回茨城県内科集談会 1993.
  371. 小山哲夫, 小林正貴, 山口直人, 入江ふじ子, 中島雅美, 高野勝久, 五十嵐雅哉, 後藤達宏, 平山浩一,  石津隆, 永瀬宗重, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 山縣邦弘. Superantigen-related nephropathy. 第90回日本内科学会講演会 1993.
  372. 根本遵, 竹村克己, 山口一, 宇梶晴康, 品川孝, 飯野康夫, 一戸彰, 小林正貴, 山口直人, 永瀬宗重, 小山哲夫. 肺出血で発症しP-ANCA陽性であった半月体形成性腎炎の2症例. 第23回日本腎臓学会東部部会 1993.
  373. 後藤達宏, 平山浩一, 高野勝久, 富田知栄, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 重松秀一. 分類不能の腎炎で治療に苦慮した1例. 第23回日本腎臓学会東部部会 1993.
  374. 大越教夫, 望月昭英, 水澤英洋, 永瀬宗重. 各種筋疾患における生検筋の過酸化脂質濃度の検討. 第34回日本神経学会総会 1993.
  375. 後藤達宏, 入江ふじ子, 平山浩一, 石津隆, 五十嵐雅哉, 鈴木裕道, 吉田聡, 楊景尭, 富田知栄, 岩渕聡, 平山暁, 一柳真貴子, 室かおり, 佐藤寿加, 飯塚正, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 大越教夫, 水澤英洋, 庄司進一. DFPPを施行したIsaacs症候群の1例. 第27回茨城人工透析談話会 1993.
  376. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 富田知栄, 堀内千春, 日比野敏子, 竹村克己, 小山哲夫. Electron spin resonanceを用いた血液透析患者血清の活性酸素消去能の低下と血液透析による改善の証明. 第5回腎とフリーラジカル研究会 1993.
  377. 青柳一正, 永瀬宗重, 大塲正二, 秋山佳代, 富田知栄, 後藤達宏, 竹村克己, 日比野敏子, 小山哲夫, 成田光陽. ウレミックトキシンであるグアニジノコハク酸 (GSA) は肝臓の活性酸素マーカーとなるか. 第5回腎とフリーラジカル研究会 1993.
  378. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 後藤達宏, 竹村克己, 小山哲夫, 成田光陽. 単離糸球体のピューロマイシン アミノヌクレオシド (PA) による活性酸素の産生 : 画像化による研究. 第5回腎とフリーラジカル研究会 1993.
  379. 後藤達宏, 青柳一正, 永瀬宗重, 日比野敏子, 富田知栄, 堀内千春, 竹村克己, 小山哲夫. 皮下脂肪組織中の過酸化脂質含量からみた終末期腎不全患者における過酸化傾向について. 第5回腎とフリーラジカル研究会 1993.
  380. 後藤達宏, 平山浩一, 青木泰, 子山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 入江勇治, 狩野繁之. 蛍光抗体法により確定診断に至った三日熱マラリアの1例. 日本内科学会関東地方会 1993
  381. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 富田知栄, 堀内千春, 日比野敏子, 竹村克己, 小山哲夫, 永井泰志. Hydroxyl radicalによるmethylguanidine産生に及ぼす血清の影響 -ESRとの対比-. 第15回グアニジノ化合物研究会 1993.
  382. 青柳一正, 永瀬宗重, 富田知栄, 小山哲夫, 大塲正二, 成田光陽, 後藤達宏. 和漢薬TJ8014の単離肝細胞におけるグアニジノ化合物産生に対する効果. 第15回グアニジノ化合物研究会 1993.
  383. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 小山哲夫, 後藤達宏. 竹村克己, 大塲正二, 成田光陽, 日比野敏子, 東條静夫. グアニジノコハク酸 (GSA) の産生機構の解明 : アルギニノコハク酸 (ASA) からの活性酸素による産生. 第15回グアニジノ化合物研究会 1993.
  384. 青柳一正, 永瀬宗重, 富田知栄, 小山哲夫, 大塲正二, 成田光陽. グアニジノコハク酸に対する漢方製剤の効果 -単離肝細胞による検討-. 第12回尿毒症研究会 1993.
  385. 青柳一正, 永瀬宗重, 富田知栄, 小山哲夫, 大塲正二, 成田光陽. 漢方薬による尿毒症起因物質の産生抑制効果. 日本東洋医学会 茨城県部会教育講演会 1993.
  386. Nagase S, Aoyagi K, Gotoh M, Horiuchi C, Tomida C, Hibino T, Kikuchi H, Takemura K, Koyama A, Nagai Y. Decreased serum antioxidant activity in hemodialysis patients directly prived by electron spin resonance method. 26th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1993.
  387. Nagase S, Aoyagi K, Gotoh M, Tomida C, Takemura K, Hibino T, Sakamoto M, Koyama A. Increased lipid peroxidation by rat liver microsomes in experimental renal failure, and decreased serum antioxidant activity in hemodialysis patients proved by this system. 26th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1993.
  388. Aoyagi K, Nagase S, Ohba S, Akiyama K, Tomida C, Takemura K, Hibino T, Koyama A, Narita M. Role for reactive oxygen in guanidinosuccinic acid synthesis and identification of its precursor. 26th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1993.
  389. Aoyagi K, Nagase S, Tomida C, Takemura K, Gotoh M, Hibino T, Koyama A, Narita M. Imaging analysis of reactive oxygen of isolated rat glomeruli stimulated puromycin aminonucleoside in vitro. 26th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1993.
  390. Gotoh M, Aoyagi K, Nagase S, Tomida C, Hibino T, Takemura K, Kikuchi H, Koyama A. The oxidizing stress in end-stage renal failure from the standpoint of lipid peroxidation of subcutaneous fat tissue. 26th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1993.
  391. 青柳一正, 竹村克己, 永瀬宗重, 坂本まさ子. 尿毒症ネフローゼ症候群と活性酸素メチルグアニジンによる解析. 筑波ケミカルサイエンスクラブワークショップ 1993.
  392. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 富田知栄, 日比野敏子, 竹村克己, 小山哲夫. ESRを用いた血液透析患者血清の抗酸化能低下とその血液透析による改善の直接的証明. 第36回日本腎臓学会総会 1993.
  393. 青柳一正, 永瀬宗重, 秋山佳代, 富田知栄, 後藤達宏, 竹村克己, 小山哲夫. 活性酸素の画像化による解析 : 単離糸球体のピューロマイシンアミノヌクレオシド (PA) による活性酸素の産生様式について. 第36回日本腎臓学会総会 1993.
  394. 藤達宏, 青柳一正, 永瀬宗重, 富田知栄, 日比野敏子, 竹村克己, 小山哲夫. 皮下脂肪組織中の過酸化脂質含量からみた終末期腎不全患者における過酸化傾向について. 第36回日本腎臓学会総会 1993.
  395. 青柳一正, 永瀬宗重, 大塲正二, 秋山佳代, 富田知栄, 後藤達宏, 竹村克己, 日比野敏子, 小山哲夫. グアニジノコハク酸 (GSA) の産生機構の解明 : アルギニノコハク酸 (ASA) からの活性酸素による産生. 第36回日本腎臓学会総会 1993.
  396. 平山暁, 石津隆, 入江ふじ子, 飯塚正, 山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 石田裕. 濃厚な家族歴を有するIgA腎症の1例. 第4回筑波大学内科集談会 1993.
  397. 入江ふじ子, 水町泰子, 牧野維斗映, 平山浩一, 飯塚正, 永瀬宗重, 青柳一正, 小林正貴, 小山哲夫. 膜性腎症とIgA腎症を合併したRAの1症例. 第4回筑波大学内科集談会 1993.
  398. Nagase S, Aoyagi K, Takemura K, Gotoh M, Watanabe K, Shimozawa Y, Koyama A. Increased lipid peroxidation by rat liver microsomes in experimental renal failure. 29th Congress of the European Dialysis and Transplant Association, European Renal Association 1992.
  399. 小林正貴, 渡辺孝太郎, 中島雅美, 高野勝久, 入江ふじ子, 後藤達宏, 五十嵐雅哉, 平山浩一, 石津隆,   鈴木裕道, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫.ループス腎炎における血液透析導入例についての検討. 第37回日本透析療法学会 1992.
  400. 永瀬宗重, 青柳一正, 竹村克己, 後藤達宏, 入江ふじ子, 五十嵐雅哉, 高野勝久, 中島雅美, 石津隆, 平山浩一, 鈴木裕道, 山口直人, 小林正貴, 渡辺孝太郎, 小山哲夫. マイクロゾームの過酸化脂質産生能からみた腎不全の過酸化傾向に関する研究. 第37回日本透析療法学会 1992.
  401. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 竹村克己, 日比野敏子, 小山哲夫. Cytochrome P-450 reductaseによる過酸化脂質産生とmethylguanidine産生について. 第35回日本腎臓学会総会 1992.
  402. 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 小山哲夫, 竹村克己, 大塲正二, 成田光陽. 活性酸素の肝細胞におけるGuanidinosuccinic acid産生に対する効果. 第11回尿毒症研究会 1992.
  403. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 竹村克己, 日比野敏子, 小山哲夫. Methylguanidineと過酸化脂質産生に関与するfree radical種の差異について. 第14回グアニジノ化合物研究会 1992.
  404. 石津 隆, 平山浩一, 入江ふじ子, 後藤達宏, 高野勝久, 中島雅美, 山口直人, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 小山哲夫. ぶどう膜炎を伴った間質性腎炎の症例. 第12回茨城腎研究会 1992.
  405. 高野勝久, 五十嵐雅哉, 坂本まさ子, 永瀬宗重, 小山哲夫, 成田光陽, 菊池博, 中村日出子, 竹村克己, 日比野敏子, 大塲正二, 山縣邦弘, 重松秀一. 電顕上結節性のメサンジウム基質増加を認めたアルポート症候群の1例. 第21回日本腎臓学会東部部会 1991.
  406. 鈴木雅美, 後藤達宏, 山口直人, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 成田光陽, 太田義章, 宮崎三弘, 石田裕, 石田久美子, 重松秀一. 上皮下に多量の管状, 球状構造物の沈着を認めた膜性腎症の1例. 第21回日本腎臓学会東部部会 1991.
  407. 田聡, 永瀬宗重, 小山哲夫, 成田光陽, 鈴木理志, 宮崎三弘. 人工透析管理システム (TR-DC10) の使用経験. 第36回日本透析療法学会 1991.
  408. 永瀬宗重, 青柳一正, 後藤達宏, 坂本まさ子, 成田光陽, 竹村克己, 日比野敏子. ラット肝マイクロゾームにおけるメチルグアニジンと過酸化脂質産生について. 第34回日本腎臓学会総会 1991.
  409. Aoyagi K, Nagase S, Takemuar K, Ohba S, Narita M. Dipyridamole decreased urinary excretion of methylguanidine increased by puromycin aminonucleoside in vivo. 3rd International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1991.
  410. Takemura K, Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Ishikawa T, Narita M. Effect of hyperbaric oxygen therapy on urinary methylguanidine excretion in normal and patients with renal failure. 3rd International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1991.
  411. 青柳一正, 永瀬宗重, 竹村克己, 後藤達宏, 日比野敏子, 坂本まさ子, 宮崎三弘, 大塲正二, 成田光陽. ピューロマイシン アミノヌクレオシド投与ラットの糸球体の活性酸素産生部位 : 画像化による解析. 第3回腎とフリーラジカル研究会 1991
  412. 青柳一正, 永瀬宗重, 後藤達宏, 竹村克己, 大塲正二, 秋山佳代, 下澤由香里, 小山哲夫, 成田光陽. メチルグアニジン産生に対するアンギオテンシンI変換酵素阻害剤の効果について. 第10回尿毒症研究会 1991.
  413. 竹村克己, 大塲正二, 飯塚正, 青柳一正, 永瀬宗重, 小山哲夫, 成田光陽. 股関節周囲滑液胞炎を合併した慢性透析患者の2症例. 第10回尿毒症研究会 1991.
  414. 山縣邦弘, 竹村克己, 石川敏子, 鈴木雅美, 小林正貴, 永瀬宗重, 小山哲夫, 成田光陽. メチシリン耐性黄色ぶどう球菌 (MRSA) 感染後に顕性化した腎症の3例. 第20回日本腎臓学会東部部会 1990.
  415. 鈴木雅美, 高野勝久, 石田久美子, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 成田光陽. 原発性胆汁性肝硬変に合併したシェーグレン症候群の1例. 第20回日本腎臓学会東部部会 1990.
  416. Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Takemura K, Ishikawa T. Regulation of active oxygen in isolated rat hepatocytes by adenosine. 4th International Symposium on Adenosine and Adenine Nucleotides 1990.
  417. 永瀬宗重, 青柳一正, 坂本まさ子, 竹村克己, 日比野敏子, 成田光陽. ラット肝マイクロゾームにおけるメチルグアニジンの産生. 第2回腎とフリーラジカル研究会 1990.
  418. 青柳一正, 竹村克己, 永瀬宗重, 日比野敏子, 坂本まさ子, 成田光陽. Puromycin aminonucleosideで増加する活性酸素はarachidonic acid代謝で産生される. 第2回腎とフリーラジカル研究会 1990.
  419. 竹村克己, 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 日比野敏子, 成田光陽. Rat renal microsome におけるmethylguanidineの産生. 第13回グアニジノ化合物研究会 1990.
  420. 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 竹村克己, 日比野敏子, 成田光陽. アラキドン酸カスケイドとメチルグアニジン. 第13回グアニジノ化合物研究会 1990.
  421. 瀬宗重, 青柳一正, 坂本まさ子, 竹村克己, 日比野敏子, 成田光陽. Rat liver microsomeにおけるmethylguanidineの産生. 第13回グアニジノ化合物研究会 1990.
  422. 永瀬宗重, 青柳一正, 坂本まさ子, 日比野敏子, 竹村克己, 成田光陽, Patel H,Kornhauser R, Cohen BD, Nelson R. Guanidino compounds in hybernating bear. 第13回グアニジノ化合物研究会 1990.
  423. 青柳一正, 日比野敏子, 大塲正二, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 成田光陽. 腎不全患者血中のenkephalinaseについて. 第9回尿毒症病態研究会 1990.
  424. 高野勝久, 竹村克己, 入江ふじ子, 日比野敏子, 石田久美子, 永瀬宗重, 渡辺孝太郎, 小山哲夫, 紅露恒男, 成田光陽. 肝不全および肝性糸球体硬化症による腎不全患者に対するDHPとHDの併用療法. 第1回筑波大学内科集談会 1990.
  425. 阿部良彦, 永瀬宗重, 小林正貴, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 紅露恒男, 小山哲夫, 成田光陽, 重松秀一.    多発性嚢胞腎にFGS病変を合併した1例. 第19回日本腎臓学会東部部会 1989.
  426. 石川敏子, 永瀬宗重, 小山哲夫, 成田光陽, 加藤慎一郎, 山根一秀, 柏木平八郎. Bucillamineによると考えられる膜性腎症を呈したRAの1例. 第19回日本腎臓学会東部部会 1989.
  427. 坂本まさ子, 小林正貴, 中村日出子, 永瀬宗重, 小山哲夫, 成田光陽, 河野恵子, 重松秀一. ASO高値を呈した間質性腎炎にぶどう膜炎を合併した1例. 第19回日本腎臓学会東部部会 1989.
  428. 石川敏子, 青柳一正, 竹村克己, 坂本まさ子, 永瀬宗重, 成田光陽. 各臓器のhANP分解酵素活性と腎Endopeptidaseとの関連. 第32回日本腎臓学会総会 1989.
  429. Nagase S, Aoyagi K, Sakamoto M, Takemura K, Ishikawa T, Narita M. Biosynthesis of guanidine, a uremic toxin, by isolated rat hepatocytes. 22nd Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1989.
  430. Nagase S, Aoyagi K, Sakamoto M, Takemura K, Ishikawa T, Narita M. Biosynthesis of methylguanidine, a uremic toxin, in the microsomal mixed function oxidase system. 22nd Annual Meeting of the American Society of Nephrology 1989.
  431. 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 石川敏子, 竹村克己, 成田光陽. Puromycin aminonucleosideによる体細胞の活性酸素発生とその変動因子. 第1回腎とフリーラジカル研究会 1989.
  432. 竹村克己, 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 石川敏子, 川村恵実, 成田光陽. 高圧酸素療法における活性酸素マーカーmethylguanidineの動態. 第1回腎とフリーラジカル研究会 1989.
  433. 坂本まさ子, 青柳一正, 永瀬宗重, 石川敏子, 竹村克己, 宮崎三弘, 大塲正二, 川村恵実, 成田光陽. ヒト好中球の産生する活性酸素とmethylguanidine -種々の刺激物質による検討-. 第12回グアニジノ化合物研究会 1989.
  434. 竹村克己, 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 石川敏子, 川村恵実, 成田光陽. 高圧酸素療法における活性酸素マーカーmethylguanidineの動態. 第12回グアニジノ化合物研究会 1989.
  435. 柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 竹村克己, 石川敏子, 成田光陽. 蛋白分解酵素阻害剤と活性酸素. 第12回グアニジノ化合物研究会 1989.
  436. 竹村克己, 青柳一正, 坂本まさ子, 永瀬宗重, 石川敏子, 成田光陽. 高圧酸素療法におけるメチルグアニジンの動態. 第8回尿毒症病態研究会 1989.
  437. 石川敏子, 石井久美子, 永瀬宗重, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 小山哲夫, 成田光陽, 鍋島雄一, 斉藤正博, 目崎 登. 第18回日本腎臓学会東部部会 1988.
  438. 山縣邦弘, 鈴木雅美, 鈴木理志, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 紅露恒男, 成田光陽. 病的骨折, 高アルミニウム血症, 高フェリチン血症を伴った慢性血液透析患者の1例. 第18回日本腎臓学会東部部会 1988.
  439. 山口直人, 阿部良彦, 山縣邦弘, 永瀬宗重, 青柳一正, 小山哲夫, 紅露恒男, 成田光陽, 石光敏行.   SLEに肺高血圧 (PH) の合併を認めた1例. 第18回日本腎臓学会東部部会 1988.
  440. 山口直人, 鈴木理志, 石井久美子, 小林正貴, 永瀬宗重, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 小山哲夫, 成田光陽. Goodpasture症候群の1例. 第124回茨城県内科集談会 1988.
  441. 宮崎三弘, 武井佳子, 松本龍馬, 菅野千秋, 中川真也, 永瀬宗重. アンギオテンシン変換酵素阻害薬による可逆性急性腎不全. 第40回全日立医学会 1988.
  442. Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Takemura K, Ishikawa T, Narita M. Regulation of biosynthesis of methylguanidine, a marker of active oxygen generation, in isolated hepatocytes. 4th Biennial General Meeting of the Society for Free Radical Research 1988.
  443. 坂本まさ子, 青柳一正, 石川敏子, 竹村克己, 永瀬宗重, 成田光陽. ヒト好中球によるmethylguanidineの産生について. 第31回日本腎臓学会総会 1988.
  444. 青柳一正, 永瀬宗重. ワークショップ 腎疾患の新しい薬物療法 単離肝細胞を用いた腎疾患治療薬のスクリーニング. 第31回日本腎臓学会総会 1988.
  445. 成田光陽, 青柳一正, 永瀬宗重, 宮崎三弘, 石田裕. 腎疾患と和漢薬. 厚生省心身障害研究 昭和62年度 小児慢性腎疾患の予防, 管理, 治療に関する研究班会議 1988.
  446. 永瀬宗重, 青柳一正, 坂本まさ子, 竹村克己, 石川敏子, 宮崎三弘, 大塲正二, 早坂優子, 川村恵実,    成田光陽. Microsomal cytochrome P-450におけるmethylguanidineの産生について. 第11回グアニジノ化合物研究会 1988.
  447. 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 石川敏子, 竹村克己, 川村恵実, 早坂優子, 成田光陽. マイクロゾーム誘導ラット単離肝細胞におけるグアニジンの産生増加について. 第11回グアニジノ化合物研究会 1988.
  448. 竹村克己, 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 石川敏子, 早坂優子, 川村恵実, 成田光陽. Guanidineおよびmethylguanidineのin vivoにおける産生臓器と前駆体について. 第11回グアニジノ化合物研究会 1988.
  449. 本まさ子, 青柳一正, 永瀬宗重, 石川敏子, 竹村克己, 宮崎三弘, 大塲正二, 川村恵実, 早坂優子,   成田光陽. ヒト好中球によるmethylguanidineの産生について. 第11回グアニジノ化合物研究会 1988.
  450. 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 竹村克己, 石川敏子, 早坂優子, 川村恵実, 成田光陽. 和漢薬の単離肝細胞におけるmethylguanidine産生に対する効果. 第11回グアニジノ化合物研究会 1988.
  451. 坂本まさ子, 青柳一正, 永瀬宗重, 石川敏子, 竹村克己, 成田光陽. 好中球の活性酸素とmethylguanidine.  第7回尿毒症病態研究会 1988.
  452. 成田光陽, 小山哲夫, 稲毛博実, 永瀬宗重, 小林正貴, 中村日出子, 寺崎太郎, 青柳一正, 渡辺孝太郎,  紅露恒男, 東條静夫. 腎疾患における非ステロイド性抗炎症薬の作用機転に関する研究. 第84回日本内科学会 1987.
  453. 坂本まさ子, 永瀬宗重, 稲毛博実, 竹村克己, 小山哲夫, 紅露恒男, 成田光陽, 東條静夫. 腎炎および多発ニューロパチーに尿細管障害を合併した1例. 第17回日本腎臓学会東部部会 1987.
  454. 青柳一正, 永瀬宗重. ワークショップ Uremic toxins -グアニジン系toxin -. 第17回日本腎臓学会東部部会 1987.
  455. Nagase S, Aoyagi K, Sakamoto M, Miyazaki M, Ohba S, Narita S, Tojo S. Is guanidine a marker of peroxidation in uremics ? International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1987.
  456. Sakamoto M, Aoyagi K, Nagase S, Ohba S, Miyazaki M, Narita M, Tojo S. Effect of active oxygen on guanidine synthesis in vitro. International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1987.
  457. Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Narita M, Tojo S. Active oxygen in methylguanidine synthesis by isolated rat hepatocytes. International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1987.
  458. Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Narita M, Tojo S. Adenosine, adenosine analogues and its potentiators inhibit methylguanidine synthesis. A possible marker of active oxygen in isolated rat hepatocytes. International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1987.
  459. Aoyagi K, Nagase S, Sakamoto M, Narita M, Tojo S. Puromycin aminonucleoside stimulates the synthesis of methylguanidine : A possible marker of active oxygen generation in isolated rat hepatocytes. International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1987.
  460. 渡辺孝太郎, 紅露恒男, 永瀬宗重, 小山哲夫, 成田光陽, 東條静夫, 宮崎三弘, 大塲正二. Diltiazemによる腎性高血圧の治療 -特に腎機能との関連において-. 第6回カルシウム拮抗薬研究会 1987.
  461. Sakamoto M, Aoyagi K, Nagase S, Miyazaki M, Ohba S, Koyama A, Narita M, Tojo S. Is guanidine a marker of peroxidation in uremics? 10th International Congress of Nephrology 1987.
  462. 永瀬宗重, 青柳一正, 坂本まさ子, 竹村克己, 石川敏子, 宮崎三弘, 大塲正二, 成田光陽.ラットおよびヒト赤血球におけるguanidinesの産生について. 第30回日本腎臓学会総会 1987.
  463. 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 石川敏子, 竹村克己, 成田光陽. Puromycin aminonucleoside の活性酸素発生促進作用. 第30回日本腎臓学会総会 1987.
  464. 坂本まさ子, 青柳一正, 永瀬宗重, 石川敏子, 竹村克己, 大塲正二, 宮崎三弘, 成田光陽. Aminonucleoside of puromycinによるネフローゼ症候群におけるDMSO投与の影響 第30回日本腎臓学会総会 1987.
  465. 永瀬宗重, 青柳一正, 坂本まさ子, 石川敏子, 竹村克己, 成田光陽. 単離肝細胞におけるguanidineの生合成について. 第6回尿毒症病態研究会 1987.
  466. 青柳一正, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 竹村克己, 石川敏子, 成田光陽. サイコサポニンのmethylguanidine産生抑制作用. 第6回尿毒症病態研究会 1987.
  467. 永瀬宗重. Uremic toxin (methylguanidine)産生におよぼす活性酸素の影響. 第6回富山医科薬科大学和漢薬研究所特別セミナー 1986.
  468. 石井久美子, 小林正貴, 青柳一正, 佐野元昭, 小山哲夫, 成田光陽, 東條静夫, 宮崎三弘, 菊池博,   永瀬宗重. 紫斑と関節痛の出現を繰り返した急速進行性糸球体腎炎の1例. 第16回日本腎臓学会東部部会 1986.
  469. 永瀬宗重, 坂本まさ子, 青柳一正, 宮崎三弘, 大塲正二, 成田光陽, 東條静夫. 血液透析患者におけるグアニジノ化合物とMDAおよび鉄との関連について. 第29回日本腎臓学会総会 1986.
  470. 坂本まさ子, 永瀬宗重, 青柳一正, 大塲正二, 宮崎三弘, 成田光陽, 東條静夫. Guanidine産生におよぼす活性酸素の影響 -in vitroでの検討-. 第29回日本腎臓学会総会 1986.
  471. 稲毛博実, 石川博通, 小山哲夫, 小林正貴, 鈴木理志, 山口直人, 石井久美子, 中村日出子,永瀬宗重,   寺崎太郎, 渡辺孝太郎, 紅露恒男, 成田光陽, 小磯謙吉, 東條静夫. 腎炎に対する免疫抑制剤の効果並びに副作用についての検討. 第29回日本腎臓学会総会 1986.
  472. Koro T, Miayazaki M, Nagase S, Ohba S, Watanabe K, Narita M, Tojo S. Diltiazem therapy on renal hypertension. 3rd Congress of Asian Pacific Socity of Nephrology 1986.
  473. 永瀬宗重, 小林正貴, 菊池 博, 寺崎太郎, 稲毛博実, 佐野元昭, 小山哲夫, 紅露恒男, 成田光陽, 東條静夫. 長期透析より離脱したFGSの1例. 第15回日本腎臓学会東部部会 1985.
  474. 井上節子, 永瀬宗重, 宮崎三弘, 太田義章, 寺崎太郎, 稲毛博実, 小山哲夫, 紅露恒男, 成田光陽, 東條静夫. ネフローゼ症候群, 急性腎不全に続発し, 大量腹水・門脈海綿静脈洞瘻を認めた巣状糸球体硬化症の1例. 第15回日本腎臓学会東部部会 1985.
  475. 小林正貴, 永瀬宗重, 中村日出子, 石田裕, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 小山哲夫, 紅露恒男, 成田光陽,   東條静夫, 磯部 敬. Dimethylsulfoxide(DMSO)の投与により腎障害の進行を抑制しえた二次性アミロイドーシスの1症例. 第15回日本腎臓学会東部部会 1985.
  476. 永瀬宗重, 青柳一正, 大塲正二, 宮崎三弘, 坂本まさ子, 川村恵実, 成田光陽, 東條静夫. Active oxygenによるmethylguanidin産生について. 第8回グアニジノ化合物研究会 1985.
  477. 寺崎太郎, 中村日出子, 小林正貴, 永瀬宗重, 宮崎三弘, 稲毛博実, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 佐野元昭, 小山哲夫, 紅露恒男, 成田光陽, 東條静夫, 辻守康. ループス腎炎におけるPneumocystis Carinii感染について. 第28回日本腎臓学会総会 1985.
  478. 大塲正二, 青柳一正, 宮崎三弘, 永瀬宗重, 坂本まさ子, 成田光陽, 東條静夫. 動脈中のsuccinyl-trialanine-4-nitroanilideの水解活性について. 第28回日本腎臓学会総会 1985.
  479. 宮崎三弘, 青柳一正, 永瀬宗重, 大塲正二, 坂本まさ子, 成田光陽, 東條静夫. 慢性腎不全に対するlactuloseの長期投与例の検討. 第28回日本腎臓学会総会 1985
  480. 永瀬宗重, 青柳一正, 大塲正二, 宮崎三弘, 坂本まさ子, 成田光陽, 東條静夫. 単離肝細胞によるmethylguanidin産における活性酸素の重要性について 第28回日本腎臓学会総会 1985.
  481. 永瀬宗重, 青柳一正, 大塲正二, 宮崎三弘, 坂本まさ子, 成田光陽, 東條静夫. Active oxygenによるmethylguanidin産生 -in vitroでの検討- . 第28回日本腎臓学会総会 1985.
  482. Aoyagi K, Nagase S, Narita M, Tojo S. Role of active oxygen on methylguanidine synthesis in isolated rat hepatocytes. 4th International Congress on Nutrition and Metabolism in Renal Disease 1985.
  483. 永瀬宗重, 宮崎三弘, 山口直人, 青柳一正, 渡辺孝太郎, 小山哲夫, 成田光陽, 東條静夫, 根本真一,  加納勝利, 大塲正二, 小磯謙吉. PlasmapheresisとSteroid療法が著効を示したRPGN(Lupus Nephritis)の1例. 第14回日本腎臓学会東部部会 1984.
  484. 宮崎三弘, 永瀬宗重, 村山耕子, 石田裕, 青柳一正, 紅露恒男, 小山哲夫, 成田光陽, 東條静夫, 鈴木治男. 亜急性細菌性心内膜炎(SBE)に起因すると考えられたRPGNの1例. 第14回日本腎臓学会東部部会 1984.
  485. Narita M, Koyama A, Inage H, Ishida H, Ohta Y, Kobayashi M, Aoyagi K, Ohba S, Miyazaki M, Sano M, Terasaki T, Nagase S, Watanabe K, Maruyama Y, Kohro T, Tojo S. Long-term warfarin and dipyridamole therapy in the progressive glomerulonephritis. 9th International Congress of Nephrology 1984.
  486. 宮崎三弘, 永瀬宗重, 棚部聡, 渡辺孝太郎, 小山哲夫, 成田光陽, 東條静夫, 安藤昇, 五十嵐千代, 野上英高. 腎不全時に認められたCEZの中枢神経障害. 第29回人工透析研究会 1984.
  487. 永瀬宗重, 青柳一正, 宮崎三弘, 大塲正二, 飯田恵実, 成田光陽, 東條静夫. Methylguanidineの産生について. 第7回グアニジノ化合物研究会 1984.
  488. 青柳一正, 永瀬宗重, 大塲正二, 宮崎三弘, 飯田恵実, 成田光陽, 東條静夫. グアニジノ酢酸の代謝について. 第7回グアニジノ化合物研究会 1984.
  489. 永瀬宗重, 青柳一正, 宮崎三弘, 大塲正二, 成田光陽, 東條静夫. Methylguanidineの産生に影響する諸因子について. 第27回日本腎臓学会総会 1984.
  490. 永瀬宗重, 青柳一正, 宮崎三弘, 大塲正二, 成田光陽, 東條静夫. ラット臓器中のmethylguanidine産生促進および阻害物質について. 第27回日本腎臓学会総会 1984.
  491. 宮崎三弘, 青柳一正, 永瀬宗重, 大塲正二, 成田光陽, 東條静夫, 小磯謙吉. 血中しゅう酸測定の実用化. 第27回日本腎臓学会総会 1984.
  492. 青柳一正, 大塲正二, 永瀬宗重. ワークショップ -Uremic toxin- グアニジノ化合物の合成機構について. 第27回日本腎臓学会総会 1984.
  493. Narita M, Koyama A, Sano M, Inage H, Ishida H, Ohta Y, Watanabe K, Suzuki H, Aoyagi K, Ohba S, Miyazaki M, Terasaki T, Nagase S, Maruyama S, Tojo S. Appraisal of long term anticoagulant therapy (warfarin and dipyridamole) in glomerulonephritis. 2nd Asian Pacific Congress of Nephrology 1983.
  494. Aoyagi K, Ohba S, Miyazaki M, Nagase S, Iida S, Narita M, Tojo S. Biosynthesis of guanidinosuccinic acid in isolated rat hepatocytes. Evaluation of guanidine cycle and acidosis. 1st International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1983.
  495. Miyazaki M, Aoyagi K, Ohba S, Nagase S, Narita M, Tojo S. The effect of lactulose on guanidino compounds metabolism in chronic renal failure. 1st International Symposium on Guanidino Compounds in Biology and Medicine 1983.
  496. 永瀬宗重, 小山哲夫, 渡辺孝太郎, 宮崎三弘, 成田光陽, 東條静夫. 経過中microangiopathic hemolytic anemiaを合併し, 死亡したPSS, SLE, RAのOverlap症候群の1例. 第13回日本腎臓学会東部部会 1983.
  497. 永瀬宗重, 青柳一正, 大塲正二, 宮崎三弘, 成田光陽, 東條静夫. Methylguanidineの生合成 -in vivo, in vitroでの検討-. 第26回日本腎臓学会総会 1983.
  498. 青柳一正, 永瀬宗重, 大塲正二, 宮崎三弘, 成田光陽, 東條静夫. アミノ酸及び, アシドーシスのグアニジノコハク酸合成に対する効果. 第26回日本腎臓学会総会 1983.
  499. 青柳一正, 宮崎三弘, 永瀬宗重, 大塲正二, 成田光陽, 東條静夫. グアニジノ酢酸の合成について : ラット単離肝細胞における検討. 第26回日本腎臓学会総会 1983.
  500. 宮崎三弘, 青柳一正, 大塲正二, 永瀬宗重, 渡辺孝太郎, 成田光陽, 東條静夫. Lactuloseによる慢性腎不全の保存的療法. 第26回日本腎臓学会総会 1983.
  501. 大塲正二, 青柳一正, 宮崎三弘, 永瀬宗重, 成田光陽, 東條静夫. 腎不全患者における血中および橈骨動脈中エラスターゼ様活性の低下について. 第26回日本腎臓学会総会 1983.
  502. 青柳一正, 大塲正二, 宮崎三弘, 永瀬宗重, 東條静夫. ラット単離肝細胞に対するクリオプロテクタントの影響と尿素合成能を中心として. 第9回臓器保存研究会 1982.
  503. 青柳一正, 大塲正二, 宮崎三弘, 永瀬宗重, 飯田恵実, 成田光陽, 東條静夫. ラット単離肝細胞におけるグアニジン化合物の代謝について -グアニジンサイクルの検討とグアニジノ酢酸の合成-. 第5回グアニジノ化合物研究会 1982.
  504. 青柳一正, 永瀬宗重, 大塲正二, 宮崎三弘, 飯田恵実, 成田光陽, 東條静夫. グアニジノコハク酸の合成経路について -グアニジンサイクルの検討-. 第25回日本腎臓学会総会 1982.
  505. 大塲正二, 青柳一正, 宮崎三弘, 永瀬宗重, 飯田恵実, 渡辺孝太郎, 成田光陽, 東條静夫. 誘導結合プラズマ発光分析法による血清及び透析用水のトレースエレメントの測定について. 第25回日本腎臓学会総会 1982.
  506. 青柳一正, 宮崎三弘, 永瀬宗重, 飯田恵実, 成田光陽, 東條静夫. ラット肝におけるグアニジノコハク酸およびグアニジノ酢酸の合成について. 第1回尿毒症病態研究会 1982.
  507. 永瀬宗重, 尾崎行雄, 金澤一郎, 中西孝雄, 塩沢全司. 骨破壊を認めたTolosa-Hunt症候群の1例. 第74回日本神経学会関東地方会 1980.
  508. 永瀬宗重, 三田村圭二, 井廻道夫, 田村勤, 小出義信, 久貝信夫, 藤田敏郎, 板倉光夫, 山下伸樹, 山下亀次郎. 肝硬変を示唆する肝機能異常及びうっ血性心不全を合併したバセドウ病の1例. 第53回日本内分泌学会秋季大会 1980.
■ V.特許
1.血液浄化療法用装置
 出願番号2001-134404
 出願日2001年5月1日
 公開番号2002-325838
 公開日2002年11月12日
 登録番号3782678
 登録日2006年3月17日
 発明者永瀬宗重
 出願人永瀬宗重

2.磁気共鳴イメージング装置用ファントム
 出願番号2004-290977
 出願日2004年10月4日
 公開番号2006-102019
 公開日2006年4月20日
 発明者永瀬宗重,平山暁,小林浩三,飯間義雄,増水章季
 出願人日本電子株式会社

 

 



Copyright 永瀬内科. All rights reserved.