院長紹介

自己紹介

名前
永瀬 宗重(ながせ そうじ)
診療科目
内科一般
・高血圧
・高脂血症 (コレステロールや中性脂肪の高い方)
・痛風 (尿酸が高い方)
・糖尿病 (血糖が高い方や尿糖が出ている方)
・腎臓病 (むくみ、尿に蛋白・潜血が出ている方)
・健康相談一般
出身
茨城県水海道市 (現 常総市)
業績
→業績一覧へ

ご挨拶

 このたび、守谷駅東口に内科医院を開業することになりました永瀬宗重と申します。私は高血圧、高脂血症、痛風、糖尿病、肥満などのいわゆる生活習慣病や腎臓病を専門として、主に筑波大学で患者さんの診療や研究にあたってまいりました内科医です。日本人は統計上すばらしい平均寿命を達成しましたが、私たちの周りを見渡しても、その数字いっぱいの人生を楽しんでいる方は少ないのではないでしょうか?健やかで有意義な老後を送るためには、全身の血管を若く保ち、特に脳や心臓の老化を防止することが必要です。

 私たちが生きていくためには、空気の2割を占める酸素を呼吸することが不可欠ですが、近年、活性酸素と呼ばれる悪い酸素が私たちの体内で発生し老化に関連していることが分かってきました。私はこれまで活性酸素と病気の関係を研究してきましたが、活性酸素の害から私たちの体を守るためには食生活など生活習慣の改善が必要で、場合によっては薬が有効な場合もあります。

 私も自分自身の健康を考える歳になりました。そこで、これまでの研究の応用編として、患者さんと一緒に健やかな老後を送るための生活の改善を考えていきたいと思っています。ゆっくり、のんびり話が出来る理想の診療環境を作るためにこのクリニックを作りました。医師、看護師、事務ともども不慣れではありますが、最新の電子カルテを導入し、新しい時代の外来診療に取り組んで行くつもりですので、どうぞよろしくお願いいたします。

略歴

1954年
茨城県水海道市(現 常総市)生まれ
1973年
茨城県立土浦第一高等学校卒業
山形大学医学部入学
1979年
山形大学卒業
医師国家試験合格
筑波大学付属病院内科医員
1985年
筑波大学病院内科レジデントコース修了
筑波学園病院内科医員
1986年
筑波大学臨床医学系内科講師
1989年
米国アルバートアインスタイン医科大学留学(1989年〜1990年)
1997年
筑波大学臨床医学系内科助教授
2006年
国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授
2007年
当院開業

資格

  ・医学博士(筑波大学)
・日本内科学会認定内科医
・日本腎臓学会認定専門医・指導医・評議員
  ・日本透析療法学会認定医・指導医
  ・厚生省臨床修練指導医
  ・日本酸化ストレス学会評議員
  ・日本糖尿病学会会員
  ・日本抗加齢医学会会員



Copyright 永瀬内科. All rights reserved.